厚顔無恥の翁長知事

2015年09月25日 21:37

20150925翁長

昨日の続きのような感じだが、

辺野古「あらゆる手段で止める」 翁長知事が国連演説 TBS

 沖縄県の翁長知事はスイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説し、普天間基地の名護市辺野古への移設について「あらゆる手段で止める覚悟だ」と訴えました。

 「私はあらゆる手段を使って新基地建設を止める覚悟です」(沖縄県 翁長雄志知事)


この言葉に重要なキーワードがある。
それは「新基地」だ。

それを説明するためには、まずこの話をしなければならない。
沖縄の基地問題について沖縄以外ではほとんど報道されていない、沖縄軍港の浦添移設問題である。

移設反対を公約として当選した浦添市長が移設容認にまわり、移設計画が動き始めたのだが、

 → 那覇軍港の浦添移設 反対公約の市長が受け入れを表明 産経新聞

この件で翁長知事は浦添市長との面談要請を逃げまくり、可否の言動を避けている。

 市議会3月定例会では翁長雄志知事や城間幹子那覇市長を挙げて「重要な2人の意見をしっかり確認しないと決断は大変難しい」と答弁、軍港の受け入れ判断を保留。2人との面談日程が取れないまま、容認に踏み切る形になる。

 沖縄タイムズ

その結果、浦添市長は責任を背負い込まされ、容認に方針変更した。

辺野古ではジュネーブまでわざわざ出かけて反対運動を行う翁長知事が、なぜ那覇軍港には触れないのか?
それは、浦添移設が単に移設であり、「新基地」ではないから、という理屈なのだ。

一方の辺野古は普天間基地の移設のはずだが、翁長知事の理屈ではこちらは「新基地」となる。

一体何が違うというのか?

浦添埠頭はもともと既存の牧補給施設に付随するものであり、“新たな”基地ではない、という理屈のようだが、それを言えば辺野古だってキャンプ・シュワブの沿岸である。
一方を新基地で一方は移設というのは言葉の遊びでしかない。

実は翁長知事にとって、浦添移設は反対できない事情があるのだ。

知事は知事になる前、那覇市長時代に、那覇市にある那覇軍港の移設をすすめた経緯がある。
那覇市にとっては軍港が移設され、沖縄でもっとも良い港である那覇港を使えるようになるのだから、願ったり叶ったりの話だった。

立場変わって知事となった時、市長として進めてきた那覇軍港の移設にはほおかむりをするしかないのだろう。

辺野古の埋立面積は160ヘクタール、浦添埠頭は300ヘクタール。
どう見ても大規模な基地建設は浦添埠頭の方だ。

沖縄のためのような言い方をして辺野古に反対している知事の本音が、自己都合で変わるような身勝手な内容であることは明らかだ。

もともと自民党の沖縄県連幹事長を務め、基地を容認してきたにもかかわらず、知事になるために変節した厚顔無恥の翁長知事にとって、この程度のことは造作も無いだろう。

このような男に騙されてはいけない。
利に釣られれば、敵にも尾っぽをふるような男だ。
そしてすでに振っている。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


沖縄の不都合な真実(新潮新書)



高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
[厚顔無恥の翁長知事]の続きを読む
スポンサーサイト



翁長沖縄知事ジュネーブで無視される

2015年09月23日 19:06

20150923翁

欧米メディア、翁長知事演説の報道目立たず 沖縄タイムズ

【平安名純代・米国特約記者】翁長雄志知事がスイス・ジュネーブの国連人権理事会で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対と米軍基地の過剰集中を訴えたことについて、欧米メディアはほとんど報じず、関心の低さが目立った。地元メディアをはじめ、国内主要紙なども大きく報じた日本とは捉えられ方が大きく異なり、県の発信能力も問われそうだ。

 インディア・ドット・コム(電子版)は22日、NHKニュースの報道を引用し、「翁長氏は沖縄の人々は、人権をないがしろにされていると訴えた」などと述べ、翁長氏が地元の意向を無視する日本政府を批判したなどと報道。これを受け、日本政府代表部が「沖縄の基地負担軽減に最大限取り組んでいる。普天間基地の辺野古への移設は、危険性の除去を実現する唯一の解決策だ」などと反論したと報じた。

以上引用終わり

税金使って何をやっているのか(呆)



翁長雄志知事がスイス・ジュネーブの国連人権理事会で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対と米軍基地の過剰集中を訴えたことについて、欧米メディアはほとんど報じず、関心の低さが目立った。

