NHK『テレビのある全客室分受信料払え』

2012年07月28日 09:50

NHK、受信料7億3700万の支払い求めホテル3社を提訴 産経新聞

 テレビの設置台数に応じた受信契約を結ばなかったなどとして、NHKは27日、東京都と大分県のホテル事業者3社に対し、契約の締結や受信料の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。支払い請求額の合計は約7億3700万円に上る。

 NHKはホテル事業者に対して、主にテレビのある客室単位での受信契約を求めている。未契約の都内の1社に対しては今年1月~7月分の3万3767件分、約5億5210万円を、もう1社には約7694万円の支払いを求めている。大分の業者は受信契約は締結しているが未払い分があり、約1億788万円を求めた。

 NHKによると、過去にも未契約事業者などを提訴した例はあるが、請求額は200万円以下だった。NHKは「粘り強くできる限りの対応を行ったが、やむなく提訴に至った」とコメントしている。

以上引用終わり

は?

NHKはホテル事業者に対して、主にテレビのある客室単位での受信契約を求めている。

なんで客室単位なんだよ。
そんなことしたらホテルや旅館はたまらないだろ。
普通1ホテルで1契約でいいだろうが。

この理屈なら、たくさんのテレビ並べて放映もしている家電量販店なんかも、テレビの台数分請求すんのか?
空き室のぶんまでとるとか、もうむちゃくちゃだな。

地デジ以降の時でさえ、ホテルや旅館はケーブル使っているところ多いから、いっぺんに全部地デジ対応するには設備投資が大変だろうって、ケーブルだけは2015年3月までアナログでも変換して見れるようになっている。

せっかくこうやって配慮しても、受信料でホテルがつぶれるわ!

つぶれなくてもホテルの部屋にテレビは置かれなくなるな。
そうするとテレビのメーカーが売上落ちるわけで、日本の単位で見ればなんにもいいことはない。
NHKが繁盛して民間が圧迫されてりゃ世話はない。

ほんと、893よりひどいと言ったら、893に怒られるレベル。
ホテル業界は一致団結して争うべきだ。
NHK以外だれもこんなの喜ばないから。

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ ひどすぎ!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[NHK『テレビのある全客室分受信料払え』]の続きを読む
スポンサーサイト



893なNHK

2011年10月16日 19:23

NHK、都内8世帯に訴訟予告通知 朝日新聞

 NHKは13日、テレビがあるのに受信契約に応じないとして、東京都内の8世帯に訴訟予告通知を発送したと発表した。今後も契約に応じない場合は、提訴するという。これまで未契約の事業所に対して2件の民事訴訟を起こしているが、個人の未契約世帯を提訴したケースはまだない。

以下略

以上引用終わり

勝手に電波流しといて、契約しないから裁判とか、どこの893だよ。

どうやってテレビの有無確認したかはしらないけど、じゃあこういうのはどうだね。

放送法には

放送法第32条(受信契約及び受信料)
1.協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信に ついての契約をしなければならない。
3.協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。


こうある。

例え総務大臣の許可を得て作られた契約内容だとしても、契約を結ぶのはNHKと個人個人なのだから、双方合意する内容じゃないと結べないよね。

だったら、「俺はNHK見ないから、月10円の受信料なら合意する」と主張して、合意に至らないなら結べなくてもしょうがないよね。

そうでないと、近代私法三大原則の一つ「契約自由の原則」を犯すことになるよ。

個人の契約関係は,契約当事者の自由な意思によって決定されるのであって, 国家は干渉してはならないという近代私法の原則。


勝手に決めた契約内容で契約を結ばせようというのがそもそもおかしいんだよ。
そんなの893が白紙に名前と判を捺させるのとやり口変わらんよ。
国会で決めようと国が認めようと、個人の契約に何の関係もないわ!


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ くたばれNHK!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[893なNHK]の続きを読む

NHKの印象操作

2011年03月23日 11:45

以前の自分のエントリーを見直していたら、えらいことに気づいた。

このエントリー
明治節と昭和天皇の全国巡幸

去年の文化の日に書いたエントリーだが、ここで昭和天皇の全国巡業の動画を上げている。
もとはyoutubeのものだ。

その辺りを引用

昭和天皇は戦後、8年半を掛けて日本全国を巡幸され、数多くの日本人を励ました。
その天皇陛下のご意思とそれに応える日本国民の意欲が、戦後日本の奇跡的な復興を成し遂げたのだ。
GHQは昭和天皇から巡幸のご希望が出されたとき、各地の日本人から石でも投げられるだろうと予想して、許可を出したそうだが、返ってきたのは“石”ではなく“意志”だったのだ。

ここに陛下が各地を巡幸された時の動画がある。
特に最後のシーン、陛下が広島を訪問された時の「バンザイ」の歓声を、今の日本人は心に留めておかねばならない。

[広告 ] VPS

以上引用終わり

特に最後のシーン、陛下が広島を訪問された時の「バンザイ」の歓声

とわざわざ書いているんだけど、この引用動画にはその声が入っていない。
(該当部分は上動画の2:49あたりから)

昭和天皇の巡幸に関する動画は幾つかあり、最初私は英語のナレーションが入っているものを見聞きして、やはり日本語のナレーションの方がいいだろうと、上のNHKの動画をあげたのだが、まさか歓声が消されているとは…

実際はものすごい歓声なのです! ↓

[広告 ] VPS

この歓声のあるなしではこの動画の価値が全く違う。
恐るべしNHK


おそらく同じようなことがそこかしこで行われているんだろうな。
震災報道でNHKを見直している場合ではなかった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 印象操作はやめろ!と思う方はクリックを!
[NHKの印象操作]の続きを読む


最近の記事