憲法と国民の命の価値が同じだと思っている共産党

2016年07月02日 15:11

20140801赤旗

自衛隊どうする? 疑問にお答えします 赤旗

◆憲法を守ることと、国民の命を守ることの 両方を追求します

 私たちは、自衛隊は憲法違反の存在だと考えています。同時に、すぐになくすことは考えていません。国民の圧倒的多数が「自衛隊がなくても大丈夫」という合意ができるまで、なくすことはできません。将来の展望として、国民の合意で9条の完全実施にふみだすというのが、私たちの方針です。

 それまでは自衛隊が存続することになりますが、その期間に、万一、急迫不正の主権侵害や大規模災害などがあった場合には、国民の命を守るために自衛隊に活動してもらう―この方針を党大会で決めています。

 憲法を守ることと、国民の命を守ること―この両方を真剣に追求していきます。

以下略

以上引用終わり

目的と手段を取り違えることは利口ぶったバカにありがちだが、今の野党さんは軒並みそう。

政党は政策を実現していくことが目的であって、政権を採ることが目的でも、安倍内閣を止めることが目的であるはずもないのだが、すっかり手段が目的とかしてしまっている。

憲法についてもそう、憲法は国家国民の幸福を目指して存在するものであって、憲法のためにこちらが合わせるものではない。
当たり前のことで、民放でも刑法でも、現状に合わなくなれば、暫時改定がされている。

例えば、女性の再婚期間の規定は、与野党とも賛成で可決成立した。
 → 
女性の再婚禁止期間を100日に短縮 民法改正法が成立 朝日新聞

これは民法だが、それにしたって民法でこう決まっているのだからと民法を守れ!といえばよかったのに。

これが憲法になると、さらに憲法9条になると、違憲状態の自衛隊が存在し国民に認知されていようと、国際法上認められている自衛権を放棄しても、憲法9条を守れ!という。

憲法を守ることと、国民の命を守ること―この両方を真剣に追求していきます。

共産党にとっては「憲法」と「国民の命」は同列のようである。
そのような政党に、国民の命は預けられない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ


日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党

新品価格
¥1,404から
(2016/7/2 15:08時点)


[憲法と国民の命の価値が同じだと思っている共産党]の続きを読む
スポンサーサイト

平和というよりたまたま無事だっただけだよ

2015年07月26日 14:39

20150725安保法制反対パレード@静岡

 衆院を通過した安全保障関連法案の廃案、憲法9条の順守を呼び掛けるイベント「いのちを守る 戦争させない・9条壊すな! 静岡総がかり行動」(同実行委主催)が18日、静岡市内で開かれた。参加者約2千人(主催者発表)が「戦争法案を廃案にさせるため全力で闘う」とするアピールを採択し、連帯を訴えてパレードした。

 実行委を代表して県弁護士会の河村正史弁護士があいさつし「政府・与党の強行採決は野蛮」と批判。9人が登壇したマイクリレーで、4人の子どもを持つ母親は「私の子育てに『戦争反対』が加わった」と声を上げ、現役教員も「私たちは教室で民主主義を教えている。廃案を目指して頑張ろう」と訴えた。

 政府が安保関連法案の合憲性の根拠として「砂川事件」の最高裁判決を引用することに対し、憲法学者らから批判が上がっている。パレードでは、免訴を求めて再審請求している同事件の元被告土屋源太郎さん(80)=静岡市=らが先頭に立って「歴史の逆行、絶対反対」と唱えながら市中心部を練り歩いた。

以上引用終わり

仕事に追われている間にこんなこと静岡でやってたのか、冷やかしに行けば良かった(笑)

しかしまあ“お目出度い”人達だ。

今の憲法は日本の牙を抜くためにアメリカが作り、日本が戦前悪いことした、これから日本は平和でなければいけない、と洗脳され、戦後サヨクは生まれた。

それから綿々と、アメリカの軍事力に守られながら日本独特のサヨクは幅を利かせてきたのだ。

アメリカの軍事力を否定しながら、それに守られている皮肉、それを憲法9条のおかげだと自分自身に言い聞かせ、それゆえ固執してきた。

逆に言えばアメリカが日本のサヨクを産み育てて守ってきたとも言える。
時にサヨクが騒げる口実も作ってあげてな。

それをまるで自らが平和を守ってきたかのように思いこんでいる滑稽さよ。

その横断幕には「昔洗脳目的で与えられたルールを後生大事に守って来たバカです」って書いてあるんだよ。バーカ。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ これはひどい、と思った方はクリックを!
にほんブログ村 政治ブログ
にほんブログ村 政治ブログへ

