文科省室長を大津に派遣

2012年07月15日 14:55

室長ら職員3人を派遣=大津の中2自殺-文科省 時事通信

 いじめを受けていた大津市の市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、文部科学省は13日、越直美市長からの要請を受け、郷治知道生徒指導室長ら職員3人を17日から同市に派遣すると発表した。

 期間は郷治室長が2日間で、他の2人は2週間程度。同市が立ち上げる第三者委員会の人選で助言したり、市教委の業務を支援したりする。(2012/07/13-23:19)

以上引用終わり

これは結構文科省もマジですね。

郷治知道生徒指導室長ら職員3人を17日から同市に派遣すると発表した。

室長というと一般企業ではただの中間管理職というイメージですが、中央省庁だとまるで違います。
一部上場企業の部長クラスと考えてもらっていいでしょう。

一つ上の課長になると、社長クラスといっても過言ではありません。
そのくらいの権限と責任があります。

郷治室長は警察から出向のキャリア官僚みたいだから、

 → 警察人事異動ノート
警察にもどれば『警視正』。こう書くと偉さが少しは分かりますね。

『警視正』は警察官僚の中で序列4番目の役職。
県警などに出向すれば本部長、警察署に出向すれば署長になります。

通常このクラスの人が一地方の案件に派遣される事はありませんから、
(一部上場企業本社の部長さんが、関連子会社の不祥事の調査に直接乗りこむ事がないのと同じ)
文科省はかなりこの事件を重要視していると言えます。

郷治室長が警察官僚であるということも意味がありそうです。

郷治室長が滞在するのは2日間とはいえ、この2日で何らかの中央の意向が伝えられるのは間違いないでしょう。
急転直下の動きがあるかもしれません。

全容解明、責任者追及が早まる事を期待しましょう。

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ 全容解明を!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[文科省室長を大津に派遣]の続きを読む
スポンサーサイト





最近の記事