阪神淡路大震災から21年

2016年01月17日 12:12

今日で阪神淡路大震災から21年です。
20150118大時計
阪神・淡路大震災の時に止まってしまった明石市の天文科学館の大時計

今でもあの日から3日間の記憶は鮮明で、一生記憶が薄れることはないでしょう。
 → 崩壊の前日

あの時救援に訪れてくれた自衛隊の活躍を書いたエントリーを
 → 自衛隊に心から感謝した被災者 2011年03月09日 11:46
東日本大震災のわずか二日前、しかも阪神淡路と東日本大震災と同じ46分にUPしている。

東日本大震災での自衛隊の多大な貢献を思うと、虫の知らせと言うのか、私的にはいくばくかの運命を感じてしまう。

阪神淡路の時、何処となく敬遠されていた組織であった自衛隊が、徐々に認知され東日本では文字通りの大活躍。
2つの大きな悲劇ではあったが、自衛隊に対する国民の認識を変えるきっかけになった。

阪神淡路のあと、倒壊した建物を見て建築基準法が変わったという。
東日本大震災でもそのようなことがいくつもあるのだろう。

亡くなった人は還ってはこない。
だからこそ、悲劇を次に生かす努力を、生き残った人はしなければならない。

阪神淡路大震災か20年を越え、気持ち新たに。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 合掌
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ スペシャル・エディション [DVD]

新品価格
¥3,175から
(2016/1/17 12:09時点)




高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
モニターでオトク生活始めませんか?
[阪神淡路大震災から21年]の続きを読む
スポンサーサイト



自衛隊に心から感謝した被災者

2011年03月09日 11:46

110番しても警察は来ない、119番しても救急車は来ない、来ないどころか連絡する手段すらない。
偶然緊急車両を見つけても、通りすぎていく。
そんな状況があったことを知っていますか?

1995年1月17日早朝、阪神淡路地区を襲った大震災の時、それはもうそこかしこで、そのような状態でした。

寒い冬の中、電気もガスも水道もなく、まっ暗闇のなかで、過ごさなければならない心細さ、わかりますか?

あって当然と思っていた、社会的インフラを破壊された状況は、頼るべき土台が何もかも失われた世界。

そこに、光を灯し、食事を作り、風呂を沸かし、夜は見回りをする、これら全て自衛隊員の方がやってくれたのです。
被災者の生活全てを支えてくれたのは、自衛隊の方たちなのです。

被災者がどれだけこころ強く、ありがたく思ったか、その思いがわかる動画があります。
以前にも紹介したが、改めて掲載したい。



あの震災は、地元の人間が予想だにし
なかった出来事でした。

ああいう極限の状態で我々が最後に頼るのが自衛隊なのです。

これからも予想だにしない災害やテロ、戦闘があるかもしれない。
いやきっとあるでしょう。

その時あなたを助けて守ってくれるのは自衛隊の方々だけです。

社会保障というセーフティネットの話ばかりが盛んですが、こちらのセーフティネットも充実させるべきだとは思いませんか?

人気ブログランキングへ 自衛隊に感謝!と思う方はクリックを!
[自衛隊に心から感謝した被災者]の続きを読む

阪神淡路大震災から14年

2009年01月17日 17:39

以下神戸新聞より引用

阪神・淡路大震災から14年 各地で追悼 
震災慰霊
震災発生時刻に合わせ、灯ろうの前で黙とうする人たち=17日午前5時46分、神戸市中央区、東遊園地(撮影・大森 武)


 夜明け前の静寂の中、ともされた鎮魂の灯に、数え切れない悲しみが浮かび上がる。一月十七日午前五時四十六分。阪神・淡路大震災から丸十四年を迎えた被災地は、六千四百三十四人に上る犠牲者への祈りに包まれた。地震のつめ跡が次第に消え、未曾有の災害も風化の波にさらされている。一方で復興の課題は、超高齢社会、急速な景気の悪化とも絡み合い、被災地に今なお重くのしかかる。あの日を、奪われた尊い命の一つ一つを忘れない。目を閉じ、手を合わせながら心に強く誓った。

