石破氏の正論

2010年04月28日 12:54

以下産経新聞より引用

徳田氏と面会に「首相の認識に著しく欠ける」石破氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000534-san-pol

2010.4.28 12:06
 自民党の石破茂政調会長は28日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、鹿児島県・徳之島に影響力を持つ徳田虎雄元衆院議員と面会したことを強く批判した。石破氏は「なぜ知事や町長ら今の民意を反映している人に直接語りかけずに有力者に会うのか。困ったときは有力者に頼んでなんとかしようという考え方は、行政の最高の長がすべきことでは絶対にない。首相としての認識に著しく欠ける」と語った。

以上引用終り

まったくもって正論。

総理は行政府の長だから、行政組織の中で話を進めるべきだ。
行政の人ではない有力者に会ってなんとかしようとする行動が筋違いって事自体、鳩山にはわからないだろうが。

しかもその面会相手は筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病になって闘病している状態だ。
常時人工呼吸器をつけていなければならないような人に、自分のメンツのためだけの徳之島移転に協力を要請しに行くなんて…

地元の意見も個々人の事情もなんら忖度しない奴が、「いのちを守りたい」だ?
笑わせるな!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



スポンサーサイト





最近の記事