光市母子殺人事件に判決

2012年02月20日 16:50

母子殺害、元少年の死刑確定へ=犯行時18歳上告棄却-裁判官1人反対意見・最高裁 時事通信
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/yamaguchi_hikari_murder/?1329718139

 山口県光市で1999年4月に起きた母子殺害事件で殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、差し戻し控訴審で死刑を言い渡された当時18歳の元少年の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、被告側上告を棄却した。元少年の死刑が確定する。

 死刑が確定するのは、光市の無職福田(現姓大月)孝行被告(30)。犯行時少年の死刑が確定するのは、昨年3月に最高裁で上告が棄却された連続リンチ殺人事件の3人以来。

 宮川光治裁判官は、死刑判決を破棄し、改めて審理を高裁に差し戻すべきだとの意見を述べた。死刑判決での反対意見は極めて異例。(2012/02/20-15:26)

以上引用終わり

至極当然の判決。
あらためて亡くなられたお二人のご冥福をお祈り致します。

この裁判では色々なことがあった。

被告のとんでもない手紙が出てきたり、弁護団の荒唐無稽な論理が展開されたり…
その具体的な内容は、ここでは書かない。
ブログが汚れるから。

そんな色々なことがあろうとなかろうと、何の罪もない二人を、単なるおのれの欲望だけで殺害した罪は、死をもって贖うしかない。

犯人の更生とか、後悔とか、一体それがなんだと言うんだ!

犯人の人権は擁護され、名前も出ず、一方被害者は実名で報道され、幾度もいくども日本国中に殺害された様子が報道される。

亡くなった被害者に人権はなく、加害者と平等ですらない。
もとより、亡くなったものと生あるものでは、平等になりえない。

この不条理を少しでも正すために死刑は存在するのだ。

罪なきものが殺され、罪を犯したものが生き残る、そのような世の中に、正義があるはずがない。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングへ 当然!と思われた方はクリックを! 
FC2 Blog Rankingへ 
[光市母子殺人事件に判決]の続きを読む
スポンサーサイト



仕事をしない法務大臣

2011年09月07日 20:20

平岡法相、死刑執行は当面判断せず TBS newsi

 平岡秀夫法務大臣は就任会見で、死刑の執行について「ヨーロッパ諸国などの廃止の流れや国民感情を検討して考える」と述べた上で、「考えている間は判断できないと思う」とし、当面は執行しないとの考えを示しました。

 「死刑という大変厳しい刑罰を実施するには慎重な態度で臨むのは当然」(平岡秀夫 法相)

 平岡法務大臣は、大臣就任後初めての会見で死刑の執行について「ヨーロッパ諸国などの廃止の流れや、必要性を感じている国民感情を検討して考える」と述べました。その上で「考えている間は当然判断できないと思う」として、当面は執行しないとの考えを示しました。

 死刑については千葉景子元法務大臣が去年7月に民主党政権下で初めて2人の刑を執行したあとは、法務大臣が3代にわたって一度も執行していません。(03日00:09)



「考えている間は判断できないと思う」

死ぬまで考えてもらって結構だ。
但し大臣をやめてからな。


「死刑という大変厳しい刑罰を実施するには慎重な態度で臨むのは当然」

裁判所で結論が出ているものを、法務大臣が否定するのか?
決まったものを実施するのに、慎重もクソもない。

死刑制度を廃止したいのなら、法律を変えろ。
不作為で止めるのは、職務怠慢でしかない。

仮に明日から死刑廃止に法が変わったら、死刑囚はそれを理由として、控訴や再審を請求することができる。
もし控訴や再審がなされれば、死刑判決は覆るだろう。
それでも刑事訴訟法にそう定まっているのだから、それに従うしかない。

しかし、法律に背いて死刑判決を受けた死刑囚が、死刑執行は刑の確定から6ヶ月以内という法律に従わない大臣によって延命したにも関わらず、法律によって赦されるのは、著しくフェアではない。

すべては法に則って行われなければ、社会の公平さを保つことはできないのだ。

法務大臣が考えるべきことは、死刑囚のことよりも、そのことではないのか。
その覚悟がないのなら、もとから大臣を受けるべきではない。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 仕事をしろ!と思われた方はクリックを!
FC2 Blog Rankingへ
[仕事をしない法務大臣]の続きを読む

