安部総理米議会演説の意義

2015年04月30日 21:25

20150430安部総理演説

首相演説 韓国は批判、中国は評価避ける 日テレNEWS24

 アメリカ議会での安倍首相の演説について、韓国政府は「誠意ある謝罪がなかったことは非常に遺憾だ」と批判している。

 韓国外務省の報道官は30日午後3時半から会見し、声明を発表した。安倍首相の演説が「周辺国との和解をもたらす転換点になり得たにもかかわらず、そのような認識も誠意ある謝罪もなかった。非常に遺憾だ」と批判している。

 そして、「日本は植民地支配や侵略、従軍慰安婦への人権蹂躙(じゅうりん)を直視し、正しい歴史認識を持って周辺国との和解と協力の道を歩むべきだ」と述べた。

 一方、東京の中国大使館の何報道官は「安倍首相の演説に注目していた」と述べたが、直接の評価は避け、「歴史問題について対外的にどのようなメッセージを発信するかは、日本が平和・発展の道を堅持していけるかの試金石になると思う」としている。

以上引用終わり

明らかに中国のスタンスが変わってきているな。
まあ中国は韓国と違って、反日を戦略としてとっているだけだから、違う戦略がよくなれば変わるということだ。

それにしても安部総理の演説はよく練られていた。

 → 
安倍首相米議会演説 全文 NHK

これまで日本は大統領府ばかりに目を向けて、アメリカ議会を重要視してこなかったから、日本が先の大戦について本当にどういうスタンスなのか伝わっていなかった。
だから得体のしれないマイクホンダのような議員が蔓延るようになる。

今回明確に大戦の反省と戦後の努力を打ち出せたことで、不協和音はかなり抑えられるようなるだろう。

演説自体がUSA!USA!って感じでアメリカを持ち上げ、アメリカ人好みの演出(硫黄島の戦いに参加した米兵と栗林忠道中将の孫である新藤義孝総務大臣を招待したり、キャロライン・ケネディ大使を登場させたり、随所で演出が光っていた。

AIIBで英国をはじめとする同盟諸国に裏切られ、孤独感を味わっている米国民の心をつかむものになったであろう。

演説の中で「台湾」と発声したことにも驚いた。
対中国を強く意識した演説の中でだからなおさらだ。
それで中国政府がこの反応なのだから、この演説は外交の奥深さを見せてくれている。

昭和天皇の誕生日である「昭和の日」に、この演説が行われたことも感慨深いものがある。

これはもちろん偶然ではない。
アメリカは日付を重視する国だ。
日本も終戦後、悪い意味でアメリカに日付を使われたことがある。

 → 明治節と昭和天皇の全国巡幸 2010年11月03日

実は戦前、今日11月3日は「明治節」という祝祭日で、明治天皇を誕生日であった。

ではなぜこの日に、日本国憲法が公布されたのか?何か意図的なものを感じるのは私だけではあるまい。
戦後日本の、よく言えば民主化、悪く言えば骨抜き、を意図していたGHQが、近代日本の象徴とも言える明治天皇のお誕生日に、わざわざ憲法の公布をぶつけてきたのではないかと。

「1回だけなら誤射かもしれない」じゃなかった一度だけなら偶然かもしれない。
しかし、同様の事例は他にもある。

所謂A級戦犯と言われた人々を起訴した日付が4月29日(天皇誕生日(当時)現 昭和の日)
そして、処刑したのが12月23日(皇太子殿下(当時)の誕生日 現 天皇誕生日)

はかったように明治天皇、昭和天皇、今上天皇の誕生日にぶつけてくる。
これはもう偶然ではあるまい。

GHQが日本民族の闘志を未来永劫削ぐために、このような小細工をしたのであろう。


今回の重なりは、歴史の転換点になる日、安部総理が演説の最後に持ってきた「希望の同盟」の始まりとなる、まさに「希望の日」だ。

中国という“パンドラの箱”は開いてしまったかもしれないが、そこには民主主義の「希望」が残っていたのだ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 安部総理GJ!、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


スピーチの天才100人 達人に学ぶ人を動かす話し方
サイモン・マイヤー ジェレミー・コウルディ
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 81,615




[安部総理米議会演説の意義]の続きを読む
スポンサーサイト



失笑野田のブーメラン演説

2012年01月14日 12:59

こちらの動画を見ていただきたい。

これは2009年8月16日、野田総理が大阪第16区の森山浩行氏の応援演説に行った時のものだ。



[広告 ] VPS


マニフェスト、イギリスで始まりました。
ルールがあるんです。

書いてあることは命懸けで実行する。
書いてないことはやらないんです。

それがルールです。



ほうほうw

書いてないことを平気でやる。
これっておかしいと思いませんか。



思いまーすw

書いてあったことは四年間何にもやらないで、
書いてないことは平気でやる。
それはマニフェストを語る資格がないというふうに、ぜひみなさん思っていただきたいと思います。



なるほどw

その一丁目一番地、税金の無駄遣いは許さないということです。
天下りを許さない、渡りは許さない。
それを、徹底していきたいと思います。



一丁目一番地は空き地のままですけどww

消費税1%分は、二兆五千億円です。
十二兆六千億円ということは、消費税5%ということです。
消費税5%分のみなさんの税金に、天下り法人がぶら下がってる。
シロアリがたかってるんです。

それなのに、シロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?



