[台湾]11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」

2012年01月02日 11:39

11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」=台湾 サーチナ

  台湾の華視新聞とYAHOO奇摩が共同で行った調査によると、2011年の最高に幸福な出来事の第1位が、東日本大震災に対する台湾からの義援金額が世界でもっとも多かったことだった。第2位は王健民選手がメジャーリーグで大復活を遂げたこと、第3位は映画Seediq Bale (セデックバレ)が海外で注目されたことだった。台湾の華視新聞が12月31日付で報じた。

  日本の東日本大震災に対し、台湾人は大きな愛を示し、寄せられた義援金額も世界でもっとも多かった。記事では、台湾に感謝を伝えるため多くの日本人が台湾を訪れ、なかには海を泳いで感謝を伝えに来た人もいたことに言及。

  記事は「台湾人にとって2011年でもっとも幸福な出来事で1位になったのが、『台湾人の愛』であり、受けるよりも与える方が幸福ということで、この愛が台湾人を幸福にさせたのだ」とした。

  第2位が、台湾の光とも言われる背番号40を付けた王健民選手がメジャーリーグで再び見ることができたことで、420票を獲得した。野球ファンは昨年、メジャーリーグに彼が戻ってくるのを心待ちにしていたが、王健民選手はその期待を裏切ることはなかった。見捨てないことも一種の幸福であり、王健民の復活は台湾の野球ファンの自信をも復活させたと述べている。

  第3位は、台湾映画の復活で、374票を獲得。日本統治下で起きた霧社事件を描いた映画Seediq Bale (セデックバレ)が国際的に名を挙げた。この映画はすべてMADE IN TAIWANで、これが台湾の誇りであり、昨年の台湾の幸福な出来事だと結んでいる。(編集担当:及川源十郎)

以上引用終わり

自分が直接喜びを得たことではないことを、年間の幸福なこと第一位に選ぶとは驚き。
台湾の人々の高尚な人格を表している。

本当にありがとう、謝謝台湾。

第2位が王建民選手の復活で、第3位が台湾映画Seediq Bale(セデックバレ)の成功。
こうして並べてみると、台湾という国を世界に知らしめたことが台湾の人々を幸福にさせるとわかる。

日本人ができることは、台湾を台湾として尊重し、認め、一国として遇すこと。
それが最大の恩返しになる。

それによって台湾の人々が幸福になることが、日本人の幸せになる。そんな関係を続けていけたら素晴らしい。

もう一度、謝謝台湾!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 謝謝台湾!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[[台湾]11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」 ]の続きを読む
スポンサーサイト



永遠の属国がなんか言ってますw

2011年04月09日 13:35

【世説】日本は永遠の小国になろうとするのか 中央日報(韓国紙)

日本は中世以前まで生活の技術も粗末で、地方政府に対する統制もまともにされない国だったで。朝鮮時代にわれわれが日本を倭と呼んで見下した理由は、朱子学を中心に高度な精神文化を成し遂げたわれわれの立場からは正しい衣服さえ着ておらず、ふんどしひとつで略奪を日常的に行う対馬の海賊がそのまま日本のイメージだったためだった。

しかし近代に入ると状況が変わった。海上輸送が発達し、欧州の文物がインド洋と太平洋を越え直接日本に流入し、新文物に渇望した日本は欧州の武器と制度を受け入れ急成長した。それまで文化は大陸から半島を経てわれわれが日本に伝授する立場だったが、逆に海を通って新しい文物が流入するとは想像できなかったため、これらの変化を眺める衝撃は大きかった。

現代になり日本は新しいインテリに華麗に変貌した。アジアで無視されていたのをひっくり返そうとするような彼らの成長はまぶしかった。しかし精神的基盤もなく刀と金を握ったインテリの力は言葉どおり災難だった。「大東亜戦争」という美名の下で行われた惨憺たる戦争はアジアの多くの人々にぬぐうことのできない痛みを抱かせた。精神文化が土台となっていない物質文明がどれだけ危険なことかをよく示している惨劇だった。

この結果に対して日本だけを恨むものではない。われわれは過去の一時期、遠慮なく日本を無視し蔑視した。その結果長い間の劣等感が醸し出した日本の大国指向的帝国主義はわれわれにブーメランとなって返ってきたのだ。だが、今回の東日本大震災に続くわれわれの態度は、長時間積み重ねられたわれわれの精神文化が光を放つ契機となった。隣国に広がった惨憺とした現実に旧怨を越えてわれわれが見せた患難相恤の精神は自分たちが見ても満足だった。

しかしわれわれの心とは別に日本の態度は相変らず残念なものだ。代表的なものが領土問題だ。心が痛くて凄然とするほどだ。この数世紀の間、東洋の精神文化に対する疎外が彼らにこんなにまで作用しているのかと思う。独島(トクト、日本名・竹島)がいくらほしくても、隣人の心を得ることほどの価値があるとは考えられない。「領土を得るのはその土地分だけの利益だが、隣人の心を得るのは無尽蔵な時間の利益」という点を忠告したい。

以上引用終わり

こんなに突込みどころ満載のアタマの悪い記事はなかなかないな。

とりあえず「だったで」直しとけよw

朱子学を中心に高度な精神文化を成し遂げたわれわれの立場

貸し出し自由の本や自転車が全部なくなったりする精神文化がなんだってwwwww
→ 韓国の民度
→ 韓国の民度2

われわれは過去の一時期、遠慮なく日本を無視し蔑視した。その結果長い間の劣等感が醸し出した日本の大国指向的帝国主義はわれわれにブーメランとなって返ってきたのだ。

いやいやいやw
別に劣等感持ってないし、それどころか蔑視されてるの知らないし興味もないしw

隣国に広がった惨憺とした現実に旧怨を越えてわれわれが見せた患難相恤の精神は自分たちが見ても満足だった。

すごい自己満足だなwww
これがホルホルかw

でも義援金は竹島に使うそうだけど、それでもOKなんですかー?w
→ 竹島問題に抗議、韓国が震災募金を中止・返還・用途変更へ サーチナ

代表的なものが領土問題だ。心が痛くて凄然とするほどだ。この数世紀の間、東洋の精神文化に対する疎外が彼らにこんなにまで作用しているのかと思う。

お前らの考えが、痛くて凄然とするわ。

だから別に疎外されてるとか何にも思ってないから。

総じて自分たちが日本人の中で一定(あるいはかなり)のウエートを占めているという前提で書かれているんだけど、あの~ぜんっぜん、興味も関心も影響もないので

近代日本が世界に伸びようとするとき、傍らに中世からうずくまっている属国があった。
そこを列強に押さえられたら地政的に命取りになりかねない。
だから関わっただけ。

そうしたら今まで絡まれ続けている。

もうそろそろ中国さん、交替してくれませんかね~w

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ こっち見んな!と思う方はクリックを!
[永遠の属国がなんか言ってますw]の続きを読む


最近の記事