新説!日本人は感覚まひらしい

2008年03月13日 02:25

以下大阪日日新聞より引用

南京大虐殺が生んだ「心の闇」 臨床心理士ら講演

日中戦争時に日本軍が中国・南京で虐殺行為をした歴史が、自傷行為などに及ぶ現代の若者の「心の闇」につながっていると考える臨床心理士らが四日、対応策について語る講演会を東淀川区東中島五丁目のアジア図書館で開いた。現地での対話が、心の機能の回復に役立つという。

 講演会では、臨床心理士の村本邦子さんが、ベトナム戦争など社会レベルで起こったトラウマ(心的外傷)が親世代に起こると、家族システムを通して子孫が情緒障害などの症状に悩まされ、社会全体が病んでいくという研究を紹介。日本でもその症状が見いだせることを指摘した。

 小学生のスクールカウンセラーや大学教授として各世代と接する中、表面的なトラウマはないにもかかわらず、感覚まひに陥った子どもがみられ、「世代を追うごとに状況が悪化している」という。

 これまで村本さんは、親から性虐待を受けた女性のトラウマをめぐり、過去と向き合ってもらうことで、長く閉ざしてきた感情や、生きる実感を取り戻す過程などを目の当たりにしてきた。

 子どもを含め、日本の社会全体が心の問題を克服するためには、個人レベルのときと同様、過去と向き合うことの必要性を強調。その手法として、日本の加害者としての象徴的事件、南京大虐殺の現場に足を運んだという。

 南京では、感覚まひを起こしながら虐殺を行う日本兵の存在を実感。敗戦後はこうした大人が日本を再興したことなどに気付きながら中国人と交流し、素直な気持ちで謝罪の言葉がでたという。

 「日本の感覚まひを解くにはこれしかない」。村本さんは「敗戦後、日本は物質的豊かさを優先し、心の問題を後回しにしてきた。今こそ心の見直しを進めなければならない」と強調していた。



以上引用終わり

はあ?まあどんな考え持ってもらっても結構なんですけどね。

まず自分の感覚まひを解いたほうがいいんじゃないですかね。
ぜひおすすめします。

南京事件の真偽については長くなるのでここではふれないが、便宜上あったことと仮定します。

>これまで村本さんは、親から性虐待を受けた女性のトラウマをめぐり、過去と向き合ってもらうことで、長く閉ざしてきた感情や、生きる実感を取り戻す過程などを目の当たりにしてきた。

これって被害者が被害と向き合うことによって、治癒に向かう話だよね。

かたや

>子どもを含め、日本の社会全体が心の問題を克服するためには、個人レベルのときと同様、過去と向き合うことの必要性を強調。その手法として、日本の加害者としての象徴的事件、南京大虐殺の現場に足を運んだという。

これは加害者が加害と向き合うことでしょう?

全然別の話で、論理の整合性がとれていないと思うんですが、それで南京まで行っちゃいましたか!


人間の集団として太古から現在に至るまで、加害の記憶を持たない集団はあるのか?
そして加害と向き合った集団がどれほどあるというのだ?
先祖のトラウマが世代間で引き継がれていくとしたら、人類はみな感覚まひになってますよ。

どうにかして話を日本の加害に結び付けようとするから、こんな新説が出来上がっちゃうんだよ。

その新説に確信があるのなら、日本だけじゃなく世界の皆さんにも教えてあげたら?

あなたの国はこの過去の加害に向き合いなさいって言ってあげれば?例えば中国とか?
日本の話だと喜んで聞いてくれるだろうけど、中国の話をしたとたん、えらい目にあうよ。きっと

まあがんばってね
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/135-f84c8197
    この記事へのトラックバック


    最近の記事