小沢教の教祖様

2012年04月27日 13:10

小沢ガールズ谷議員「世論の流れ」 日刊スポーツ

 「陸山会」事件で強制起訴された元民主党代表の小沢一郎被告(69)に東京地裁は26日、無罪(求刑禁錮3年)判決を言い渡した。

 「小沢ガールズ」から歓喜の声が上がった。柔道五輪金メダリストの谷亮子参院議員(36)は、同日夕方に都内で行われた会合に出席した後、小沢氏の無罪判決について語った。「裁判所の良識ある判決であり、これが世論の表れ。この2つに尽きます」と力を込めた。小沢氏の今後については「リーダーシップを発揮していただきたいし、発揮できる環境を民主党が作らなきゃいけない。これが国民の声」と話し、小沢氏が9月の代表選に出馬することを希望した。

 また、三宅雪子衆院議員は同僚と固く握手。「無罪を疑っていなかったけれど、正直ホッとした」と胸をなで下ろした。うっすらと涙を浮かべて「司法に正義は残っていた」とも。上気した顔で小沢氏の党員資格停止処分解除を訴えた。

 [2012年4月27日8時41分 紙面から]

以上引用終わり

はっ?

裁判所の良識ある判決であり、これが世論の表れ。

判決と世論関係ないから。
有罪にできる証拠がなかったから無罪になっただけ。

「リーダーシップを発揮していただきたいし、発揮できる環境を民主党が作らなきゃいけない。これが国民の声」

どこの国民だよ。

リーダーシップを発揮する器だったら、自然と環境も出来るだろ。
これまでなんで発揮できなかったのか考えてみろ。
いくらでもチャンスあったのに。

こんな奴らとはいえ、これだけ熱心に支持する人たちもいれば、ひどく毛嫌いする人も多数いる。
それが小沢の限界。

器じゃないんだよ。
総理はもちろん、小政党の党首でもね。

小沢教の教祖くらいはできるかもなw


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどいwと思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[小沢教の教祖様]の続きを読む
スポンサーサイト



あたご無罪もお構いなしのマスゴミ

2011年05月30日 14:10

イージス艦あたごと漁船「清徳丸」の衝突事故は、当時ものすごい報道量で、“自衛隊悪し”、を繰り返していた。

私も関連エントリーを何本か書いているが、当時の狂騒は酷いものだった。
→ イージス艦がすべて悪いのか? 2008年02月25日

さて、その自衛官に地裁で無罪判決が出たのだが…

当直2士官に無罪判決=「回避義務ない」と判断-イージス艦衝突事故・横浜地裁 時事通信

↑ の件の報道量はどうだろう?
当時と比較してあまりにも少ない。

しかも、こんな報道の仕方である。
「また事故起きる」 漁師仲間が憤りや危惧 中國新聞
海自艦判決 無罪でも責任は免れぬ(5月12日) 北海道新聞社説
あたご衝突―無罪でも省みる点あり 朝日新聞社説 ※キャッシュ

事故当時自分たちが自衛隊のみを批判していたことと整合性を保つように、判決後もその路線を崩そうとはしない。

まあまだ地裁判決で、検察は控訴していることから、今後判決は覆るかもしれない。
でももし、確定判決が無罪だった場合でも、マスコミは今の姿勢を変えはしないだろう。

朝日新聞は社説の最後を

慢心や怠りはないか。いま一度、安全の徹底を求めたい。

と締めているわけだが、その言葉はそっくりそのままマスメディアに返したい。

慢心や奢りはないか。いま一度、報道の公正を求めたい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ もう一度浮上していきたいと思っています。再びご支援のほど、よろしくお願いします!
[あたご無罪もお構いなしのマスゴミ]の続きを読む

愛鯨無罪

2009年02月15日 17:36

以下毎日新聞より引用

鯨肉窃盗:弁護側、無罪を主張--公判前整理手続き /青森
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20090214ddlk02040266000c.html

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区=のメンバーによる鯨肉窃盗事件で、窃盗と建造物侵入の罪に問われたGP海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一(32)ら2被告の第1回公判前整理手続きが13日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)であり、弁護側は無罪を主張した。次回手続きは3月23日。

 地裁によると、争点は▽鯨肉を自分のものにしようとする不法領得の意思があったかどうか▽持ち出した目的に照らし、行為に正当性があるかどうか▽国際人権規約により保障されるか--の3点。

 会見を開いた弁護側は、国際人権規約を根拠に「鯨肉を持ち出して横領の実態を告発した行為は、ジャーナリストに保障されている『表現の自由』と同等のもの」主張。逮捕、起訴は同規約に反するとした。

 起訴状によると、佐藤被告とGPメンバーの鈴木徹被告(42)は昨年4月16日、西濃運輸青森支店(青森市)に侵入し、宅配用段ボール箱に入った鯨肉23・1キロ(5万8905円相当)を盗んだとされる。【矢澤秀範】

毎日新聞 2009年2月14日 地方版


以上引用終わり

無罪って・・・・
争う要素があったのか。

>争点は▽鯨肉を自分のものにしようとする不法領得の意思があったかどうか

不法領得ね。返すつもりだったり、経済的利益を得る気がない場合、窃盗罪に問われないとかっていうやつね。
鯨肉を盗み出したのが2008年4月16日で記者会見をしたのが2008年5月15日、ほぼ一ヶ月間所持していたわけで、こんな長期間無断で持ち出しておいて返すつもりだったっていうのは通らないよ。
 関連記事 公開窃盗団!グリーンピース

売ったりして利益を得ているわけではないかもしれないが、これを自分の主義主張のために記者会見までして発表したってことは、少なくとも支持者からの利益(寄付など)や活動の助けにはなっているから、広義の経済的利益は得ているといえる。

>▽持ち出した目的に照らし、行為に正当性があるかどうか

行為に正当性うんぬんはたぶん後で取り上げる「国際人権規約」のことだと思うのでいったんここでは置いといて、

>▽国際人権規約により保障されるか
>弁護側は、国際人権規約を根拠に「鯨肉を持ち出して横領の実態を告発した行為は、ジャーナリストに保障されている『表現の自由』と同等のもの」主張。逮捕、起訴は同規約に反するとした。

国際人権規約第19条にはこうある

弟19条(表現の自由)
1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。
2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。


つまり今回のグリーンピースの行動は、公共の利益に鑑み、鯨肉の横領を国民に伝えるための行動であり、それは表現の自由の一種だと、だからその国民が受ける利益と行為の罪の重さを考えるとき、罰すに値しないということって感じか?

しかし19条にには続きがある。

3 2の権利の行使には、特別の義務及び責任を伴う。したがって、この権利の行使については、一定の制限を課することができる。ただし、その制限は、法律によって定められ、かつ、次の目的のために必要とされるものに限る。
(a)他の者の権利又は信用の尊重
(b)国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護


明らかに(a)に抵触してるよね。
所有者及び運送会社の権利と信用を尊重していない。

(b)にも引っかかってるね。
勝手に持ち出したってことは、公の秩序を乱し、道徳を蔑ろにしてる。
しかも1ヶ月間なんの通告も所有者にも運送会社にもしていない。

あんたらの中で“クジラさん”は法律以上にちょー重要なのかもしれないけど、日本人の大部分にとっては犯罪を帳消しにするほど重要じゃないのです。

だいたいこんな論理拡大していったら、あぶないことこの上ない。
そのうち捕鯨船沈めても表現の自由とか言い出しかねないよ。
現に“分かれ”のシーシェパードはやってるしね。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事