『マスゴミ』どころか『カスゴミ』

2013年08月21日 12:59

牧太郎の大きな声では言えないが…:「マスゴミ」 毎日新聞

 高度成長の1960年代、田宮二郎主演の大映映画“犬シリーズ”がヒットした。「宿無し犬」「喧嘩(けんか)犬」「ごろつき犬」……と全9作。すべて見た。

 田宮が演ずる「女より拳銃が好きな殺し屋」鴨井大介が、悪党どもをバンバーンと撃ち殺し、最後は刑務所行き……。たわいの無いストーリーだが、田宮がカーク・ダグラスが映画「星のない男」で見せた「華麗なガンスピン(銃回し)」を披露して、話題になった。

 ヒットの秘密は……田宮のニヒルで、でも、妙に明るいキャラ。それに勧善懲悪の筋書き。今、話題の高視聴率ドラマ「半沢直樹」に通じるものがあった。

 第7作の「野良犬」(1966年)。理不尽な記者連中を前に、主人公・鴨井大介が「お前らマスコミやない、マスゴミや!」と激怒するシーンがあった。

 マスゴミ?

 「マスコミ」と「ゴミ」を掛け合わせた蔑称。正義のヒットマンにとって、記者連中は「ゴミ以下の存在」という設定だった。

 フィクションと知りながらも、当時、大学の新聞学科に在籍、記者志望だった僕には「マスゴミ」はちょっぴり刺激的なセリフだった。

 ご存じだと思うが、ここ数年「マスゴミ」は、新聞、テレビをネットで批判する人が好んで使う「ネットスラング」になっている。

 ネット時代で市民権を得た「新しい言葉」と思うが、40年以上前の活劇に「マスゴミ」というセリフを使ったのは誰? その意図は? 興味がある。

 “犬シリーズ”の原案・脚色は人気番組「11PM」の司会も務めた直木賞作家、藤本義一さん。テレビの舞台裏を知る彼の造語だったのか?

 あるいは、当時から「マスゴミ」はテレビ業界の隠語だったのか?

 僕にとっては嫌な言葉だが……「これはゴミじゃないか!」とつい思いたくなることもないではない。

 空港で、自宅前で、楽屋口で、渦中の人物を取り囲み「マスコミの人々」が次々に投げかける、あの言葉。

 「ひとこと、お願いできませんかーっ?」

 相手が答えるわけもないのに……このバカ質問に僕は「マスゴミの悲哀」を感じてならないのだ。(専門編集委員)

以上引用終わり

この恐るべきズレっぷり。
まさに「マスゴミ」

語源やルーツ、「マスコミの悲哀」なんてどうでもいいんだよ。
ゴミのような価値しかないと思われている現状について語れよ。

問題をぼかすようなコラム載せてたら、
「カスゴミ」に名前が変わるぞw
もう変わってるかw


20130821カスゴミ
野良犬 [VHS]

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい!と思った方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[『マスゴミ』どころか『カスゴミ』]の続きを読む
スポンサーサイト



毎日のくだらないコラム

2013年04月10日 15:50

牧太郎の大きな声では言えないが…:我が家は映画館? 毎日新聞

 映画館が好きだ。古びた映画館の“たたずまい”が好きだった。

 上映途中に客席の暗闇に潜り込み、手探りで「空いた席」を探す。やがてジ・エンド。場内が明るくなると……明治・大正の“意匠”が目に飛び込んでくる。例えば……天井が幾何学模様だったり、アーチ型の窓、丸柱が幾つも並んでいたり……和洋折衷の“たたずまい”が映画の余韻を醸し出す。

 昔の話で恐縮だが、昭和40年代、新潟支局勤務の駆け出し記者時代、休みが取れると列車に乗って高田駅近くの「高田大映」に通った。古びた映画館だった。

 明治44(1911)年、芝居小屋「高田座」として建てられ、当時の新聞に「ルネサンス式白亜の劇場」と称賛された超一流の建物。開業5年の大正5(1916)年、常設映画館「世界館」になり、その後「高田東宝劇画劇場」「高田セントラルシネマ」「松竹館」「高田大映」と名前を変え、映画不況を乗り越えてきた。

 東京本社勤務になって一度だけ見に行ってみたら「高田日活」と看板を変え、ロマンポルノを上映していた。

 その「豪雪地の映画館」も老朽化が進み、平成19(2007)年に「常設映画館」としては廃業。今は「街なか映画館再生委員会」という市民有志が自主映画、コンサート、寄席の発信基地にしているらしい。

 映画の殿堂・東京浅草六区も常設映画館ゼロになった。

 寂しい。が、映画館に行く必要もなくなった。最近はDVD、ブルーレイディスクで十分なのだ。


 友人がとりためてくれた韓流ドラマ。ともかく面白い。出生の秘密、復讐(ふくしゅう)、記憶喪失……いつも、同じような筋書きだが面白い。

 しかも「安上がり」である。


 韓国の制作会社は国内市場だけでは生きていけない。海外に活路を求め、放送番組の2次利用の著作権を低価格に抑えている。

 「自社制作の番組を再放送するより、韓国のドラマの方が安上がり」と日本のテレビ関係者は明かす。

 韓流が“映画館文化”を崩す。


 名作「冬のソナタ」が日本で放送されてから10年。いつの間にか、我が家は映画館になってしまった。(専門編集委員)

