くら寿司内定辞退事件まとめ

2010年10月16日 15:47

10/12に放送されたTBS「NEWS23クロス」で取り上げられた、くら寿司(くらコーポレーション)の内定辞退者問題について、くら側も反論を行ない、問題となっているようです。

第3者には、本当のところはわからない部分もありますが、情報を整理してまとめてみました。

人気ブログランキング応援よろしく!人気ブログランキングへ

時系列
2010年3月下旬 くらコーポレーションに内定した新卒社員が、二泊三日の入社前研修を行う。
その研修の中で、20人を超える内定辞退者が出る。

2010年9月以前 内定辞退者の鈴木さん(仮名)が、くらコーポレーションに対し、給与の補償と慰謝料を求める裁判を起こす。

2010年9月1日 MBS(毎日放送※関西ローカル)「VOICE」で、内定辞退の強要ではないかという放送
この放送前の事実確認の取材を、くら側は拒否。

2010年10月12日 TBSが「NEWS23クロス」で、「VOICE」の放送内容を一部修正したものを放送

2010年10月13日 くらコーポレーションがWEB上で反論を公表


TBSの放送内容はこちら ↓


テキストではこちら ↓
■「内定辞退のウラに何があったのか」 MBS毎日放送HP「VOICE]

くら側の反論文はこちら ↓
http://www.kura-corpo.co.jp/101013.pdf

争点、問題点は入社前研修で、内定者が書いた、書かされた内定辞退届は有効かどうか、といことだ。

ではまず、放送で取り上げられている内定辞退届を書き起こしてみた。

内定辞退届

株式会社くらコーポレーション
代表取締役 田中邦彦殿

私は貴社より平成22年4月1日付採用の内定を頂いていましたが、一身上の都合により辞退致します。
なお、貴社に対して何らの権利や請求権をもっていない事を確認致します。

平成22年3月25日
鈴木(仮名)〇〇

くら側も反論書で、この辞退届についてふれ、その際にこれ自体を否定するようなことは書いていないので、これは本物と言っていい。

自分の意思で内定辞退を申し出た学生が、その内定辞退届けの文章に、
「貴社に対して何らの権利や請求権をもっていない事を確認致します。」
などという文を入れるだろうか?

自分で書くために内定辞退届の書式をネットで検索してみても、そんな例文はどこにもない。
これをすべて内定者が自分の意思で書いたとするには、あまりにも不自然すぎる。


「内定を辞退するんだな、じゃあこのように書いてくれ」という流れであれば、本人の意思という可能性もないではない。
ならばなぜ、自分の意思で辞退しているのに、裁判を起こさなければならなかったのだろう?
多くの時間と多大な経費を掛けて、個人が法人相手に裁判をするメリットがまったくない。


くらコーポレーションが行ったとされる入社前研修は、「くら社員三誓」なる社訓のようなものを、35秒以内に暗唱しろというものだ。(その他にもあるのかは不明)
社訓を読み上げるみたいな研修にしろ、朝礼にしろ、私は大嫌いで無意味だと思ってはいるが、それは置いておいても、社訓を暗記するだけならまだしも、MBSのアナウンサーが必死に読んでも35秒掛るものを、同レベルに早くしゃべらなければならない理由はなんだ?

意味のないことを、強いプレシャーの中で行わせるのは、一種の軍隊式訓練で、上官(上司)の命令に絶対服従ということを、体に覚えさせるものではないだろうか。
軍隊では隊員全員の生死がかかっているため、命令には絶対服従でなければならないことはやむを得ない部分もあるが、会社でその訓練を取り入れるのは、やりすぎではないか?
参考 情報提供:くら寿司の内定辞退強要について

社会に出る前の未熟な若者に、かかるプレッシャーを与え、追いつめられた中で内定辞退に追い込んだとしたら、それは本人が申し出たとしても、事実上の内定取り消しだと思う。

正式な内定が出た時点で、内定者は社員と同様に権利と身分が保障されている。
もっとも社員にも同様のことをしているのかも知れんが。

その研修がくらコーポレーションにとって必要だと考えているのなら、就職試験中にやるべきだ。
それで合格した者に、内定を出せばいい。
それができない理由はなんだ?
そんなことをしたら人が集まらないからではないのか?


