『マスゴミ』どころか『カスゴミ』

2013年08月21日 12:59

牧太郎の大きな声では言えないが…:「マスゴミ」 毎日新聞

 高度成長の1960年代、田宮二郎主演の大映映画“犬シリーズ”がヒットした。「宿無し犬」「喧嘩(けんか)犬」「ごろつき犬」……と全9作。すべて見た。

 田宮が演ずる「女より拳銃が好きな殺し屋」鴨井大介が、悪党どもをバンバーンと撃ち殺し、最後は刑務所行き……。たわいの無いストーリーだが、田宮がカーク・ダグラスが映画「星のない男」で見せた「華麗なガンスピン(銃回し)」を披露して、話題になった。

 ヒットの秘密は……田宮のニヒルで、でも、妙に明るいキャラ。それに勧善懲悪の筋書き。今、話題の高視聴率ドラマ「半沢直樹」に通じるものがあった。

 第7作の「野良犬」(1966年)。理不尽な記者連中を前に、主人公・鴨井大介が「お前らマスコミやない、マスゴミや!」と激怒するシーンがあった。

 マスゴミ?

 「マスコミ」と「ゴミ」を掛け合わせた蔑称。正義のヒットマンにとって、記者連中は「ゴミ以下の存在」という設定だった。

 フィクションと知りながらも、当時、大学の新聞学科に在籍、記者志望だった僕には「マスゴミ」はちょっぴり刺激的なセリフだった。

 ご存じだと思うが、ここ数年「マスゴミ」は、新聞、テレビをネットで批判する人が好んで使う「ネットスラング」になっている。

 ネット時代で市民権を得た「新しい言葉」と思うが、40年以上前の活劇に「マスゴミ」というセリフを使ったのは誰? その意図は? 興味がある。

 “犬シリーズ”の原案・脚色は人気番組「11PM」の司会も務めた直木賞作家、藤本義一さん。テレビの舞台裏を知る彼の造語だったのか?

 あるいは、当時から「マスゴミ」はテレビ業界の隠語だったのか?

 僕にとっては嫌な言葉だが……「これはゴミじゃないか!」とつい思いたくなることもないではない。

 空港で、自宅前で、楽屋口で、渦中の人物を取り囲み「マスコミの人々」が次々に投げかける、あの言葉。

 「ひとこと、お願いできませんかーっ?」

 相手が答えるわけもないのに……このバカ質問に僕は「マスゴミの悲哀」を感じてならないのだ。(専門編集委員)

以上引用終わり

この恐るべきズレっぷり。
まさに「マスゴミ」

語源やルーツ、「マスコミの悲哀」なんてどうでもいいんだよ。
ゴミのような価値しかないと思われている現状について語れよ。

問題をぼかすようなコラム載せてたら、
「カスゴミ」に名前が変わるぞw
もう変わってるかw


20130821カスゴミ
野良犬 [VHS]

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい!と思った方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[『マスゴミ』どころか『カスゴミ』]の続きを読む
スポンサーサイト



オスプレイより怖い毎日取材ヘリ

2013年06月10日 14:08

島じま:オスプレイ /長崎 毎日新聞

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、橋下徹・大阪市長が、訓練の一部を八尾空港(大阪府八尾市)で受け入れる意向を安倍晋三首相らに伝えた。このニュースを見て即座に「やめてくれ」と、怒りがこみ上げてきた。

 私の実家は八尾空港から12キロ。1人暮らしの父の頭上をオスプレイが飛ぶのを想像すると、胸が悪くなった。同時に、これまで自分が、基地を押しつけられている沖縄の痛みに、いかに無関心だったかと考えさせられた。

 父の頭上をオスプレイが飛ぶかもしれない。大阪にまだ姿を見せないオスプレイは、今日も沖縄の空を飛び続けている。米軍基地をどうすべきか。基地は必要か。参院選に向け、真剣に考えたい。【樋口岳大】

