トヨタのCMにまでいちゃもんつける朝鮮人

2011年12月07日 14:22

トヨタがCMで朝鮮を侵略した豊臣秀吉を採用、韓国内で物議 YAHOOニュース(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000021-scn-kr

 トヨタ自動車が過去への回帰を表現したリボーン(Re BORN)シリーズのCMで、豊臣秀吉をキャラクターとして採用したことが、韓国内で物議を醸している。複数の韓国メディアが5日、報じた。

 同CMは11月に日本国内で放映され、豊臣秀吉を北野武さん、織田信長を木村拓哉さんが演じた。

 韓国メディアは、トヨタは壬辰の乱(文禄の役)を起こした豊臣秀吉をCMのキャラクターとして採用し、「復活」をテーマにした広告を制作したが、豊臣秀吉の朝鮮出兵の犠牲者の立場である韓国のインターネットユーザーたちにとって不快な内容であり、議論を巻き起こしていると伝えた。

 このCMは、日本のトップスターである北野武と木村拓哉が出演し、津波などにより、困難を経験したトヨタの復活と世界舞台制覇に向けたメッセージを伝えていると紹介。ところが、木村拓哉が演じた織田信長は、日本統一の過程で婦女子を残酷に殺害し、日本国内でも評価が分かれる人物。また、北野武が演じた豊臣秀吉は織田信長の後を引き継いで、日本を掌握した後、中国の征服を夢見て壬辰倭乱を起こした主役だと指摘。

 CMには朝鮮侵略といった内容はなかったが、豊臣秀吉が復活するという設定自体が、韓国人の国民感情を刺激したと伝えられている。「韓国と日本を不快な関係にした歴史的人物を、有名俳優までを動員して美化したのは、韓国を無視した処置」「すぐ隣の国すら配慮できない企業が、世界市場で再跳躍するというのは矛盾」との意見も見られた。

以下略

以上引用終わり

全く何言ってるかわからんなw

この論理じゃ、チンギス・ハーンのCMをモンゴルでやったら、世界中から総スカンだなw

日本で豊臣秀吉を英雄として扱ったドラマや映画、小説は数限りなくあるのに、このCMだけことさらに取り上げるのはなんなんだ?
韓国で放送するわけでもないのに。

だいたい申し訳ないけど、日本人はお前らみたいに始終隣の国を注目しているわけじゃないし、考慮に入れているわけでもないんでね。

朝鮮出兵は“唐入り”といって、中国へ出兵するのが目的だったんだよ。
その通り道で中国・明の軍と戦っただけ。
朝鮮は目的ですらないからw残念w


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ こっちみんな!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ



[広告 ] VPS
[トヨタのCMにまでいちゃもんつける朝鮮人]の続きを読む
スポンサーサイト



パチンコ依存のテレビ界

2008年11月25日 23:43

以下日経ビジネスオンラインより引用

キー局まで広がった“パチンコ広告依存”

 「放送収入の落ち込みが激しく、コスト削減でカバーしきれなかった。下期に入っても回復の兆しが見えない」

 11月10日に開かれたTBSの2008年9月中間期決算説明会。井上弘社長は厳しい表情でこう語り、通期の連結純利益予想を下方修正した。TBSは放送事業だけだと今期、20億円の営業赤字に転落する見通しだ。

 厳しいのはTBSだけではない。在京民放キー局5社の9月中間期決算では、フジ・メディア・ホールディングスを除く4社が営業減益となり、最終損益は5社すべてが前年割れ。日本テレビ放送網とテレビ東京は最終赤字に転落した。5社すべてが業績見通しを大幅に下方修正する異例の事態になっている。

中略

 テレビ局の焦燥感は、パチンコ関連CMの急増からも見て取れる。地方局では珍しくなかったが、最近は在京キー局でもパチンコ機器メーカーのCMが目立つようになった。CM総合研究所のまとめによると、キー局5局のパチンコ関連CM投入回数は、2004年の2066回から2007年には1万3151回に急増。今年は10月までの累計で、既に昨年を大幅に上回っている。年率換算すると、2万回近くになる計算だ。

 これを不安視する声も出始めた。放送倫理・番組向上機構の青少年委員会は4月、パチンコ関連CMについて審議。委員は「パチンコCMを受けないと経営的に難しいのか」「(各局のCM)考査の基準が緩くなってきているのではないか」などの問題点を指摘した。

 日本民間放送連盟(民放連)は日経ビジネスの取材に、「どのCMを流すかは、各局の判断による。民放連として規制することは考えていない」と回答した。収入の落ち込みを補うためには、背に腹は代えられないというのが実情だ。

 改正貸金業法の影響で消費者金融のCMが激減したこともあり、「自主規制してきたパチンコCMを解禁せざるを得なかった。だが、次に解禁できる大型産業は残されていない」。あるテレビ関係者は危機感をあらわにする。

以下略


以上引用終わり

そういえばもうライブのスポーツ以外、テレビは見ていないな。

これだけ各々の趣味嗜好が多様化し、生活スタイルも様々な中で、総花的な放送を続けるのは無理がある。
自分の興味あるものを、都合のいい時間に、必要な部分だけ、という方式がインターネットというもので定着してきている。
いまさら時間を合わせて、興味ないCMも見ながら、時間を拘束されるというテレビには耐えられないのだ。

従来型のテレビは斜陽産業になるだろう。

その斜陽産業を支えるのが、消費者金融からパチンコ、果ては創価学会ですか・・・

政治家と企業献金の関係と同様で、スポンサーに反する報道、番組政策ができるわけがない。
そうやってできる番組が視聴者離れを起こし、スポンサー減、よってパチンコ業界などに依存、の悪循環。

消費者金融やパチンコ、創価学会からもらったスポンサー料で政治や教育を語ったりするわけですか?
さぞかしいいものができそうですね。

そんなテレビなら終ってしまえ!なにも惜しくはない。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事