習近平『なんで尖閣国有化なんかするんだよ…収拾がつかないじゃないか』

2013年01月29日 21:50

中国:習総書記「正当な権益の放棄ありえない」 毎日新聞

 【北京・成沢健一】中国共産党の習近平総書記は28日、政治局の学習会で演説し、「中華民族の復興」という目標の実現には平和な国際環境が必要との認識を示す一方、正当な権益や国家の核心的利益は犠牲にしないとの方針を明らかにした。権益や核心的利益について具体的には言及しなかったが、尖閣諸島や南シナ海などの問題で譲歩しない姿勢を強調した可能性もある。

 新華社通信が29日に伝えた。この中で習氏は「世界の歴史をみても武力による対外的な侵略や拡張は最終的に失敗している。世界の繁栄と安定は中国のチャンスであり、中国の発展は世界のチャンスでもある」と述べた。

 そのうえでわれわれは平和発展の道を堅持するが、正当な権益を放棄したり、国家の核心的利益を犠牲にしたりすることは絶対にあり得ない」と表明。さらに、「いかなる外国も、われわれが核心的利益で取引したり、主権や安全保障、発展の利益に損害を与える苦い結果を受け入れたりするといった期待をしてはならない」と指摘した。

以上引用終わり

いろんな方、向いてしゃべってるから支離滅裂になってるな。

「世界の歴史をみても武力による対外的な侵略や拡張は最終的に失敗している」

尖閣でも南沙諸島でも、現在進行形でやってますが。

>「われわれは平和発展の道を堅持するが、正当な権益を放棄したり、国家の核心的利益を犠牲にしたりすることは絶対にあり得ない」

平和と自分たちの主張を通すことは必ず矛盾するんだけど。

国内的に強い言葉を使いながら、しかしながら世論が沸騰しないようになだめる必要もあるし、対外的に譲歩しない姿勢も出さないといけないし、かといって、平和をないがしろにする国と思われるわけもいかない…

いろいろ大変だな(棒)

もうたぶん、中国共産党が持つか、国が持つか、そのきわどいバランスの中でかじ取りしないと行けない状態だろう。

だからこそ、中国共産党は必死だし、
昨日も書いたように本気なのだ。

きっと、習近平は
習近平

「なんで尖閣国有化なんかするんだよ…収拾がつかないじゃないか」って思ってる。
日本はうまくメンツだけ立ててあげる方策を考えた方がいい。

でないと冗談抜きで紛争になるよ。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ やばいぞ!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[習近平『なんで尖閣国有化なんかするんだよ…収拾がつかないじゃないか』]の続きを読む
スポンサーサイト



アメリカさん登場でへたれる中国

2012年09月22日 09:50

「平和的に解決」と習氏 尖閣念頭に呼び掛け「中国は永遠に覇権唱えない」 産經新聞

厚顔無恥
「中国ASEAN博覧会」の開幕式に出席する習近平国家副主席(中央)=21日、中国広西チワン族自治区南寧(共同)

 中国広西チワン族自治区南寧で21日、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の貿易や投資の拡大を目指す「中国ASEAN博覧会」が開幕し、習近平国家副主席は会場で開かれたフォーラムで「周辺国との領土や領海、海洋権益をめぐる争いを平和的に解決する」と述べた。国営中央テレビが伝えた。

 日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化後、中国指導部から対話を通じた解決を呼び掛ける発言が出たのは初めて。尖閣諸島をめぐる日本との対立やアジア諸国との南シナ海問題を念頭にしており、習氏は「中国は永遠に覇権を唱えない」とも述べた。

以下略

以上引用終わり

今回の暴動の首謀者がなんか言ってるぞ。

「周辺国との領土や領海、海洋権益をめぐる争いを平和的に解決する」

あれだけ暴動略奪があったら、すでに平和的じゃないわけだが。

もっともこの発言、中国の国営中央テレビの報道を引用しているわけだが、NHKによると、

「隣国との領土や領海、それに海洋権益を巡る争いは、友好的な話し合いを通じて平和的に解決するよう努力する

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120921/k10015198361000.html NHKより