以上引用終わり

なんだこれ、こんなの個人の感想じゃねーか。
ブログにでも書いとけよ。

それにしても

私の実家は八尾空港から12キロ。

12キロって大概遠いぞ。
八尾空港から12キロなら大阪城付近まで来るし。
音も何もせんだろう。
オスプレイの姿が見えるかどうか。

だいたいオスプレイを"死神”か何かみたいに忌み嫌ってるけど、あんたのとこに取材ヘリ、同じ関西で2度も朝日のヘリと空中衝突して、死傷者出してる。

 昭和59年7月31日午後1時すぎ、兵庫県明石市で発生した会社事務所での強盗事件を取材中の毎日新聞の取材ヘリと朝日放送がチャーターしたヘリが空中衝突した。朝日放送機は公民館屋上に墜落し、ぺちゃんこに大破して乗員3人が死亡した。毎日新聞機も墜落、大破し、乗員3人が負傷した。

空中衝突

 一方、平成6年10月18日午前10時すぎには、和歌山沖であったタンカー同士の衝突事故の取材から戻る途中だった朝日新聞のヘリ「まいどり」が、大阪府泉佐野市の上之郷インターチェンジ上空で、同じ事故の取材に向かう途中の毎日新聞のヘリ「ジェットスワン」と接触した。毎日機は無事だったが、朝日機は民家の庭先に墜落して大破、乗員3人が死亡した。

産経新聞より

どっちも住宅街に落ちてあわや大惨事だった。
昭和59年は実家の近くだったのでよく覚えている。

私なら二人暮しの親の頭上を毎日や朝日のヘリが飛ぶのは、
「やめてくれ」と言いたいね。

人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ これはひどい!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[オスプレイより怖い毎日取材ヘリ]の続きを読む

毎日の陰湿なコラム

2011年09月06日 09:00

毎日新聞のコラムはひどいものが多い。

文章や構成がおかしいこともあるが、それ以上に文章から立ち上る“陰湿な悪意”が人を不快にさせるのだ。

今回ご紹介するコラムは、その中でもとびきりのものである。
是非読んで後味の悪さを楽しんで欲しい(笑)

発信箱:どじょう占い=伊藤智永(ジュネーブ支局) 毎日新聞

 野田佳彦氏が首相の座を射止めた演説の評判がいい。「どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ。ルックスはこの通り。金魚のまねはできません」

 買いかぶりじゃないか、どうせ例えるならナマズとニシキゴイぐらい言えばいいのにと思っていたら、「便所の神様」の異名を持つ相田みつをの標語なのだそうだ。


どじょうと金魚、ナマズとニシキゴイってそんなに差があるか?
いきなり良くわからない例えだ。

相田みつを氏を「便所の神様」と批評したのは小田嶋隆氏だが、そんなの一般には全然知られてないだろ。
検索したって大してヒットしないし。
それを「異名」というのは無理がある。

そして、相田みつを氏の詩を「標語」と表現している。
「あんなの詩じゃない、標語だ」と思うのならそれは勝手だが、なんの説明もなく、一般的には詩、あるいは人生訓・処世術と認識されている相田みつを氏の言葉を、「標語」と表現することに、悪意を感じる。

相田みつを氏が嫌いなのだろう。
いやらしい書き方である。

 意表は突いた。が、おせじにも政治史上の鑑賞に堪える引用とは言えまい。目先受けを狙った思い付きの気配は、相次ぎ撤回したマニフェストの成り立ちと通じる。増税もA級戦犯も、どじょう一匹で忘れるところに民主党の底浅さが表れている。


「目先受けを狙った思い付きの気配…」というけど、野田総理これが受けると思ってなかったんじゃないの?
受けた後で、受け狙いと言われてもね。

 文壇に「第一作は作家の人生まで支配する」という名言があった。この法則、政治にも「新首相の第一声は政権の命運まで支配する」として応用できそうだ。

 安倍晋三氏「美しい国」。気負いすぎ。腹痛で挫折。福田康夫氏「自立と共生」。反対に地味すぎて忘れられた。麻生太郎氏……あれ、「踏襲・未曽有」(フシュウ・ミゾユウ)騒ぎしか思い出せない。