高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」

「平和」という病~一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く~
樋口 恒晴
ビジネス社
売り上げランキング: 49,564


[平和というよりたまたま無事だっただけだよ]の続きを読む

イラク空自違憲 もう夢から覚めたら

2008年04月19日 01:01

以下毎日新聞社説より引用

社説:イラク空自違憲 あいまいな説明は許されない

 イラク復興特別措置法に基づく航空自衛隊のバグダッドへの空輸活動を違憲とする判決が出た。自衛隊のイラク派遣に反対する市民グループが国を相手取って、派遣が憲法違反であることの確認を求めた控訴審で、名古屋高裁(青山邦夫裁判長)が17日、判断したものだ。

 陸上自衛隊は06年7月にイラク・サマワから撤退したが、空自は昨年6月のイラク特措法改正で活動が2年間延長された。イラクで5年目の活動を展開しており、クウェートから首都バグダッドへの輸送などを担当している。

 判決はまず、バグダッドで米軍などと武装勢力との間で激しい武力衝突が起きていることを指摘し、特措法でいう「戦闘地域」にあたると認定した。そのうえで、「多国籍軍の武装兵員を戦闘地域であるバグダッドに空輸する活動は、他国による武力行使と一体化した行動で、武力行使を行ったとの評価を受けざるを得ない」とした。

 政府と同じ憲法解釈で特措法を合憲としたとしても、活動を「非戦闘地域」に限定した特措法と、武力行使を禁じた憲法9条に違反するとの判断である。

 重要なのは、判決がイラク国内の紛争は多国籍軍と武装勢力による「国際的な武力紛争」であるとの判断に基づき、バグダッドを「戦闘地域」と認定したことだ。政府がイラクでの自衛隊の活動を合憲だと主張してきた根拠を根底から覆すものだからだ。

 イラクに自衛隊を派遣した小泉純一郎首相(当時)は、国会で非戦闘地域について質問されて、「自衛隊が活動する地域は非戦闘地域である」と答弁し、物議をかもしたことがある。また、党首討論では、イラク国内の非戦闘地域について聞かれ、「イラク国内の地名とかを把握しているわけではない。どこが非戦闘地域かと聞かれても、分かるわけがない」と発言したこともあった。

 判決は、極めてあいまいだった当時の首相発言を指弾する内容でもある。政府は判決を真摯(しんし)に受け止め、活動地域が非戦闘地域であると主張するなら、その根拠を国民にていねいに説明する責務がある。

 さらに、判決が輸送対象を「武装兵員」と認定したことも注目に値する。政府はこれまで、空自の具体的な輸送人員・物資の内容を明らかにしてこなかった。小泉首相は、当時の記者会見で「空自による物資の輸送はしている。しかし、どんな活動をしているかは部隊の安全の面があり、公表できない部分もある」と述べていた。

 しかし、輸送対象に米軍を中心とする多国籍軍が含まれており、当初の「人道復興支援」から「米軍支援」に変質したのではないかとの見方が前からあった。

 政府は、輸送の具体的な内容についても国民に明らかにすべきである。

毎日新聞 2008年4月18日 東京朝刊


以上引用終わり

人間の行動には目的という物がある。

今回の裁判は一応賠償請求をしているが、これは手続き上のこと(賠償請求しないと裁判できない)で、原告(李誠姫氏)側の真の目的は違憲判断をさせることだろうから、その意味では目的は達せられた。

退官した青山邦夫裁判長にとっても自分の信条を主文ではないところで披露できて満足なんでしょうね。青山邦夫裁判長の目的も達せられました。
青山裁判長の過去の判決→挺身隊訴訟 国の不法行為責任認定 西日本新聞

ではあなた方はこのあとどうしたいのですか?

目的が到達点なら目標は通過点、もちろんこの判決が到達点ではないですよね。
無防備宣言でもしますか?


社説では“あいまい”という言葉を繰り返しているが、憲法9条自体があいまいに運用されている。
その下位法たる特措法はあいまいに運用されざるを得ない。

ではその“あいまい”はなぜ生じたのか?

憲法9条を文字通り堅持しようとする勢力と現実の世界とのギャップを調節するために、日本人特有の“あいまい”な処理が発揮され、このような状態になっているのではないのか。

夢の国の住人になるべく長く夢を見てもらうためにこのような不自然な状態をとってきたが、そろそろ夢から覚めてもらわないとしょうがないだろう。

現実世界は厳しいが我々は生きていかねばならない。
もうピーターパンではいられないのだから。
[イラク空自違憲 もう夢から覚めたら]の続きを読む


最近の記事