国内向けには“努力する”って肝心の言葉が抜かされている。
実際にはただの努力目標なのにな。エライ違い。

「中国は永遠に覇権を唱えない」

南沙諸島や西沙諸島で中国の横暴に苦慮しているASEANの諸国も、この発言を「よくいうわ」と思って聞いただろうよ。
中共の指導者は、厚顔無恥でなきゃできないんだな。

「平和」や「覇権」という言葉も中国とほかの国では意味が違うみたいだ。

もっとも、アメさん出てきてへたれちゃっただけだけどねーーw
 → F22に実弾装備 県内で初搭載飛行か 琉球新報
 → 米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明 NHK

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ よく言うわ!、と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[アメリカさん登場でへたれる中国]の続きを読む

傍若無人な小沢

2009年12月15日 18:27

以下読売新聞より引用

小沢幹事長の記者会見発言…天皇会見問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091214-00000888-yom-pol
 民主党の小沢幹事長が14日夕の定例記者会見で、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見に関して述べた内容は以下の通り。

 ――皇室外交について、どのような考えを持っているか。

 【小沢氏】どういう意味?

 ――習副主席が来日したが、天皇陛下との会見が30日(1か月)ルールにのっとらない形で行われることになった。

 【小沢氏】30日ルールって誰が作ったの。知らないんだろ、君は。

 ――2005年に。

 【小沢氏】法律で決まっているわけでもなんでもないでしょ、そんなもの。それはそれとして、君は日本国憲法を読んでいるか。天皇の行為は何て書いてある。それはどういう風に書いてある、憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。だから、何とかという宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだけれども、全く日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。ちょっと私には信じられない。しかも内閣の一部局じゃないですか、政府の。一部局の一役人が内閣の方針、内閣の決定したことについて会見して、方針をどうだこうだと言うのは、日本国憲法の精神、理念を理解していない。民主主義を理解していないと同時に、もしどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ。当たり前でしょう。役人だもん。そうでしょう。だからマスコミがそういうところを全然理解せずに、役人の言う通りの発言を報道ばっかりしていてはいけません。ちゃんとよく憲法を読んで。そして、天皇陛下のお体がすぐれないと、体調がすぐれないというのならば、それよりも優位性の低い行事を、お休みになればいいことじゃないですか。そうでしょ、わかった?

 ――天皇陛下の健康上の問題にかかわらなければ、1か月ルールはよろしいとの認識か。

 【小沢氏】1か月ルールというのは、誰が作ったんですか、というんですよ。

 ――なくてもいいものだと。

 【小沢氏】なくてもいいものじゃない。それ、誰が作ったか調べてからもう一度質問しなさい。私は、何でもかんでもいいと言っているんじゃないんだよ。ルールを無視していいと言っているんじゃないよ。宮内庁の役人が作ったから、金科玉条で絶対だなんて、そんなばかな話あるかっていうことなんですよ。天皇陛下ご自身に聞いてみたら、手違いで遅れたかもしれないけれども、会いましょうと、必ずそうおっしゃると思うよ。わかった?

 ――小沢幹事長が平野官房長官に、習副主席と天皇陛下の会見を要請したと報道されている。事実関係はどうか。また、天皇陛下の政治利用だという議論が起こっているが、どう考えるか。

 【小沢氏】君も少し、憲法をもう一度読み直しなさい。今、説明したじゃないですか。天皇陛下の国事行為、行動は、国民の代表である内閣、政府の助言と承認で行うことなんですよ。それじゃ、国事行為は全部、政治利用になっちゃうじゃない。諸君の理解がまったくおかしいんだよ、マスコミの。そうでしょ。何をするにしたって、天皇陛下は内閣の助言と承認でと、それは憲法にちゃんと書いてあるでしょうが。それを政治利用だといわれたら、天皇陛下は何もできないじゃない。じゃあ、内閣に何も助言も承認も求めないで、天皇陛下個人で行うの? そうじゃないでしょう。

