朝鮮人『日本も北京で無気力試合やったニダ』

2012年08月04日 15:10

シドニーや北京でもあった無気力試合 朝鮮日報

1日に行われたロンドン五輪バドミントン女子ダブルスでの失格騒動は、今後も五輪の歴史に「無気力試合」として残りそうだ。国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は、IOCとしても何らかの懲戒を検討すると発言した。無気力試合で失格となった中国の于洋は2日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で「この試合が自分にとって最後だ。愛するバドミントンに別れを告げる」と書き込んで引退を示唆した。大韓体育会(KOC)もこの日、失格となった鄭景銀(チョン・ギョンウン)、キム・ハナ、河貞恩(ハ・ジョンウン)、キム・ミンジョンのほか、キム・ムンス・コーチのIDカードを回収し、帰国させることを決めた。


 ちなみに五輪で無気力試合が問題となったのは今回が初めてではない。最近では、2008年の北京五輪・野球での日本のケースがある。予選リーグ最後の試合となった米国戦で、日本は無気力試合を行った。すでに両チームとも準決勝進出を決めていたが、この試合で勝ったチーム(3位)は予選2位のキューバと、負けたチーム(4位)は予選1位の韓国と対戦することになっていた。


 日本としては「アマチュア最強」といわれたキューバを避けたかったため、米国との試合では3回でエースのダルビッシュを交代させ、打者も空振りを繰り返した。最終的に日本は延長11回で米国に2-4で敗れた。日本の星野監督は「打者の不振が心配」とコメントしたが、顔は笑っていた。


 「星野監督はキューバを避けるため意図的に負けた」との批判も相次いだが、物証はなかった。今回のバドミントンのようにサーブでわざとネットに引っ掛けるようなプレーもなかったからだ。日本は望み通り準決勝で韓国と対戦したが2-6で敗れ、3位決定戦でもキューバに敗れてメダルを獲得できなかった。

以下略

以上引用終わり

悔しかったからって日本を絡めるな。

最近では、2008年の北京五輪・野球での日本のケースがある。予選リーグ最後の試合となった米国戦で、日本は無気力試合を行った。

この大会のことはよく覚えているが、無気力試合では全然なかった。
むしろ朝鮮人は、よその試合のことをよく覚えてるな。
こっち見過ぎw

最終的に日本は延長11回で米国に2-4で敗れた。

延長まで行って、タイブレークとか言う、ノーアウト一二塁から始まるシステムで、岩瀬が打たれて11回表に4点とられ、その裏に2点返すものの敗戦。
無気力じゃなかなか延長にはならないだろうw

「星野監督はキューバを避けるため意図的に負けた」との批判も相次いだが、物証はなかった。

批判なんかどこにもなかったよ。
朝鮮国内は知らんがw

物証ってなんだよw「打つな」とかいう指示のメモでも見つかるのかw

わざとネットに引っ掛ける今回のバドミントンと、同列に並べるにはあまりにも違いがあるだろう。
野球で言えば、エラーしまくって全然アウトにしないとかそんなレベルだぞ、お前らがやったのは。

もういい加減おとなしくしろ!


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ こっち見んなwと思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[朝鮮人『日本も北京で無気力試合やったニダ』]の続きを読む
スポンサーサイト



バドミントン無気力試合で失格に『被害者ニダ』

2012年08月02日 17:50

韓国人バドミントン選手が4人失格「中国に巻き込まれた」=韓国 サーチナ

 世界バドミントン連盟(BWF)は1日、ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで無気力試合を行った中国、韓国、インドネシアの4ペア8選手に対し、「勝つための最善の努力を怠った」として失格処分とした。韓国の複数のメディアが報じた。
 
  問題の発端となったのは、7月31日に行われた1次リーグA組の最終戦。準々決勝での組み合わせを有利にするため、中国ペアと韓国ペアとの試合で、無気力なプレーを見せた。結果的に中国ペアが敗れた。その後行われた1次リーグC組の別の韓国ペアとインドネシアのペアの対戦も同様の理由で、安易な失点を重ねた。これら4ペアはいずれも8強入りが確定していた。

  韓国メディアは、「韓国選手4人失格、バドミントンショック!」「バドミントン、故意による敗北で8人失格」などと題し、故意による敗北論難を起こしたバドミントン女子ダブルスの4ペアが、最終的にすべて失格になったと伝えた。

  韓国メディアによると、中国チームは準々決勝と準決勝で中国チーム同士での対戦を避けるために、わざと負けようとしたという。一方、韓国チームは、中国のように露骨に故意に負けるようにゲームを主導したのではなく、中国への抗議の意思表示として無気力なゲームを行ったと主張した。しかし、韓国の異議申し立ては受け入れられなかった。

  BWFの予想外の強硬な懲戒には、ごう慢な中国を狙った警鐘と、オリンピック正式種目としての政治的計算といった2つの理由があると分析した。

  今回の波紋で、韓国は女子ダブルス2組がすべて失格となり、メダルのチャンスを逃したが、中国は世界ランキング2位のペアが生き残り、結果的に利を見ることになった。

  また、今回のオリンピックから、試合の迫力を高めるためにグループリーグ方式を導入したが、早めに組み合わせが明らかとなるため、このような不祥事が生じたと指摘する韓国メディアもみられた。

  韓国バドミントン協会の関係者は「BWFに再審を請求している。中国による故意の敗北に巻き込まれて、メダル圏にあった韓国のダブルスのチームがすべて失格となりあまりに残念だ」と語ったと伝えられた。(編集担当:李信恵・山口幸治)

以上引用終わり

これはひどい。

動画もあるわけだが




これはもうスポーツでもなんでもない。

なでしこの引き分け狙いと混同しているバカがいるが、ぜんぜん違うものだ。
サッカーには引き分けがもともと存在し、引き分けという選択がありうるわけだし、引き分けるというのはそれはそれで努力が必要だ。
しかし、故意に負けるというのは、何の努力もいらない。
この動画のようにね。

韓国チームは、中国のように露骨に故意に負けるようにゲームを主導したのではなく、中国への抗議の意思表示として無気力なゲームを行ったと主張した。

意味不明。
相変わらずの朝鮮人論理だな。
常に相手が悪いという。

同様に失格になった中国やインドネシアは、

中国:選手が謝罪 連盟「BWFの決定を尊重する」という遺憾声明
インドネシア:抗議を自主的に撤回
ソース 
中央日報

韓国:いまだ被害者として抗議中

韓国だけマジキチ。

しかし、韓国の異議申し立ては受け入れられなかった。

当たり前だボケ。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどいwと思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[バドミントン無気力試合で失格に『被害者ニダ』]の続きを読む


最近の記事