 鳩山由紀夫氏「友愛革命」と菅直人氏「奇兵隊内閣」は、言動のフワフワ感や政策の変転ぶりを見事に予告していた。第一声には、政治家の全人像が投影される。


どじょううんぬんの話、正確には野田総理の第一声ではないんだけどな。

まあ無理矢理感たっぷりの話の持って行き方。
福田元総理の「自立と共生」を覚えてて、麻生元総理を覚えていないなんて、意図的にそう書いているとしか思えない。
読み間違いで騒いでたのはマスコミなのに、それしか覚えていないとか、マッチポンプじゃん。

この程度の分析で、「第一声には政治家の全人像が投影される」とか言っちゃうところがすごいw

 ということは、日本政治の行く末は、どじょうから透けて見えるのだな。想を巡らす。柳の下の2匹目のどじょう、どじょうひげ、どじょうすくい、どじょう鍋、汁、いんげん……。どうもぱっとしない。

 生態を調べた。ひげは10本、味やにおいを感じている。口から空気を吸って肛門からガスを出す。危険を察知したり水温が変わると、水底の泥(鍋の中なら豆腐)に頭から潜ってしまう。やっぱりあまり幸せな未来は見えてこない。頼むぞ、というより、大丈夫か、どじょうで。


野田総理の言葉は「どじょう」だけではなくて、「どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ」。
なんで「どじょう」だけを調べるのか?
身にそぐわない振る舞いをすることはない、って主旨でしょ。
どじょうの生態調べてどーすんだよwww

誰ひとり褒めることなく、登場した全員をくさしている。
筆者の人格がよく出ているなw

「頼むぞ、というより、大丈夫か、どじょうで」ていうか、お前が大丈夫か?


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ひでーな!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[毎日の陰湿なコラム]の続きを読む

毎日新聞コラムを添削してみたw

2011年08月06日 12:45

久々に添削してみたい文章に出会いましたw
毎日新聞の「憂楽帳」というコラム欄に掲載されているこちら ↓ です。

憂楽帳:韓流と中国 毎日新聞

文章がぶつ切りすぎて流れが悪く、結論も飛躍しすぎです。
では添削行ってみましょうw

 韓国・鬱陵島(ウルルンド)視察を目指した自民党の3国会議員が入国拒否され、竹島問題が再燃した。中韓にも領土と歴史が絡んだ複雑な問題がある。

2つの文章の間に接続詞がないので、非常に流れが悪い。前は日韓の話で、後ろは中韓の話なのに。

…竹島問題が再燃した。日韓と同様に、中韓にも領土と歴史が…

 韓流ドラマに疎い私も「朱蒙(チュモン)」は見た。中韓で歴史論争がある高句麗を描いているからだ。古代朝鮮の国とする韓国に対し、中国は漢代の東北部の一地方政権と解釈している。ドラマは古朝鮮再興を目指す朱蒙が悪役の漢をやっつけ高句麗を建国する。論争を知らなければ史実と思ってしまう。香港で放映されバッシングを受けた。中国では放映されていない。

なんでこんなぶつ切りなんだろう?文字数制限があるからか?
だからってぶつ切りで良い訳はない。

 韓流ドラマに疎い私も「朱蒙(チュモン)」は見た。中韓で歴史論争がある高句麗を描いているからだ。高句麗を古代朝鮮の国とする韓国に対し、中国は漢代の東北部の一地方政権と解釈している。ドラマは古朝鮮再興を目指す朱蒙が悪役の漢王朝をやっつけ高句麗を建国する。論争を知らなければ史実と思ってしまう。だから香港で放映されたときはバッシングを受けた。中国では放映されていない。

 朱蒙は現在の吉林省集安に築城し、子孫たちが北朝鮮の平壌に遷都した。当時はもちろん国境などなかったが、中朝は別々に集安と平壌の「高句麗遺跡」を世界遺産に申請し認定された。集安に2年前に行った。奈良の高松塚古墳などにもある、方位を示す四神が描かれた古墳の壁画が素晴らしい。白頭山(中国名・長白山)にも行ったが、朝鮮民族の古里だけでなく、満州族発祥地とも言われているという。

