世界初の成功!

2009年09月18日 12:54

以下産経新聞より引用

世界初の成功 NASAも称賛
2009.9.18 09:48

HTV

 18日早朝、国際宇宙ステーション(ISS)への無人物資補給機「HTV」がISSのロボットアームによって捕まえられると、宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターの管制室で息を詰めて見守っていた管制員らは拍手と歓声、ガッツポーズなどで喜びを爆発させた。

 「ロボットアームを使っての結合は世界の宇宙開発に新しい道を切りひらく。(HTVは)7機を打ち上げるが、今回だけでも非常に多くのことを学んだ。この積み重ねは(独自の)有人飛行にもつながる」

 約9時間半にわたり、筑波で管制チームを率いたJAXAの山中浩二・フライトディレクター(41)は高揚した表情で成功の意義を強調した。

 ともに秒速約8キロで飛行するISSへのHTVの接近は、わずかなミスでも大事故につながる。ロボットアームによる宇宙船の捕獲は世界の宇宙開発史上初めてで、HTVの正確な接近が成功の鍵だった。

 米航空宇宙局(NASA)の関係者も「完璧(かんぺき)な成功だ。素晴らしい」と称賛し、ISSではドッキングを待たずに飛行士らが乾杯をした。

 成功の背景には、今月11日にJAXA種子島宇宙センター(鹿児島県)からHTVを軌道投入させた新大型ロケット「H2B」の存在も欠かせない。日本の宇宙技術の集大成で臨んだHTVは、関係者も驚くほど順調にスケジュールを消化している。


以上引用終わり

管制室で息を詰めて見守っていた管制員らは拍手と歓声、ガッツポーズなどで喜びを爆発させた。

関係者の方々、本当におめでとうございます。
そしてありがとうございます。

日本の上げたHTVが宇宙空間を進み、宇宙ステーションにドッキングする。
これだけでも大感動もんです。

ロボットアームを使っての結合は世界の宇宙開発に新しい道を切りひらく。
>>ロボットアームによる宇宙船の捕獲は世界の宇宙開発史上初めてで、HTVの正確な接近が成功の鍵だった。

しかも世界初ですからね!

ともに秒速約8キロで飛行するISSへのHTVの接近は、わずかなミスでも大事故につながる。

映像で見ていると分かりにくいが、双方共に動いていて、しかも広大な宇宙空間で結合するのは大変なこと。
たとえば地球上のどこかにいる走っている自動車に、自分も自動車で近づいって、至近距離で同じ速度を保ち、窓からものを手渡すよりはるかに難しい。

少ない予算の中で奮闘し、米露欧に肩を並べた関係者のご努力に改めて敬意を表します。
有人飛行へも夢が広がる一瞬でした。
ありがとう。

関連記事 打ち上げ成功!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



スポンサーサイト



打ち上げ成功!

2009年09月11日 12:51

以下産経新聞より引用

無人補給機の予定軌道投入に成功 宇宙開発への貢献に第一歩
2009.9.11 02:18
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の種子島宇宙センター(鹿児島県)から11日午前2時1分に新大型ロケット「H2B」で打ち上げられた国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給機「HTV」の初号機は約15分後、予定軌道への投入に成功した。ISSへの物資輸送は米露欧に次いで4番目で、日本の宇宙開発にとって本格的な国際貢献の第一歩になる。

 HTV初号機は、ISSに滞在している飛行士の食料や日用品、日本実験棟「きぼう」で使う日米の実験装置など計約4・5トンを搭載。今後、高度約400キロを周回するISSに徐々に接近し、飛行士がロボットアームでつかんで18日にドッキングする予定。

 物資の搬入後は不用品や廃棄物を積み込み、11月初旬にISSを離脱して大気圏に再突入し、太平洋上でほぼ燃え尽きる見込み。

 ISSへの物資輸送手段は現在、米スペースシャトルのほか、ロシアと欧州の無人補給機などがある。来年に予定されているシャトルの引退後、HTVは大型物資の唯一の輸送手段としてシャトルを代替する重要な役割を担う。

 日本は、きぼうをシャトルで運んでもらう代償として、約680億円を投じてHTVを開発した。平成27年度まで毎年、計7回の打ち上げが国際協定で義務付けられている。


以上引用終わり

打ち上げ成功!拍手!

これまでの地道な積み重ねが結実した瞬間でした。



関連記事 米シャトルの後継に日本輸送機
       世界一美しいロケット発射場

次はシャトルなき後の宇宙ステーションへの物資輸送を担うHTVのランデブ&ドッキングです。

HTVも1997年に打ち上げられた実験衛星「おりひめ」と「ひこぼし」で、実験実証したランデブ&ドッキングのノウハウを活かして今回の実証打ち上げにたどり着けたように、地道に着実に積み上げた結果なのです。

HTVは大型物資の唯一の輸送手段としてシャトルを代替する重要な役割を担う。

世界からも注目され、期待されるHTV!
この技術実証機が18日にドッキング成功すれば、スムーズに来年の運用機の打ち上げに繋げられる。
一週間後もドッキング成功の記事をアップしたいものだ。

久々に気持ちのいいエントリーでしたw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事