本当のトモダチ

2011年04月08日 11:45

大島の活動、ほぼ終了 トモダチ作戦 産経新聞

2011.4.6 22:11

大島トモダチ1
米軍海兵隊が宮城県気仙沼市大島でのがれき撤去作業を6日で終了。島を離れる前に上陸用舟艇(LCU)に乗り込む隊員らに、住民がハイタッチするなどして感謝を表した=6日午後、宮城県気仙沼市(大西史朗撮影)

 「オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)」の一環として、在日米軍が宮城県気仙沼市の離島、大島で行っていたがれき撤去作業が6日、ほぼ終了し、海兵隊員らが撤収した。

 震災後、孤立していた大島に、米軍は海兵隊員約300人と海軍将兵約30人を投入。強襲揚陸艦「エセックス」のLCU(汎用(はんよう)上陸艇)で上陸した隊員らが、搬入した重機を使って、自衛隊や住民と協力し、車やがれきを撤去。小学校にはシャワーを設置し、住民に感謝された。

 見送り会で、部隊を指揮したジェフリー・ジョーンズ准将は「互いに手をとって作業できたことを誇りに思う。もうすぐ春が来て、再生のときが訪れると信じている」と語った。

 大島観光協会の村上晴美さん(27)は、行方不明の母親(60)の捜索を兵士が手伝ってくれた。「母はまだ見つかっていないが、がれきが少なくなり、作業しやすくなった。また来てほしい」

 今後は、港湾内に沈むがれきなどが大島と気仙沼を結ぶフェリーの運航を妨げているため、青森・八戸沖で展開していたドック型揚陸艦「トーテュガ」ががれきの調査・撤去作業に当たる。

以上引用終わり

英語にこういうことわざがある。

A friend in need is a friend indeed.(困っときの友こそ真の友)

まさにこれを地で言っているな。
昨日のエントリーの韓国や中国、ロシアとはまるで違う。

そしてこの米軍の活躍を報道しない日本のマスコミよ。
情け無い限りだ。

でも、助けられた人々には一生心に残るだろう。
この写真を見ればわかる。
大島トモダチ2
大島トモダチ3
大島トモダチ4
大島トモダチ5

本当にありがとう、アメリカ。
この恩は決して忘れない。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ありがとう!USAと思う方はクリックを!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1150-f93ed7f0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事