「海賊行為」だ、と …

2010年01月09日 14:49

以下産経新聞より引用

シー・シェパードが第2昭南丸乗組員を告訴 「海賊行為」だ、と

2010.1.9 00:49

 南極海で日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸と米環境保護団体シー・シェパードの抗議船アディ・ギル号が衝突した問題で、シー・シェパードは8日、「海賊行為」の疑いで、第2昭南丸の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。

 オランダのメディアによると、シー・シェパードの弁護士はオランダで告訴した理由として、ギル号にオランダ人が乗っていたことや、シー・シェパードの母船スティーブ・アーウィン号がオランダ船籍であることを挙げ「オランダには昭南丸の乗組員を裁く権利がある」と主張している。

 同弁護士は、第2昭南丸は公海上で「暴力」を用いてギル号に損傷を与え、オランダ刑法が定める「海上での強奪、海賊行為」に当たると主張。衝突の状況は「すべて映像に記録してあり、証拠は十分にある」と述べた。(共同〉

以上引用終り

産経が2ちゃん化してるなw
『「海賊行為」だ、と』ってwwww

それにしても海賊が海賊行為を訴えるとはw 
シー・シェパードの旗 海賊旗

だめじゃないか、もっと自分たちの海賊行為に自信をもたないとw
海賊は誇らしい行為なんだろw

なんかオランダはあんたらの船籍剥奪に動いてるらしいぞw

捕鯨妨害なら「シー・シェパード」の船籍剥奪、オランダが法改正へ

捕鯨妨害なら船籍剥奪、オランダが法改正へ

 米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」による日本の調査捕鯨妨害問題で、同団体の抗議船「スティーブ・アーウィン号」の船籍国であるオランダ政府は、抗議船の船籍剥奪(はくだつ)へ向けた船籍法改正案を来週にも国会に提出する方針を固めた。

 日本政府の要請に応えたもので、過激な抗議活動に歯止めをかける狙いがある。

 オランダ運輸省報道官によると、法案は年末年始の国会休会前の提出を目指して最終調整が行われており、上下両院の審議を経て来春成立する見通しだ。

 オランダ出身の同団体幹部が船籍登録したスティーブ・アーウィン号は、今年2月、日本の捕鯨船への体当たりや、薬品入りの瓶を投げつけるなどの危険な抗議活動に使用された。法改正により、これまで海賊行為などに限られていた禁止行為の範囲が広がり、こうした妨害活動も船籍剥奪の対象となる。

 船籍を剥奪された船は自由航行の権利を失い、不審船として各国当局の摘発を受ける。ただ、調査捕鯨は例年12~3月に行われており、現在、日本の船団と同団体の抗議船2隻がすでに南極海の漁場に向かっている。法改正は、今季の妨害活動を阻止するには間に合わない可能性もある。

以上引用終り

不審船だってよwwww
たしかに不審だw ↓
ady gil

ああ、それとこのふざけた船、沈んでなかったらしいじゃん。

放置され漂うふざけた船


海洋汚染になるから早く回収しとけよ。
環境保護団体なんだろw

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



スポンサーサイト



いまさら「海賊の定義」議論の民主

2009年02月03日 23:53

以下産経新聞より引用

ソマリア派遣、対応遅い民主 いまさら「海賊の定義」議論
2009.2.3 20:57

 民主党は3日、外交防衛部門会議を開き、アフリカ・ソマリア沖の海賊被害の実態について外務、防衛両省、海上保安庁からのヒアリングを行った。自衛隊法の海上警備行動で海上自衛隊の護衛艦を派遣するとした政府の方針に社民、国民新両党などが反対する中、民主党は依然態度を明確にできないままだが、会議では、いまさらのように「海賊の定義」を問う質問が飛び出すありさま。同党の海賊問題への対応の遅れが一層浮き彫りになった。

中略

 しかし、この日の部門会議では、足踏み状態から脱出したとはいえる議論はなかったようだ。藤田幸久参院議員が「海賊の定義は何か。犯罪なのか。テロなのか。組織性はあるのか」と外務省に問いただせば、谷岡郁子参院議員も「まず民間船舶会社の自己責任と国の責任の区別をきちっとすべきだ」と主張するなど、「そもそも論」が噴出したのだ。

以下略


以上引用終わり

海賊については漫画見て見るとわかるらしいよ(笑)

「海賊の定義は何か。犯罪なのか。テロなのか。組織性はあるのか」

「民主党の定義は何か。反対なのか。ブーメランなのか。組織性はあるのか」

まず民間船舶会社の自己責任・・・

「自己責任って・・・・・・通り魔に襲われても自己責任だな、これじゃ」

以上

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



海賊は漫画でしか知らない

2009年01月26日 22:52

以下産経新聞より引用

民主「海賊対策」視界不良 他の野党に配慮、方針打ち出せず
2009.1.25 20:16

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策として海上自衛隊の護衛艦を派遣する政府方針への民主党のスタンスが定まらない。党内の意見集約ができていないことに加え、政権交代時の連立相手と想定している社民党、国民新党が自衛艦派遣に強く反対しているためだ。安全保障論議は、かねてから民主党のアキレス腱(けん)と呼ばれてきたが、海賊対策で、また一つその危うさが露呈した形だ。(原川貴郎)

中略

 党内の幹部の一部は、海賊問題に関心すらない。

 昨年中のソマリア沖の海賊事件は100件を超え、23人の乗組員が乗った日本郵船の大型原油タンカー「高山」が小型不審船から発砲を受け被弾した事件も含め日本関係船舶関連では3件の海賊事件があった。

