殺人は絞首刑より残虐

2011年10月13日 12:59

「絞首刑は残虐」 元検事の土本名誉教授証言 産経新聞
2011.10.12 12:42

 大阪市此花区のパチンコ店放火殺人事件で、殺人などの罪に問われた高見素直被告(43)の裁判員裁判の第12回公判が12日、大阪地裁(和田真裁判長)で開かれた。「絞首刑は残虐な刑罰を禁じた憲法に違反する」と主張する弁護側の証人として、元最高検検事の土本武司・筑波大名誉教授が出廷。死刑執行に立ち会った経験を踏まえ、「(絞首刑は)正視に堪えない。限りなく残虐に近いものだ」と証言した。

 刑事訴訟法は「死刑は検察官などの立ち会いの上で執行しなければならない」と定めており、土本教授は東京高検検事時代に執行に立ち会った経験がある。

 土本教授は死刑制度そのものは「憲法は、法律によればどんな刑罰も科せるとしている」と肯定。ただ、「残虐でないことを担保するような方法でなければならない。その検討がこれまで不十分だった」と指摘した。また、自らが求刑した死刑囚と文通を重ねるうち、「改心していく彼を刑場に送っていいのかという気持ちになった」と振り返った。

以下略

以上引用終わり

「借金がかさみ返すあてがなく、むしゃくしゃしてやった」
こんな動機でパチンコ店に放火し、5人を殺した犯人に、死刑の方法が残虐だと弁護するなんて、正気の沙汰とは思われない。

亡くなった5人は、殺される理由もなく、面識すらないやつに殺されたんだよ。
燃え盛る火の中で、苦しかったろう。
悔しかったろう、悲しかったろう。


現場の様子
火災で焼け落ちたパチンコ店の店内=大阪市此花区で2009年7月5日午後5時16分

絞首刑は残虐だろう。人を殺すことに残虐じゃないものなんてない。

それでも、理由もわからず、火の中で生命を落とした被害者に比べれば、どれだけ恵まれていることか。
「人を殺めて死刑になる」という殺される理由が本人にわかっているだけで、被害者に比べれば何百倍もマシだ。

いい加減、加害者じゃなくて被害者の方を向いたらどうなんだ?
こんな話を法廷で聞かされる遺族の身にもなってみろ!

絞首刑の死刑の方法としての是非は、法廷ではなくほかで論ずるべきだ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ひどい話だ!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[殺人は絞首刑より残虐]の続きを読む
スポンサーサイト





最近の記事