そりゃあそうだろ。
辺野古がどうしたなんてミクロな話題出されても。

「翁長氏は沖縄の人々は、人権をないがしろにされていると訴えた」

もっと深刻な人権侵害が数多くあるというのに、基地がそばにあるとかいうそんな理由で人権をないがしろにされている!って言われてもね。

もっともあんたの英語じゃ、何を言っているのか聞き取れる人はいないだろうけどねーw
恥の上塗り。沖縄の方言でしゃべるくらいの演出の方が、まだマシかもね~


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ なにやってんだか、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


シヤチハタ ネーム9 既製 翁長

新品価格
¥700から
(2015/9/23 18:59時点)



高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」
[翁長沖縄知事ジュネーブで無視される]の続きを読む

鳩山 辺野古移設反対の知事を激励

2015年02月22日 20:08

鳩山元首相が沖縄県庁訪問 辺野古移設反対の知事を激励 朝日新聞

20150222鳩山沖縄入り

 首相時代に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題をめぐって迷走した鳩山由紀夫氏が20日、沖縄県庁で同県の翁長(おなが)雄志知事と会談した。県外移設を断念して政権の座を降りた鳩山氏だが、この日は「辺野古阻止」を掲げる翁長氏を激励した。

 首相退陣後、鳩山氏が沖縄県知事と会うのは初めてといい、県庁の知事室入り口で「懐かしいな」。非公開の会談後、鳩山氏は取材に「首相時代にできなかったこと(県外移設)を、沖縄の民意を大事にしてやりたい」と話した。鳩山氏によると、会談で翁長氏は、辺野古移設阻止に向けて「不退転の気持ちだ」と応じたという。

 鳩山氏については、基地問題をめぐって本土と沖縄の溝を深めたという指摘がある半面、沖縄では「普天間問題に光を当てた」と再評価する声もある。

以下略

以上引用終わり

諸悪の根源がどの面下げてっていう感想しかないわ。

県外移設を断念して政権の座を降りた鳩山氏だが、この日は「辺野古阻止」を掲げる翁長氏を激励した。

故橋本龍太郎元総理を初めとして、多くの方の努力で、危険な普天間基地を辺野古沖に移転させることで話がまとまっていた
故橋本元総理と沖縄の逸話 2011年01月02日のエントリー)のに、このバカが
 ↓
「最低でも県外(キリッ)」とかいって沖縄の人々に期待を持たせ
 ↓
「腹案がある」といって期待をつなぎ
 ↓
結局県外移設を断念して辺野古に戻した。

これが鳩山のやったこと。

沖縄では「普天間問題に光を当てた」と再評価する声もある。

確かに沖縄ではそういう評価もあるようだ。

しかし全体的に考えれば、話を引っ掻きまわして結局なにも解決できなかっただけ。
関係者にしこりを残して自分だけ退散した大馬鹿野郎だ。

腹案があるという発言も、後で自らネタばらししている ↓

何も考えていないんじゃないか」と言われるから、「腹案がある」と言ったんだけどね。もうこれ以上、普天間の話はしなくていいでしょう。役人とは一 切、相談しないでやろうとしていましたからね。

日経ビジネス ※ 現在は有料ページ

まさに「最低でも基地外
日本には住めないレベル。


人気ブログランキングへ ひどすぎ!と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ






[鳩山 辺野古移設反対の知事を激励]の続きを読む

中共の手先になった翁長沖縄知事

2015年01月18日 21:39

20150118翁長

沖縄県の翁長知事が閣僚などに面談できていないことを、さも政権側に非があるようにメディアが騒ぎたてている。

 → <社説>翁長知事面談日程 安倍政権は逃げず対応を 琉球新報
 → 翁長知事、政府と面談未定 異例の事態 沖縄タイムズ
 → 【沖縄冷遇】政府は対話のドアを開け 高知新聞

今朝のサンデーモーニングでも「安部首相は大人げない」など、批判を繰り返していた。
では一方の当事者、翁長知事とはいかなる人物なのか、メディアはそれを報じない。

翁長知事は那覇市議から沖縄県議、那覇市長を歴任した、自民党所属の政治家だった。
仲井真前沖縄知事の選挙の際には選対本部長を務めたほどの立場だったのだ。

それが今回の知事選挙では一転、自民党を離党し反基地で知事選に打って出てきたのである。
これが裏切りでなくてなんであろう。

しかも、その翁長候補を社民党や共産党、沖縄社会大衆党と言った極左政党が一斉に支持したのだ。
ほん数か月前まで自民党だった人をである。
ここに何か裏があると思わざるを得ないような変わり身の早さだ。

まあここまでは政治の世界ではよくあること、としてもいいだろう。
しかし、これだけではない。

翁長氏は那覇市長時代の2005年、姉妹都市である中国・福州市から名誉市民賞を送られている。

広報

先日、福州市から「栄誉市民」の表彰を受けましたが、何かものすごい歓迎を受けたと聞きました。そこで、まず、具体的にどのようなことで、表彰を受けたのか、と、中国式と言うのでしょうか、その歓迎ぶりについて、少しお話しをしていただけますか?

