いいかげんにしろ!

2008年02月17日 21:14

以下毎日新聞より


宇治・ウトロ地区土地問題 韓国国民の力が世論喚起 /京都

 ◇買い取りが唯一の解決法--KINの〓さん

 ◇日本政府、町づくり過程で責任果たせ

 戦中の軍用飛行場建設がきっかけで、その労働力となった在日コリアンが土地所有権を持たないまま長年暮らしてきた宇治市のウトロ地区。住民の土地買い取り費用を支援するため、韓国政府が30億ウォン(約3億6000万円)を拠出することが昨年末に決まった。この動きの背景には、国会議員への陳情や募金活動を展開したNGO「コリアン・インターナショナル・ネットワーク」(KIN、本部ソウル)の存在が挙げられる。ソウル市内で、中心メンバーの〓芝遠(ペジウォン)さん(36)にインタビューし、「韓国の立場」からウトロについて語ってもらった。【新宮達】

 04年秋に韓国・春川市を訪れたウトロ住民4人が地区への熱い思いや支援を訴えた際、その新聞記事を見て関心を持ちました。05年2月、初めてウトロを訪れ、住民からここに来た経緯や生活の実態、韓国政府に何を求めたいのかを聞きました。彼らの置かれた立場を、同じ民族としてとても悔しいと思った。彼らはよく生きてきたと思う。

 支援運動は、日本政府の責任追及と住民の居住権を守ることに主眼を置きました。本来は土地の買い取りを含め、すべてを日本政府がやるべきです。でも日本政府は、国連や韓国政府との外交交渉などでウトロ問題が上がっても韓日基本条約を盾に動かなかった。だから、土地を買い取ることが唯一の解決方法で現実的な方法と確信したのです。

 募金キャンペーンをすることで、多くの市民が応じれば国会議員や政府も動かざるをえなくなり、韓国が動けば日本政府も動くだろうと。韓国で14万人が募金に応じてくれたが、この人たちの思いを無にすれば韓国政府にとっては「大きな失政」になったはずです。募金に応じた市民の力が世論を喚起したのです。

 日本政府には今後、町づくりに取り組む過程で責任をきちんと果たしてほしい。補償の意味合いを込めて、公的住宅に住む住民の賃貸料を無料にするとか。地区外に出て行った住民の子孫が戻り、誇りを持って住み続けられるように取り組んでほしいのです。

 ウトロは私の人生にとってかけがえのないものになりました。住民は当初、信頼してくれなかったし、日本の支援グループと意見が対立したり、韓国外交通商部と言い合いをするなどつらい思いもしました。だけど、楽しかった。住民の喜ぶ顔のイメージが最初から頭の中にあったからだと思います。

 ◇協議会立ち上げ対応模索

 国土交通省と府、宇治市は昨年12月、「ウトロ地区住環境改善検討協議会」を立ち上げ、公的住宅建設などを視野に入れながら対応を模索している。

 KINと連携し、募金運動を展開した韓国の財団法人「美しい財団」の朴元淳(パクウォンスン)総括常任理事(51)は「ウトロが形成された歴史的経緯や人権侵害から考えて、日本政府は政治的かつ道徳的な観点からも責任を果たしてほしい」と希望。尹貞淑(ユンジュンスク)常任理事は「ウトロは、戦争など今も解決されていない過去の象徴。ウトロのような存在を将来作ってはいけないとの意識をみんなが持たなくてはいけない」と話している。

毎日新聞 2008年2月17日



以上引用終わり

え~日本は関係ありませんから!

>戦中の軍用飛行場建設がきっかけで、その労働力となった在日コリアンが土地所有権を持たないまま長年暮らしてきた宇治市のウトロ地区。
まずこの前提がまちがい。
自己都合で移住してきた在日韓国朝鮮人が不法占拠してきたウトロ地区、が正解。

>支援運動は、日本政府の責任追及と住民の居住権を守ることに主眼を置きました。本来は土地の買い取りを含め、すべてを日本政府がやるべきです。
もともとウトロ地区は日本の民間企業の所有。その後、ウトロ地区の自治会長に売却された。それからは在日同士の内輪揉め。
どこに日本政府の責任があるんだよ!

>日本政府には今後、町づくりに取り組む過程で責任をきちんと果たしてほしい。補償の意味合いを込めて、公的住宅に住む住民の賃貸料を無料にするとか。
はあ~何言ってんだ?!
仮に日本政府に責任があったとしても、その補償がなんで際限のない賃貸料無料になるんだよ!
こういうのをタカリ根性っていうんだよ!

>ウトロのような存在を将来作ってはいけないとの意識をみんなが持たなくてはいけない
賛成。二度とお前らには騙されない!!

関連記事
どこまでも被害者面
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/113-1b7c5dc7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事