心眼でつくったマニフェスト

2011年01月19日 13:38

江田法相「マニフェストは(野党時に)心眼で作った」見直しへ 産経新聞
2011.1.18 12:38

 江田五月法相は18日の記者会見で、民主党が国民との契約としていた平成21年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに入ったことに関連して、「マニフェストは、われわれが政権にいないときに、霞が関(の官僚)が民主党には十分な情報を提供していただいていない中で、『心眼で見るとこうじゃないか』ということで作った部分がある」と指摘した。

以下略

以上引用終わり

いやいやいやいやいやいや

「マニフェストは、われわれが政権にいないときに、霞が関(の官僚)が民主党には十分な情報を提供していただいていない中で、『心眼で見るとこうじゃないか』ということで作った部分がある」

「心眼」ってそんな不正確じゃないだろうw

当てずっぽうで作っただけだろうが、まったく。

民主党は江田さんなんて新キャラクターまた登場させちゃって、もう濃いキャラばっかりでお腹いっぱいなのに。

法務大臣のくせにこんなこと ↓ 言ってるし。

江田法相「死刑は欠陥抱えた刑罰」 産経新聞
「死刑のことは長く考えてきた。許されない犯罪があるというのはよく分かる。しかし、人は寿命があるので、そう急ぐこともない。それ行け、やれ行けと執行する話とは違う」


寿命なんか関係ない、急いでやれとも言っていない。
法律に則り、判決後6ヶ月以内に執行すべきと言っている。

法務大臣が法を曲げたら誰が守るのだ?

それこそ「心眼」で殺された人間の心情になってみたら。
「そう急ぐこともない」なんて死んでも言えなくなるから。


人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

[心眼でつくったマニフェスト]の続きを読む

人を殺すということ

2010年08月28日 11:53

人気ブログランキング応援よろしく!人気ブログランキングへ

以下東京新聞より引用

対論『死刑制度』

 死刑制度存廃をめぐっては、事件や死刑囚とかかわった人たちが、自らの体験に基づきそれぞれの思いを抱いている。犯罪被害者遺族の松村恒夫さんは「死刑囚は死をもって償うべきだ」と主張。これに対し、死刑廃止を求める弁護士の大谷恭子さんは「制度として人の死を選択できることは、認めてはいけない」と訴える。  

◆弁護士・大谷恭子さん『人の死選択できない』

 「死刑という国家による人為的な死に、国民がどう関心を向けていくのかは、この国の大きなテーマ。死刑制度が存置されているために今は、それを国民が望むことが許されているとも言える」。一審での死刑言い渡し後に弁護を担当した、連続射殺事件の永山則夫死刑囚(一九九七年執行)の裁判を通じて、制度として人が人の死を選択できることは、社会のあるべき姿として認めてはいけないと思うようになった。

 死刑が秘密裏に執行されている問題を訴える。「死刑囚について表に出る情報が少なく、執行までの生活や、最期に何を考えたのかも知ることができない。悔悟して、人間的な変化もあって『なぜこの人を』と思うような人も処刑している」。死刑を州によって存置している米国では、その賛否をいつも論じ、存置派と廃止派が執行日に刑場の外でぶつかり合う。

 東京拘置所は二〇〇三年に改修した。「この平和な時代に、近代的な人を殺す設備が生活のすぐそばにあることを知れば、多くの国民は驚くと思う」。法曹を目指す大学生や司法修習生に死刑について講義すると、みな真剣になる。「すぐに廃止論者にならなくても、深く考えたいと言い出すことがすごい」

 裁判員制度が始まる前に、死刑は廃止すべきだったと考える。「人の命の問題が“市民感覚”で議論され、生きてよいとかいけないとか、決められてはいけないと思うから」。裁判員には「どんなことがあっても人は殺さない」という選択を望んでいる。

 おおたに・きょうこ 2006年から3年間、東京拘置所視察委員会委員。「永山子ども基金」代表。連合赤軍事件、アイヌ民族肖像権裁判などを担当。著書「それでも彼を死刑にしますか」など。60歳。


◆あすの会・松村恒夫さん『殺人の被害回復無理』

 「遺族の望みは、被害者を返してほしいということ。それができないなら死んで償ってほしい。きれいごとではない」。はっきりとした口調で死刑制度の存置を訴える。

 一九九九年に二歳の孫を殺害された。加害者はこの孫の兄と同じ幼稚園に通う子の母親だった。確定判決は懲役十五年。「同じ命なのに、被害者は命を奪われ、加害者は生きている」。事件から十一年が経過した今も、割り切れない思いを抱き続けている。