 ところが、民主党の平田健二参院幹事長は20日の記者会見でこんな驚くべき発言をしてみせた。

 「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない。ソマリア沖で、日本の船舶が海賊から襲撃を受けて被害を受けたということがあったのか」

 同党の安全保障政策の不安な一面を、浮き彫りにしているといえそうだ。


以上引用終わり

「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない。ソマリア沖で、日本の船舶が海賊から襲撃を受けて被害を受けたということがあったのか」

漫画って・・・ワンピース?(笑)

「イメージわかないなら行ってこいや!ソマリアへ。リアル海賊に国際社会の厳しさ教えてもらってこい!」

こんな奴が国会議員とは ┐('~`;)┌

以上

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



目の前で外国人が殺されようとも・・・

2009年01月10日 00:02

以下AFPより引用

駐日米大使、ソマリア沖海賊対策への日本の参加促す
2009年01月09日 14:58 発信地:東京

【1月9日 AFP】アフリカ・ソマリア沖での海賊対策で日本政府が海上自衛隊の艦船派遣を検討していることについて、トーマス・シーファー(Thomas Schieffer)駐日米大使が、平和憲法に抵触するかどうかの議論に時間を費やさず日本も直ちに参加すべきだとの見解を示した。

 8日付けの読売新聞(Yomiuri Shimbun)とのインタビューでシーファー大使は、海賊被害をなくすため日本の貢献を希望すると発言。(自衛隊法上の)海上警備行動発令では護衛対象が日本国籍船または日本人が乗船する船舶に限られる点について、「相手が国家(の海軍)なら憲法9条の問題が存在するのは理解できるが、自分自身や自国民を海賊から守ることができないというのは理解できない」と語った。

 ソマリア沖での海賊被害は2008年だけで100隻以上に上り、世界の船舶運輸業にも経済的打撃を与えている。同海域での海賊対策には米国、欧州連合(EU)、中国がそれぞれ艦船を派遣している。

 こうした中、麻生太郎(Taro Aso)首相は前月、ソマリア沖への海自派遣を検討するよう指示したが、海賊に対する武力行使を可能にする新法をめぐっては、与党内で内容を検討中の段階だ。(c)AFP


以上引用終わり

食糧自給率39%、エネルギー自給率19%、原子力を除けばわずか4%のこの国に何が重要だと考えれば、なにはなくともまず貿易である。
それがなければ日本は成り立たないし、生きていけない。
だから、日本が最も重視すべき政策は世界貿易の安定である。
これを脅かすような要因は、体を張ってでもなくさなければならない。
まさに国の死活問題だからだ。

ソマリア沖での海賊被害は2008年だけで100隻以上に上り

ソマリアの海賊問題は日本が真っ先に乗り出し、対応しなければならない問題のはずだ。

平和憲法に抵触するかどうかの議論に時間を費やさず日本も直ちに参加すべきだ

シーファー駐日米大使がいうことはもっともだ。
今そこに日本の存立基盤を揺るがす危機があるのに、小田原評定を続けているのはナンセンス。

海上警備行動発令では護衛対象が日本国籍船または日本人が乗船する船舶に限られる

目の前で外国人が殺されようとしていても、「私たちは平和を愛する憲法9条が大切なので、外国人は助けられません」ということだよこれは。
それってどんな平和?

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー




思考停止の共産党

2009年01月09日 00:44

以下産経新聞より引用

ソマリア海賊「自衛艦派遣は筋違い」共産・志位氏が批判
2009.1.8 17:25
 共産党の志位和夫委員長は8日の記者会見で、ソマリア沖の海賊対策で政府、与党が検討している海上自衛隊の艦船派遣について「犯罪行為は警察行動で解決すべきで、自衛隊の軍艦を出すのは筋違いだ」と批判、自衛隊法に基づく海上警備行動発令や派遣のための新法制定に反対する考えを示した。

 さらに「自衛艦派遣は実効性もないし危険なだけ。武器使用の緩和は、憲法に反する武力行使につながる」と指摘。その上で「周辺国が行っている警察行動に、海上保安庁の技術支援や資金援助をきちんとやるのが筋だ」と強調した。


以上引用終わり

犯罪行為は警察行動で解決すべき

犯罪とは法を犯す行為をいうのだが、無政府状態に陥っているソマリアに犯罪は存在するのだろうか?
法と秩序が存在しないも同然なのに。

有名無実化したソマリアの法律から海賊行為が犯罪と定義できても、ロケットランチャーをぶっ放してくる海賊に警察行動で対応できはしない。

仮に警察行動で対応できたとしても、警察だって武器を使用するんだよ。
海保の巡視船が機関砲で海賊射殺するのは良くて、自衛隊が武器使用するのはなぜだめなの?
軍艦が護衛に就いた方が海賊も逃げてくれて無駄な血を流さずに済むと思われるが。

なぜ現実に対応せず、軍=悪という固定観念に硬直化してしまうのか。
いったいいつまで敗戦の呪縛に囚われているつもりだ。
自衛隊という言葉が出てくると反対としか言えない、パブロフの犬みたいなものだな、共産党は(笑)

自衛隊だ警察だの色分けより、航行する船舶の安全を、現実に即して最大限守ることが一番の問題じゃないのか。
色分けにこだわったところで誰も助けられやしないのに・・・・・・

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事