なんのための内閣改造?

2011年01月15日 15:14

管改造内閣が発足したわけだが、一体どういう方向性なのか、よくわからない。

 17人の閣僚の内訳は、新任4、横滑り2、留任11。参院で問責決議を受けた官房長官の仙谷由人、国土交通相の馬淵澄夫の両氏と、国家公安委員長の岡崎トミ子氏は退任。新官房長官には、民主党幹事長代理の枝野幸男氏が起用された。

社会保障・税改革を推進=菅再改造内閣が発足-枝野官房長官ら新任4人 時事通信

退任した3名は、仙石、馬淵の両氏は参院で問責決議、岡崎氏は問責決議を提出された者である。
自民・公明などの野党は問責決議を受けた仙石、馬淵の両氏が辞任しなければ、審議に応じないとしており、それを飲んだ形だ。
新任がわずか4人ということを考えても、ほとんどこのための内閣改造と言っていい。
媚びへつらってまで野党の協力を仰ごうという姿勢なのだろうか。
野党の攻め手をなくす意図かもしれないが。

であれば、なぜ与謝野氏を閣内に起用したのだろう?
与謝野氏は衆議院選、小選挙区で民主党の海江田氏に敗れ、比例で復活を果たした人だ。
そんな人を閣僚に任じれば、野党の反発を招くのわかりそうなものだ。
早速、攻撃対象になっている。

参照 与謝野経財相の議員辞職要求 自民・石原幹事長 共同通信

内閣のテーマを「社会保障と税制の一体改革社会保障と税制の一体改革」として、超党派の議論を首相自身が呼び掛けているのに、その責任者に与謝野氏を任じるというのは、ちぐはぐな話だ。
せっかく3人を辞めさせてまで、野党に歩み寄った意味がない。

与謝野氏を用いるなら、閣僚ではなく閣外からにするか、与謝野氏が議員辞職してからにすべきだったろう。
それでも批判はされる。

また、問責決議が通った閣僚は辞めさせられるという前例を作ってしまった。
参院は野党が多数なのだから、極端な話、首相の問責だって通る。
その時どうするつもりなのだろう?
あの閣僚の退任はたまたま辞めさせようと思っていた人が問責決議されていただけです、とでもいうのだろうか。

退任させられた3名の資質はともかく、法的拘束力のない問責決議で大臣が辞めさせられる前例は作るべきではなかった。

問責決議も審議拒否も、民主党が野党時代にさんざんやってきたことなのだ。
その“つけ”を今払わされていると言ってもいいだろう。

しかし、本当に大きな“つけ”は国民に回ってくる。

与党も野党も、おのれのメンツや経緯を捨てて、虚心坦懐、国のために働いてほしい。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 慶次郎 | URL | kU3g/2a6

    Re: なんのための内閣改造?

    「目くらまし」をしたつもりなのでしょうね。これだけの知能の持ち主、無責任に野党で騒いでいるのが向いている、夜食を食いたいだけの首相職止めて欲しい。
    「嘘・詐欺(容疑)」で政権をとったのですから、一丹は白紙にして出直すべきでしょう。

  2. とおりすがり | URL | -

    緊急告知!中国人船長不起訴処分に抗議を!!

    中国人船長の不起訴処分が来週にも決定するそうです!
    国民を蔑ろにする処分方針を許してはなりません!
    是非、検察庁に抗議の電話・FAX・メールを送り、在宅起訴への道を開きましょう!!

  3. グリッティ | URL | l7H4TccY

    慶次郎様

    コメントありがとうございます。

    >無責任に野党で騒いでいるのが向いている

    本当ですね~野党の時は輝いてましたよ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1085-738a0256
この記事へのトラックバック


最近の記事