 死刑について「遺族は事件の前の生活に戻ることはできない。死刑は通過点にすぎないが、一つの気持ちの整理になるのかもしれない」と話す。被害者遺族には「執行ボタンを押させてくれ」という人も多いという。

 担当弁護士のもとに昨年、初めて加害者から手紙が届いた。今も封を開けていない。仮釈放のためのパフォーマンスとしか受け取れなかったからだ。殺人事件では、遺族の被害回復は無理だと考える。

 「遺族の多くは、加害者に更生してほしいと思っていない。反省は、ゆるしにつながらない。反省し真人間になっても『だから何なんだ』と言うしかない」

 刑場公開について、「国民が死刑に関心を持ついい機会だ」と思うが、「死刑は残酷」という形で国民に伝わることを懸念する。「死刑囚は告知され、死ぬ前に読経やミサも受けることができる。被害者はいきなり、もっと残酷な方法で命を奪われている。そうした事実にも目を向けてほしい」と話す。

 まつむら・つねお 1999年11月、東京都文京区で娘と幼稚園の母親仲間だった主婦に、2歳の孫娘を殺害された。全国犯罪被害者の会「あすの会」の活動に2001年から加わり、現在、副代表幹事。68歳。

以上引用終り

東京新聞は死刑好きだな。

悔悟して、人間的な変化もあって『なぜこの人を』と思うような人も処刑している

死刑廃止派のこの言葉も

「遺族の多くは、加害者に更生してほしいと思っていない。反省は、ゆるしにつながらない。反省し真人間になっても『だから何なんだ』と言うしかない」

遺族のこのこの言葉にはなんの力も持たないな。
「だから何なんだ」
加害者が悔悟しようと真人間になろうと、殺された人は返っては来ない。
まさに「だから何なんだ」

まったくの自己中心的な理由で殺人を犯した人間が、更生して人間的に成長したとしたら、過去に犯した自分の罪に慄然として生きてはいられなくなるのではないのだろうか?

人間には失敗や罪を犯すこともあるだろう。
しかし、殺人、しかも快楽や欲得、その他説明のつかないような理由での殺人は、振り返って反省し、次に活かすような次元のものではない。
自分に非のない交通事故で相手が亡くなった人を知っているが、それでも心の負担はかなりのようだった。
まして、自分の手で殺してしまった場合、通常の神経なら潰れてしまうだろう。

まともになったら生きてはいられない罪を犯した人間が、まともになって生きていく…
おかしいだろ。

罪を償いたいというなら自ら刑を執行してくださいと言ってみろ。
そんな死刑囚は寡聞にして知らない。

関連記事 死刑の存在理由

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





国家による殺人

2010年07月30日 12:51

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ

以下産経新聞より引用

【死刑執行】「極めて遺憾だ」「残酷だ」EU、日本に廃止を呼び掛け
2010.7.29 09:50
 欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表は28日、日本が2人の死刑囚の刑を執行したことについて「極めて遺憾だ」とする声明を発表、日本に対し死刑制度の廃止を要求し、それまで死刑執行を凍結するよう呼び掛けた。

 アシュトン上級代表は「死刑は残酷、非人道的で廃止されるべきだ」とのEUの主張を強調。世界の3分の2以上の国々が死刑制度を廃止、あるいは死刑執行を停止していると指摘し、日本も世界の潮流に従うよう求めた。(共同)

以上引用終り

死刑についてはなんども書いてきたわけだが、

関連記事 死刑の存在理由

観点を変えてみると、死刑というのは国家が殺人を行うことといえる。
ありがたい、アムネスティさんもそう仰っている。
参照 【死刑執行】「国家による殺人を行う国に戻った」国際人権団体が千葉法相の執行を批判 産経新聞

では、国家による殺人というのは死刑だけなのか?

・戦争 
これも国家による殺人と言える。しかし、それを放棄したという国はEUはもちろん世界中で聞いたことはない。
どっかの国の憲法には書いてあるらしいがw

・警察による犯人射殺
これもそうだ。もちろんやめている国はない。
これをしないと差し迫った危機を回避できないためやむを得ず行う行為であるが、殺人でないとは言えまい。

日本で行われる死刑・戦争・警察による射殺等を合計すると、EU諸国の合計より多いんでしょうかね?
調べようとも思わんが、まずイラクやアフガン、そこいらにいって戦争や内戦やめさせるほうが、よっぽど有意義だと思うがね。

まあ、やめさせるには殺人が必須だけどな。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事