 東洋文明は交流し発展している。論争は歴史家にまかせ、「アジアはひとつ」でいいではないか。【小林猛夫】

何が言いたいのかよくわからない。
ここの、起承転結の「転」が中途半端なので最後の結論読むと、なんだこれ?って感じになる。

当時はもちろん国境などなかったが

いやあるだろ、当時の国境が。

集安に行ったとか、白頭山行ったとか、お前の旅行自慢入れるからわかりづらくて、長くなるんだろうが。

 朱蒙は現在の中国吉林省集安に築城し、子孫たちが北朝鮮の平壌に遷都した。朱蒙が建国した国は現在の中国と北朝鮮にまたがっていたのである。(無駄な旅行記削除)また、白頭山(中国名・長白山)は、朝鮮民族の古里として有名だが、満州族発祥地とも言われているという。

このように東洋文明は交流し発展している。国境の問題で交流の扉を閉ざすべきではない。



結論変えたったwww

論争は歴史家にまかせ、「アジアはひとつ」でいいではないか。

アジアとかいう後付の抽象概念でまとめられてたまるか!

むしろ歴史家の方が、アジア単位で考えるべきだし、そうするだろう。
歴史的文化交流うんぬん自分で書いているくせに、なんで歴史家が論争する方で、政治的・制度的に「アジアはひとつ」でいいって結論になるんだよ。

「アジアはひとつ」とか「戦争放棄」とか、こういう事いう奴は、聞こえのいい言葉に飛びついて思考停止しているだけ。
そんな言葉唱えたところで、問題はなにひとつ解決しはしない。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これで記者か!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[毎日新聞コラムを添削してみたw]の続きを読む

やぼな毎日新聞

2011年06月07日 12:47

余録:国歌斉唱のマネジメント 毎日新聞

「もしドラ」こと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」ですっかり有名になった経営学の大御所P・ドラッカーの主著「マネジメント」だ。その一節である

▲「アメとムチによるマネジメントはもはや有効ではない。……マネジメントの手に、もはやムチはない。アメさえ人を動かす誘因となりえなくなった」。ドラッカーは現代社会の組織にあって人を強制によって動かすのはマネジメントの名に値しないというのである

▲大阪府内の公立学校の教職員に行事の際に君が代を起立して斉唱するよう義務づける条例が先ごろ府議会で成立した。橋下徹知事が代表を務める首長政党が提案した条例で、知事は条例での義務化は「思想良心ではなく、組織マネジメントの問題だ」と説明している

▲おりしも学校長の起立斉唱命令を合憲と認めつつ、強制には慎重さを求める補足意見も付した最高裁判決が先ごろあった。国歌や国旗にごく自然に敬意を表するマナーはすでに社会の奥深く浸透しているのに、組織管理を振りかざしての突然の力業はやぼではないか

▲府議会では自民党も反対した条例化だった。こと組織マネジメントが問題ならば、条例による一律の強制はむしろその無能を示すものに違いない。ドラッカーがいうマネジメントの課題は「誰もが自らをマネジメントの一員と見なす組織を作り上げる」ことである

▲知事は違反者への免職もふくむ処分条例案提出を検討中という。「人が最大の資産」もドラッカーの言葉だ。高校野球の女子マネにマネジメントを学ばねばならぬ教育界にならないよう願う。

以上引用終わり

どーでもいいけど改行とかしろよ。野暮だなw
ソース見てもらえると分かるけど、ベタで書いてあるんだぜ、全部。
読みにくいことこの上ない。

国歌や国旗にごく自然に敬意を表するマナーはすでに社会の奥深く浸透しているのに、組織管理を振りかざしての突然の力業はやぼではないか

社会の奥深くまで浸透しているのに、それをやらない人がごく一部のところに密集しているんだよ。
それを止めさせようとしているだけ。
一般的になったマナーを否定して子供じみた反対運動をしている方が“やぼ”ではないか。

こと組織マネジメントが問題ならば、条例による一律の強制はむしろその無能を示すものに違いない。ドラッカーがいうマネジメントの課題は「誰もが自らをマネジメントの一員と見なす組織を作り上げる」ことである

組織の一員として今後も活躍してもらおうと思うなら、このやり方は無能かもしれないが、別に反対の人達は必要ないのでは?
マネジメントする気がないんだよ、公務員の一員とみなしてないからさ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ もう一度浮上していきたいと思っています。再びご支援のほど、よろしくお願いします!
[やぼな毎日新聞]の続きを読む


最近の記事