カジノはダメで競馬・パチンコはOKな読売新聞

2016年12月02日 22:24

カジノ法案審議 人の不幸を踏み台にするのか 読売新聞社説

カジノの合法化は、多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは、国会の責任放棄だ。

 統合型リゾート(IR)の整備を推進する法案(カジノ解禁法案)が、衆院内閣委員会で審議入りした。

 法案は議員提案で、カジノ、ホテル、商業施設などが一体となったIRを促進するものだ。政府に推進本部を設置し、1年をめどに実施法を制定するという。

 自民党や日本維新の会が今国会で法案を成立させるため、2日の委員会採決を求めていることには驚かされる。審議入りからわずか2日であり、公明、民進両党は慎重な審議を主張している。

 法案は2013年12月に提出され、14年11月の衆院解散で廃案になった。15年4月に再提出された後、審議されない状況が続いてきた。自民党などは、今国会を逃すと成立が大幅に遅れかねない、というが、あまりに乱暴である。

 自民党は、観光や地域経済の振興といったカジノ解禁の効用を強調している。しかし、海外でも、カジノが一時的なブームに終わったり、周辺の商業が衰退したりするなど、地域振興策としては失敗した例が少なくない。

 そもそもカジノは、賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの“散財”に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である。

 さらに問題なのは、自民党などがカジノの様々な「負の側面」に目をつぶり、その具体的な対策を政府に丸投げしていることだ。

 公明党は国会審議で、様々な問題点を列挙した。ギャンブル依存症の増加や、マネーロンダリング(資金洗浄)の恐れ、暴力団の関与、地域の風俗環境・治安の悪化、青少年への悪影響などだ。

 いずれも深刻な課題であり、多角的な検討が求められよう。

以下略

以上引用終わり

カジノに反対すんのはいいんだけどさ、その理由が
そもそもカジノは、賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの“散財”に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である。

公明党は国会審議で、様々な問題点を列挙した。ギャンブル依存症の増加や、マネーロンダリング(資金洗浄)の恐れ、暴力団の関与、地域の風俗環境・治安の悪化、青少年への悪影響などだ。

これ全部、パチンコや公営ギャンブルにも当てはまんだけど(笑)

この論で行くのなら、パチンコと公営ギャンブルにも反対しようね、競馬に協賛している読売新聞さん(笑)

20161202milerscup.jpg

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


パチンコが本当になくなる日 (SPA!BOOKS新書)


[カジノはダメで競馬・パチンコはOKな読売新聞]の続きを読む
スポンサーサイト

90はもう老後

2016年06月19日 11:28

いや~はじめて「1か月以上更新してないブログに表示される広告」が表示されるようになってた(笑)

最近どうも、このブログを始めた趣旨と現実が乖離してきて、書く意欲がわかなくなってきた。
余りにも自虐と左派に振れた日本社会を正常に戻すため、という当初の目的が意味をなさなくなったというか、逆に振れ始めているというか、自虐もよくないけど、「日本すごい!」ばかりもどうかと思うのですよ。

まあこの話は改めて、今や多数派を敵に回してでも書かないといけないかなあ、なんて思いますが、私はひねくれものの無党派なのでね、とりあえず今日はいまだ健在のサヨクの牙城、マスゴミの話を。

20160619いつまで生きるつもりだ

麻生氏 いつまで生きるつもりだ…高齢者について講演会で 毎日新聞

 麻生太郎財務相(75)は17日、北海道小樽市で開かれた自民党支部大会で講演し、「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と述べた。高齢者らの反発も予想される。

麻生氏は講演で国内の消費拡大などが必要と指摘したうえで、「お金を何に使うかをぜひ考えてほしい。金は使わなきゃ何の意味もない。さらにためてどうするんです?」と述べた後に発言した。【一條優太】

以上引用終わり

麻生さんもジョークが好きだからよく狙われるね~

「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」

これが配慮のない発言となるわけか、講演聞いていた人は何とも思わなかっただろうに。

90になって老後が心配!? もう今が老後だよ!
お前は一体いつからが老後なんだ? 何歳まで生きる気だよ、まったく(笑)

という意味ですね。
まあ漫才みたいなもんです。

これがダメならサラリーマン川柳もシルバー川柳も、みんな不謹慎、解散しないといけません。

こんなことをでかでかと報道している新聞社こそ、『お前、いつまで営業しているつもりだよ』といってやるべきですね。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ

私は一生独身確実2: 独身で50過ぎたらもう老後


[90はもう老後]の続きを読む

日テレ、謝り方を誤る

2016年03月14日 19:26

昨日の記事(日テレ『安部選挙のためになんでもする!』と捏造)の件で日テレさんが謝罪をしたそうな。

20160314謝罪にならない程度の謝罪

「選挙のためだったら何でもする」という言葉は「無責任な勢力」に掛かるわけだが、「…何でもする」で改行すると、掛かるのかかからないのかわからなくなる。
✕の文章と変わらない解釈をされる可能性の方が高い。

つまり、謝っているようで謝っていない、誤った謝罪と訂正になっている。

意図的というより、日本語が不自由なんだろうな。
そういう人がテレビを作っていると。

ほれ、謝罪の謝罪をまたしないといけないよ(笑)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか(補訂版)― 権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する

新品価格
¥1,944から
(2016/3/13 21:25時点)




高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
モニターでオトク生活始めませんか?
[日テレ、謝り方を誤る]の続きを読む