以上引用終わり

なにこれ、日記帳にでも書いてろよこんなの。

内容もそうだが、文脈もおかしい。

映画館が好きだ。古びた映画館の“たたずまい”が好きだった。

映画館の佇まいが好きなのに、

映画の殿堂・東京浅草六区も常設映画館ゼロになった。
 寂しい。が、映画館に行く必要もなくなった。最近はDVD、ブルーレイディスクで十分なのだ。


DVDやブルーレイのせいで、映画館に行かなくてもいいとか、
「たたずまい」が好きなんだろう?
矛盾もいいとこ。

それでいきなり
友人がとりためてくれた韓流ドラマ。ともかく面白い。出生の秘密、復讐(ふくしゅう)、記憶喪失……いつも、同じような筋書きだが面白い。
 しかも「安上がり」である。


韓流ドラマの話に展開。
同じような筋書きで楽しめるなら好きにすればいいが、
ここでいう「安上がり」は、映画館に行くより録画の方が安上がり、と言う意味のはず。
しかし、

「自社制作の番組を再放送するより、韓国のドラマの方が安上がり」と日本のテレビ関係者は明かす。

なぜか制作費とか版権などの、からくりの話にすり替え。

韓流が“映画館文化”を崩す。

そしてこの結論。
無理がありすぎ。
韓流ドラマなんぞ関係なく、映画館、特にこの筆者が好きだった映画館、は衰退している。

韓流好きなのは勝手だが、個人の趣味はそれこそ日記帳に書いてなさい。
公器であるマスメディアは、コラムでも普遍性のある内容を載せなさい。

韓流うんぬんのくだりを除けば、まだまともなのに。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ くだらん、と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[毎日のくだらないコラム]の続きを読む

大津いじめよりネットのいじめの方がもっと恐ろしいと毎日新聞

2012年07月24日 22:12

牧太郎の大きな声では言えないが…:集団ネットいじめ? 毎日新聞

数十年ぶりに同窓会で再会した悪ガキは「俺にいじめられた? 覚えていない」と真面目に答えていたから、我々の時代の「いじめ」は“加害者”がすっかり忘れてしまうような「悪戯(いたずら)」だったかもしらない。

 それに引き換え……大津市で起きた「いじめ」が原因とみられる中2男子生徒の自殺。涙が出た。

 自殺の練習をさせられた、と聞き、これは「犯罪」いやいや「悪魔の仕業」ではないか?とさえ思った。


 半世紀で「いじめの質」が変わった。

 もっと恐ろしいことも起こっている。

 7月初め、ネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」に「中2自殺 生前に自殺練習強要」というタイトルでスレッドが立つと、書き込みが殺到。

 「加害者親子共々逮捕してろう屋に入れとけよ。ああ、ついでに警察も一緒に入っとけ。そんで死ぬまで出てくんな」

 聞くに堪えない文言が続く。

 正義感の発露と思いたいが、これは“加害者”に対する集団「ネットいじめ」ではないか。

 そればかりではない。自殺した中学2年に対しても侮蔑の言葉が出てくる。家庭を、学校を、地域を、中傷する。

 匿名を盾にして集団で個人を辱める掲示板こそ、日常的に「いじめ」を繰り返す集団リンチではあるまいか?


何にも分かってない感。

大津市で起きた「いじめ」が原因とみられる中2男子生徒の自殺。涙が出た。
 自殺の練習をさせられた、と聞き、これは「犯罪」いやいや「悪魔の仕業」ではないか?とさえ思った。


涙が出た。
悪魔の所業とまで言いながら、

2ちゃんの書き込みの方が、

もっと恐ろしいことも起こっている。

もっと?

高所やロープで自殺の練習をさせられる
自殺のやり方を練習しておくようにいわれていた
蜂の死骸を食べさせられる
恐喝した上、親の銀行から現金を引き出し遊ぶ
死体の画像写真を見せお前はどうなりたい?と聞く
万引きを強要されて警察に言うと脅される
万引をさせられ、しなかったら殴る蹴るの暴行を受けていた
今日のヘアカットと呼び出し陰毛をライターであぶる
刺激物等(辛子)を陰茎に塗りたくり痛がる姿を笑う
毎日のようにズボンをずらし笑いものにする
体育大会で集団リンチに遭っていた
枕投げの時に特大の枕を用意して被害者に集中攻撃
上記の事を携帯で撮影し鑑賞会をする
ネットに定期的にいじめ写真を掲載し本人に連絡
真夏の夜に花火が入った水を飲ませる
口に粘着テープを張られて羽交い締めにされて殴られる
被害者が自殺する直前、加害者らに「死にます」などとメールしたり、電話をしていた

これよりもっと?
もっとだって言うのか!

数十年ぶりに同窓会で再会した悪ガキは「俺にいじめられた? 覚えていない」と真面目に答えていたから、我々の時代の「いじめ」は“加害者”がすっかり忘れてしまうような「悪戯(いたずら)」だったかもしらない。

これは今も、この事件も変わらない。
もし、2ちゃんでこれだけ話題にならなければ、加害者はなんの痛痒もなく、生きて行っただろう。
しかし、被害者は同窓会に出ることすらできないのだ。

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ 何も分かってない…と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[大津いじめよりネットのいじめの方がもっと恐ろしいと毎日新聞]の続きを読む


最近の記事