 ――平野官房長官に要請したかどうかの事実関係だけ教えてほしい。

 【小沢氏】事実関係だけというなら、先の質問は勉強してから聞きなさい、もう少し。さっきも言ったけど、政府の決めることですから、私が、習副主席と天皇陛下を会見させるべきだとか、させるべきでないとかというようなことを言った事実はありません。

以下略

以上引用終り

記者や官僚を恫喝するような態度のやつが、“民主主義”語るとは片腹痛い。
言論を封殺しようとする民主主義w

君は日本国憲法を読んでいるか。天皇の行為は何て書いてある。それはどういう風に書いてある、憲法に。国事行為は、内閣の助言と承認で行われるんだよ。天皇陛下の行為は、国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだよ、すべて。それが日本国憲法の理念であり、本旨なんだ。だから、何とかという宮内庁の役人がどうだこうだ言ったそうだけれども、全く日本国憲法、民主主義というものを理解していない人間の発言としか思えない。ちょっと私には信じられない。

天皇陛下の国事行為、行動は、国民の代表である内閣、政府の助言と承認で行うことなんですよ。それじゃ、国事行為は全部、政治利用になっちゃうじゃない。

もし、内閣の助言と承認さえあればよい、といいうことになれば、相手国との外交上のかけひきのために、会ったり会わなかったりしても良いことになる。
陛下のご活動に政治性を帯びさせないように細心の注意を払うことこそが内閣の使命であり、日本における民主主義の根幹ではないのか?

陛下がお会いになられるかどうかは、ご体調とご予定を踏まえ、ルールに則って、ご面会を希望される日時にご都合がつくならお会いし、先約や他のご公務がお有りになるようならお断りする、それぐらいの透明性と公平さが必要なのだ。

天皇陛下ご自身に聞いてみたら、手違いで遅れたかもしれないけれども、会いましょうと、必ずそうおっしゃると思うよ。

陛下がそのように仰るのは至極当然だ。
その陛下のお気持ちを汲み取り、陛下にご負担がかからないようにするのが内閣の務めだろう。
そのためのルールの一つが“1ヶ月ルール”なのだ。
誰が作ったかは問題ではなく、そのルールに則って5年間以上も適用されてきている事実が重要だ。
もしそのルールが適さないと言うなら、なんら懸案のない平時に変更するのが筋と言うものだ。
横紙破りを行っておいて、ルールを誰が作ったとか、陛下はこう仰るとか、話のすり替えでしかない。

官僚が作ったルールなら従う必要はないとか、どうもこの人は政治と官僚のあり方を勘違いをしている。
政治主導と言うのは政治家が大方針を示すことであって(この場合は陛下にご負担をかけない等)、官僚の行ったことを無視したり、否定したりすることが政治主導ではない。
政治家は大方針を決め、その方針に従って細目を詰めて運用して行くのが官僚の仕事。

最もそんなことすら考えてなく、ただ自分の行為を官僚に否定されたことにファビョてるだけのような気がするが…
ああ、なにもいってないんだっけ?内閣には。
なのになんでそんなに怒ってんの?関係ないのにw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



陛下を政治利用×3

2009年12月14日 14:10

以下時事通信より引用

「判断間違っていない」=天皇特例会見-鳩山首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091214-00000034-jij-pol

 鳩山由紀夫首相は14日午前、中国の習近平国家副主席と天皇陛下の会見を特例扱いで実現するよう宮内庁に要請したことについて「日中関係をさらに未来的に発展させるために大変意味がある。私の判断は間違っていなかったと思っている」と強調した。
 さらに「しゃくし定規に考えるよりも、本当に大事な方であれば、当然天皇陛下のお体が一番だが、その中でお会いになっていただく」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。(2009/12/14-10:37)

以上引用終り

なんにもわかってないな、こいつ…

「しゃくし定規に考えるよりも、本当に大事な方であれば、当然天皇陛下のお体が一番だが、その中でお会いになっていただく」

「本当に大事な方」ってそういう優劣をつけることがそもそも皇室外交になじまないの!
皇室にとってはすべての方が大事な方なの!


「その中でお会いになっていただく」っていつから命令できるようになったんだ、おい!
形式的とは言え、お前は陛下に任命されているんだぞ!立場をわきまえろ!