以下略


以上引用終わり

この日が来るたびに何度でも何度でもあの時の感情が呼び覚まされる。
不安、悲しみ、怒り・・・
決して風化することはないだろう。

私は被災者ではないが、神戸を故郷とするものにとっても忘れられない出来事だ。
関連記事 崩壊の前日

こちらに被災された方々の生の声が綴られているので、一部でも良いので読んでみてください。
参照 阪神大震災を記録しつづける会HP
    http://www.npo.co.jp/hanshin/ 
どれを読んでも胸を突かれる思いがする。
当時、現場では大変な数の人々が、傷つき倒れ、助けを求めていた、痛切に!

そして、事の経緯が判明してくるにつれ、突き上げてくる怒りもまた、今も治まることはない。
当時の首相村山と兵庫県知事貝原は、地震発生から4時間30分、自衛隊に派遣要請を出さなかった。

関連記事 四川大地震と阪神大震災

これが迅速になされていたなら、どれだけの人が助かったか!
しかもそれがなされなかったのは、自衛隊に対する拒否感から来るものと思われる。

どんな思想、信条を持とうと勝手だが、目の前に助けなければならない人々がいるときに、その思想や信条の為に打てる手も打たないバカは、人間の価値がない。


救助や復興支援に、自衛隊の皆さんは本当によくやってくれました。
改めてお礼が言いたい気持ちです。
少なくとも被災された人の自衛隊に対する認識は大きく改まったと思います。
関連記事 自衛隊に抗議するバカどもはこれを見ろ!

たくさんの悲しみと多くの善意、ふたつの想いを心に抱き続けることこそ、追悼になると信じて、合掌。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



自衛隊に抗議するバカどもはこれを見ろ!

2008年04月20日 12:38

以下毎日新聞より引用

イラク派遣隊:小牧基地に帰国 差し止め訴訟の原告ら抗議

 航空自衛隊のイラク復興支援派遣隊の約100人が19日、クウェートから空自小牧基地(愛知県小牧市)にチャーター機で帰国した。イラク派遣を一部違憲とした名古屋高裁判決直後の帰国となったため、基地周辺ではイラク派遣差し止め訴訟の原告や市民グループが抗議活動をした。

以下略


以上引用終わり

郷☆英機さんの帰ってきた★ヤンバンで取り上げられていた毎日の記事ですが、

ひどいです!

どんな意見や心情を持とうと勝手ですが、抗議するなら国会とかにいけよ!
命令に従って任務を遂行している自衛隊員はまさに“そんなのかんけいねー”だろ。
「そんなの関係ねえ」 イラク派遣に関する高裁違憲判断で空幕長 産経新聞

イラクが戦闘地域で危険だとか主張したのあんたらだろうが!
そのイラクから危険な任務を終えて帰ってきた隊員に対して失礼だ!

大変な苦労をしてようやく日本に戻ってきた隊員の方々がこの抗議行動見たらどんなに悲しいか。
人の気持ちを持っていたらわかる筈だ。

繰り返すが自衛隊に文句があるんなら政治家に言え!隊員には関係ない!


もうずいぶん前になるが自衛隊の方々の真摯な活動に心打たれたことがある。
それは忘れもしない1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災において、災害救助活動に汗を流された自衛隊員の姿。
そんな自衛隊員が災害救助活動を終え、神戸を離れるときの模様を記録した動画があったのでUPしておく。

自衛隊に偏見を持っている方はよく見てほしい。
ただ、物や作業だけではこんな別れの姿にはならないのだ!
心と心の、人と人との交流があるから別れを惜しむのだ!
イラクでもインド洋でも自衛隊の方々はこのような活動をされているのだ。
それでも自衛隊員に抗議しますか?



関連記事
崩壊の前日
[自衛隊に抗議するバカどもはこれを見ろ!]の続きを読む


最近の記事