晴れて4月から社会人という若者を、わずか1週間前に集めて内定がなくなるという事態に陥らせることが、どれだけ彼らの人生に影響を与えるかわかっているのか?


正式なビジネス文書として公表された、くら側の反論書には不思議な点がいくつかある。

内定辞退が内定者自らの意志であると主張しているにも関わらず、内定者が内定辞退届を書いて出してきた等、そのような表現は一切なく、「内定辞退の手続き」という表現になっている。
これは、本人が自主的に書いたとは言えないため、“手続き”という表現になっているのではないだろうか?

・9月1日報道のMBS「VOICE」において、鈴木さん(仮名)が「本当に今路頭に迷っているところ」と言っていたことに対して、弊社は報道日以前に鈴木さん(仮名)が既に就職をされていたという事実を把握していたため、MBSに事実確認を行いましたが、明確な回答はなく、「現在貴社とは無関係であるはずの鈴木さん(仮名)について、なぜご質問を重ねられるのか、当社としては理解に苦しんでおります。」と返答がありました。しっかり就職している人を「路頭に迷っている」などと事実に反する報道をするMBSの報道姿勢は強く批判されるべきであり、番組そのものの信頼性は全くないと言わざるを得ません。

なぜくらコーポレーションは、関係のなくなった鈴木さん(仮名)の就職を把握しているのだ?
身辺調査でもやったのかね?

・内定辞退が強要されたものであり内定取り消しと評価される場合には、行政庁である厚生労働省の決定の下で内定辞退強要を行った企業名の公表がなされることになります。この際には、厚生労働省は、行政庁として当事者に対する公平な聞き取りをもとに、内定取り消しと評価できるのかどうか、企業名を公表すべきかどうかを慎重に決
定することになります。しかし、一放送局に過ぎないTBSやMBSの、不公平かつずさんな取材をもとにした報道において、弊社名は公表されており、視聴者の皆様に予断を与える内容となっております。これは報道の横暴としか言いようがありません。

MBSの事実確認取材に対し、拒否をし、MBSでの放送後の各社の取材も拒否しているにも関わらず、どうしろと?
一放送局に過ぎないから取材を受けなかったのだろう?厚生労働省の調査は拒否できないもんな。
一放送局に過ぎないTBSやMBSの報道なんか、気にしなくてもいいじゃん。一放送局に過ぎないんだろ。

「弊社の思い」とか書き連ねてみたり、「?」を文章に使ってみたりとか、冷静で客観的であるべき公の文書としては、いささか恥ずかしいな。
くら社員三誓にあるように「新聞・本を読み知識を深めます。また交通ルールやエチケットを守り健全な社会生活を送ります。」知識を深め、エチケットを守った方がいいぞ。

回転するのは寿司だけで、人は回転させなくていいから。
平均勤続年数 2.8年のくら寿司さん。
参考 http://nensyu-labo.com/kigyou_kura.htm

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 慶次郎 | URL | kU3g/2a6

    Re: くら寿司内定辞退事件まとめ

    メジャーの宣伝で「くら寿司」が出て来ますが、この会社でしょうね?

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. グリッティ | URL | l7H4TccY

    皆様コメントありがとうございます

    慶次郎様
    そうです。

    2のコメ主様
    ブログ拝見しました。ありがとうございます。
    退職金制度すらないんですね…
    内定辞退以上に恐ろしいことのような気がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://andreagritti.blog112.fc2.com/tb.php/1003-5a9ee982
この記事へのトラックバック


最近の記事