引き上げるんですかーーーw

消費税の税収が二十兆円になるなら、またシロアリがたかるかもしれません。
鳩山さんが四年間消費税を引き上げないといったのは、そこなんです。



そこってどこですかww?


シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。
そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。



ですよねwwww

徹底して税金の無駄遣いをなくしていく。
それが民主党の考え方です。



【現在】
徹底して税金をむしりとる。
それが民主党の考えです(キリッ)



この詐欺師め!

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングへ うそつき!と思われた方はクリックを! 
FC2 Blog Rankingへ 
[失笑野田のブーメラン演説]の続きを読む

日本人の使命を思い出させてくれたブータン国王

2011年11月19日 20:41

去る2011年11月17日、ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王が国会で演説した。

涙が出るほど素晴らしい演説だった。
全文はこちらにあるので、読んでいない人はぜひ読んでみてほしい。

「国民総"幸福"量」を重んじるブータン国王が国会で演説 全文 ニコニコニュース

その中でいくつか紹介したいところがあるので、誠に失礼ながら抜粋させていただく。

ブータン国民は常に日本に強い愛着の心を持ち、何十年ものあいだ偉大な日本の成功を心情的に分かちあってまいりました。
3月の壊滅的な地震と津波のあと、ブータンの至るところで大勢のブータン人が寺院や僧院を訪れ、日本国民になぐさめと支えを与えようと、供養のための灯明を捧げつつ、ささやかながらも心のこもった勤めを行うのを目にし、私は深く心を動かされました。


ありがたくて言葉もない。
今日まで知らなかった不明を恥じるほかない。

いかなる国の国民も決してこのような苦難を経験すべきではありません。
しかし仮にこのような不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日本国民であります。
私はそう確信しています。


私は若き父とその世代の者が何十年も前から、日本がアジアを近代化に導くのを誇らしく見ていたのを知っています。
すなわち日本は当時開発途上地域であったアジアに自信と進むべき道の自覚をもたらし、以降日本のあとについて世界経済の最先端に躍り出た数々の国々に希望を与えてきました。
日本は過去にも、そして現代もリーダーであり続けます。

 このグローバル化した世界において、日本は技術と革新の力、勤勉さと責任、強固な伝統的価値における模範であり、これまで以上にリーダーにふさわしいのです。
世界は常に日本のことを大変な名誉と誇り、そして規律を重んじる国民、歴史に裏打ちされた誇り高き伝統を持つ国民、不屈の精神、断固たる決意、そして秀でることへ願望を持って何事にも取り組む国民。
知行合一、兄弟愛や友人との揺るぎない強さと気丈さを併せ持つ国民であると認識してまいりました。
これは神話ではなく現実であると謹んで申しあげたいと思います。
それは近年の不幸な経済不況や、3月の自然災害への皆様の対応にも示されています。

 皆様、日本および日本国民は素晴らしい資質を示されました。
他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。
文化、伝統および価値にしっかりと根付いたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。
すべての国がそうありたいと切望しますが、これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。
このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく、何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。
それは数年数十年で失われることはありません。
そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っていることでしょう。
この力を通じて日本はあらゆる逆境から繰り返し立ち直り、世界で最も成功した国のひとつとして地位を築いてきました。
さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。


もったいないほどの日本への賛辞。
それは社交辞令やブータンが親日国であることを差し引いても、日本という国が各国、特にアジア各国にこのように仰ぎ見られていることの証左である。

これはかつて紹介したスリランカのJ.R.ジャヤワルダナ元首相がサンフランシスコ講和会議で演説した内容と軌を一にしている。
→ 日本に光を与えてくれた、一人のスリランカ人 2011年02月28日

日本は世界を主導する国家の一つとして、堂々と振る舞い、特にアジア各国の範とならなければならない。
それだけの影響力がある国家なのだから。

今回日本がTPPに参加すると表明した後の、世界へのインパクトはすごかった。
カナダ、メキシコが参加を表明し、台湾、フィリピン、パプアニューギニア、コロンビアが参加を検討、中国までも動揺させた。
それだけ日本の判断を世界各国が注視していたのである。

日本人は自虐的な見方を改め、もっと自信を持つべきだ。
そうなるように日本を変えようと思ったのがこのブログの目的の一つでもあり、多くの保守と呼ばれる人たちが企図してきたことだと思う。

なのに、多くの保守層がTPPに反対し、反米左翼と一緒になって、日本がアメリカにいいようにされると言い放っていたのは非常に残念だった。

これまでの日米通商交渉だって、日本がやられっぱなしだったわけではない。
もしやられっぱなしであったなら、日本がここまで経済発展しているわけはない。

やられることだけを心配するのが自虐史観の裏返しだと、なぜ気づかないのだろうか?
本当に不思議でならない。

さらに注目に値すべきは、日本がためらうことなく世界中の人々と自国の成功を常に分かち合ってきたということです。

国王も仰っているように、日本は世界の繁栄を主導してきたのだし、これからもそうする責任がある。
それは誇るべき日本人の使命なのだ。
それを重荷だと言って逃げ出すような日本であってはならない。

思い出させてくれてありがとうございます、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王陛下。
ブータン王国に幸あれ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ありがとう!ブータン王国、と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[日本人の使命を思い出させてくれたブータン国王]の続きを読む


最近の記事