日テレ『安部選挙のためになんでもする!』と捏造

2016年03月13日 21:28

20160313選挙のために何でもする1
20150313選挙のために何でもする2

20150313選挙のために何でもする3
なにこれひどい。

逆だ逆、なんでもするのはお前らだわ、マスゴミ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


マスコミはなぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか(補訂版)― 権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する

新品価格
¥1,944から
(2016/3/13 21:25時点)




高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
モニターでオトク生活始めませんか?
[日テレ『安部選挙のためになんでもする!』と捏造]の続きを読む

停波と騒ぐテレビキャスター

2016年03月01日 11:33

20160301teiha.jpg

電波停止発言「驚きと怒り」=民放キャスターが会見 時事通信

 民放テレビキャスターの鳥越俊太郎氏、岸井成格氏らが29日、東京都内で記者会見し、放送局への停波命令の可能性に触れた高市早苗総務相の発言について「表現の自由を保障する憲法や放送法の精神に反する。私たちは驚き、怒っている」と非難する声明を発表した。

 鳥越氏は「安倍政権のメディアに対する姿勢が現れた。ある種のどう喝だ」と懸念を示した。停波の根拠とされた放送法の「政治的に公平であること」との条文について、岸井氏は「ジャーナリズムは権力の暴走を止めなければならない。それが政治的公平・公正だ」と訴えた。(2016/02/29-18:14)

以上引用終わり

表現の自由と騒ぎ立てる人たちが、国民の知る権利を犯しているという「驚きと怒り」だな、私からすれば。

まず基本的なことから言えば、この話はあくまで放送(テレビ・ラジオ)に関する話であって、紙媒体(新聞・雑誌など)やインターネットメディアには関係がない。
万が一停波になっても政府が全ての言論を封じれるわけではない。当たり前だけど。

なんで放送だけ放送法なる法律があって、放送内容に規制があるかといえば、放送に使う電波に制限があるので、公共なものとして扱われるから。
公のインフラを利用して放送し、利潤を得るわけだから、ルールを守りましょう、ルールを守れない人は免許をあげませんよって話。

私道ならどんな運転をしても勝手だけど、公道を走るなら交通ルールを守りましょう、違反したら免停ですよって話と同じだ。
(日本の道路はなぜか左側通行というのもメディアと同じだなw)

そんでもって放送法だけど4条に

第4条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

とある。

これを守らなかったらどうなるかというと

第174条 総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、3月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる。

これを素直に読めば、第4条を守らなかったら業務の停止もある、となる。

なんだか騒いでいる人たちは、第4条が努力目標だ、と主張されているよう。

たしかに法律には倫理規定という「努力目標」的なものと、法規範性を持つものとがある。
以前は、この条文は倫理規定だった。

これが変ったのは所謂「椿事件」があってからだ。

椿事件(つばきじけん)とは、1993年に起きた、全国朝日放送(愛称および現社名:テレビ朝日)による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた事件である。当時テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良の日本民間放送連盟(民放連)会合での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。

9月21日、日本民間放送連盟の第6回放送番組調査会の会合が開かれ、その中でテレビ朝日報道局長の椿貞良は、選挙時の局の報道姿勢に関して、
「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「日本共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」
との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行った。


このようなとてつもない事件があったため、放送法第4条は、倫理規定から法規範性に解釈が変更されたのである。

つまり、放送事業者を信用して倫理規定となっていたものを、自ら台無しにしてしまったのですね。
これを自業自得という。

放送事業者はこのようなあつらつな偏向報道をして世論を誘導し、自らの望む選挙結果を導こうとする団体なのだと認識されてもしかたがない出来事だ。

岸井氏は「権力の暴走」を問題にしているが、「ジャーナリズムの暴走」は誰が止めてくれるのだろうか?

いずれにして政治的公平というのは判断が難しいもので、余程極端なことをしないかぎり、政治的公平を欠く、という理由で停波にはならないだろう。

ここで問題なのは、情報を取捨選択し、意図的に流すことができる放送事業者が、国民の知る権利を犯して、ある情報を大きく流し、ある情報は流さない、ということができるし、やっているということだ。

現にこの報道だって、安倍政権がメディアを弾圧しているような印象を受け取る方に与える。
しかしその原因となった椿事件やこれまでの様々な偏向報道については報じられることはない。

都合のいい断片だけをことさらに大騒ぎして、国民が判断できるような総合的・全体的な情報は流されないのだ。

メディアが政治的主張をするのは構わないと思う。
前述したように政治的公正というのは判断が難しい所なので、メディアとして意見を述べるのは放送法第4条にはあたらないだろう。
しかしその際に、その意見を受けて国民が是非を判断できるような内容も同時に提供すべきだろう。

そして何より大事なのは、それが自由な思想を元にした主義主張であることで、利害欲得はもちろん、凝り固まった偏見や放送局都合のストーリーにのせるための主張であるなら、どんな内容であろうとそれは報道とは呼べない。

先にストーリーありきの報道姿勢は厳に慎むべきだ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


テレビキャスターコメンテイターは本当に信用できるか―イデオロギー的偏向、恣意的批判 彼等は公平を欠いていないか

新品価格
¥1,620から
(2016/3/1 11:25時点)




高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
モニターでオトク生活始めませんか?
[停波と騒ぐテレビキャスター]の続きを読む


最近の記事