市長

私が名誉市民の表彰を受けたのは、上山中学校と福州市の外語学校との交流を行なうなど、市民の方々、それから歴代の市長を始め、職員が一生懸命、福州市とこれまで交流を続けていただいたことでの表彰であり、那覇市の代表ということで受け取って参りました。

その歓迎については、お国柄といいましょうか、すべての道路を交通規制して、厳重に警備されながらパトカーに先導され、ノンストップで案内してくださいました。また、夜には中国共産党のトップの方々、福州市長を始めトップの方々と、私たち那覇市から六名が参加し晩餐会が催され、たいへん感激をしまして、最後はカチャーシーをして終わりました(笑)。

ただ、びっくりしたのが、翌日からフリーになるのかな?と思ったら、ショッピングなどの個人的な時間が若干あったのですが、この若干にもパトカーが付いて来て、ほんの二時間ほど福州の街を自由に歩きたいと思っていたのですが、ぴったりと中国の警官と職員が尾行して、僕が選んだお土産にもジッと見ているので、「僕はここを動かないから、少し離れてください」とお願いをしたのですが、五メートル以上は離れず、またジッと見ていましてね。たいへん戸惑いました(笑)。

このような歓迎は、たいへんありがたいのですが、しかし今度は福州市からおいでになられた場合は、あのような歓迎は日本の体制ではできないので、引け目を感じますね。渋滞する国際通りを通行止めにしたり、車が通ると同時にパレット前の掲示板で「歓迎!福州市長」と歓迎したり、まず無理ですよね(笑)。

今回の出張では、福建省の博物館の一つのコーナーにある、琉球の人の名前が彫られたお墓を見て、先人たちが築いてきた福州市と那覇市の長い交流をあらためて感じることができました。

今後も交流の輪をしっかり受け継ぎ広げていこうと決意を固めた授章式でした。

市長室 web出張所

一市長にこれだけの歓迎をするわけがない。
中国に意図があるからこその大歓迎ということは、子供でもわかる。
夜も大歓迎を受けた事でしょう(意味深)

この時から翁長氏は中国に取り込まれたのである。

これを受けてか、翁長氏は那覇市に「龍柱」を建てようという計画を進めはじめる。

20150118龍柱

 龍柱は現在、デザインを基に中国で現地の花こう岩(御影石)を使用して作製している。3月末までに沖縄に移送される計画だ。龍柱は高さ15メートルで、1体を12ブロックに分けて作業している。
 4月以降、若狭緑地で地盤を掘るなどの設置作業を進め、年内完成を目指す。
 龍柱は一括交付金を活用し2億5400万円で整備する。2011年に那覇市が福州市と友好都市締結30周年を迎えたことを記念したもので、市はシンガポールのマーライオンのような観光の象徴として活用する意向だ。
 龍柱については一部市民らから「公金の無駄遣いではないか」などの批判の声も出ている。

琉球新報

龍柱は中国を象徴するものであり、それが建つ土地は支那のものといってもいい代物だ。
それを中国の会社でわざわざ制作し、交付金で建てようというのだ。

ありえない。

今回翁長知事が上京したのも交付金関連の話もある。

そして選挙の時の冒頭の写真、翁長氏は中国共産党友の会からも支持を受けていたのである。

ここまでくれば分かると思う。
翁長氏は中国共産党の手先として、沖縄の中国化を成し遂げる為に知事になったのだ。
それを支援した共産党や社民党などは、同じ穴のむじなである。

こんな知事に政府が会って助力するわけがない。
今の沖縄知事と政府は、中共と日本の代理戦争をやっているようなものなのだから。

知事に会わない政府を能天気に批判している日本のメディアも、中共に毒されている。

我々は心しなければならない。
中共の侵略は、日本の首長を取っ込むまでになっているということを。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ひどすぎ(怒)と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ
[中共の手先になった翁長沖縄知事]の続きを読む


最近の記事