知識も見識もなく、ただメンツだけは一人前、だからこんな話ばっかりなんだよ!
ガキに政治は無理だ。


人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



陛下を政治利用

2009年12月12日 14:28

以下読売新聞より引用

天皇陛下と中国副主席14日会見…宮内庁懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091211-00001198-yom-soci

 政府は11日、中国の習近平国家副主席が14日に来日し、天皇陛下や鳩山首相と会談すると発表した。


 陛下と外国要人との会見は1か月前までに申請を受け付けるという政府内の慣行を外れた特例的措置で、「日中関係は政治的に重要」とする鳩山首相の指示に基づき、最終的に宮内庁が受け入れた。

 同庁の羽毛田信吾長官は11日午後、記者団に対し、「憲法下の陛下の基本的なあり方にもかかわる」と、天皇の政治利用の観点から懸念を表明した。

 羽毛田長官によると、宮内庁が中国政府からの会見要請を外務省を通じて受け取ったのは11月26日。同庁は「ルール(慣行)に照らして応じかねる」と回答したが、平野官房長官が12月7日、羽毛田長官に電話で特例扱いを要請。羽毛田長官が断ると、10日夕に「総理の指示だ」と再度、電話で指示したという。

 羽毛田長官は記者団に、「陛下の国際親善活動は、国の大小や政治的重要性とは別次元で行われてきた。(特例扱いは)二度とあってほしくない」と述べた。

 この慣行は、多忙な陛下の日程調整や健康面に配慮し、1か月を切った会見要請は受けないよう、陛下が前立腺がんの摘出手術を受けた翌年の2004年以降、本格的に運用されてきた。

 天皇の政治利用との批判が出ていることについて、鳩山首相は11日夜、首相官邸で記者団に対し、「1か月ルールは知っていたが、しゃくし定規なことが、諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか。諸外国と日本の関係をより好転させるための話だから、政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題ないとの考えを強調した。

 首相周辺は、この会見を巡り、民主党の小沢幹事長から首相官邸に要請があったことを明らかにした。

(2009年12月11日21時27分 読売新聞)

以上引用終り

たぶん“政治利用”って意味も“ルール”って意味も全然わかってないな。

「1か月ルールは知っていたが、しゃくし定規なことが、諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか。諸外国と日本の関係をより好転させるための話だから、政治利用という言葉は当たらない」

「諸外国」とかいって話を拡散させているけど中国じゃん。

「日中関係は政治的に重要」とする鳩山首相の指示

政治的に重要って理由のくせに政治的利用じゃないって、日本語の勉強からやり直せ!

「陛下の国際親善活動は、国の大小や政治的重要性とは別次元で行われてきた。(特例扱いは)二度とあってほしくない」

大国だろうが小国だろうが平等に対応すること。
皇室の品格を保つためには大変重要なことだ。
だからルールに則って厳格に対応しなければならない。

1ヶ月ルールに問題があると思うなら、どこからも要請が来ていない段階で修正されるべきだ。
ゴリ押しされたあとで問題があると言っても、なんの説得力もない。
ルールと言うものは試合中には変わらないものだろう?
もし試合中に変えたら、その競技の価値は失われる。
この場合、競技=皇室ということになるんだぞ。

中国側が納得せず、「習副主席訪日の成否がかかっている」として、なおも陛下との会見を要求した。民主党の小沢一郎幹事長が鳩山首相に会見の実現を働きかけ、首相が平野博文官房長官に会見を実現できないかの検討を指示したという。

ソース http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091212/imp0912120257001-n1.htm 産経新聞

中国にゴリ押しされ、それを受け入れた前例を作ったことは、皇室の品位を汚されたことになる。
天安門事件後、陛下が訪中されそれを中国の国際社会復帰に利用されたことに続く大失策だ。

また今後の外交を考えても押されれば受け入れる国だと見透かされ、大きなマイナスになるだろう。

ルールを尊重し合える同士しか、親善なんてできやしない。
ルールを蔑ろにする野蛮人には陛下に会う資格などない。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事