混迷する政局

2011年01月06日 21:54

今日は小ネタを二つ

首相「議論できる国会を」と態勢作りを指示 仙谷氏、岡田幹事長らとの会談で 産経新聞

 菅直人首相は6日午前、官邸での岡田克也幹事長ら民主党幹部との会談で、今月下旬に予定される通常国会召集に関し、「しっかりした議論ができる国会ができるよう、立ち上がりのところを作ってほしい」と指示した。自民党などの野党が、仙谷由人官房長官への参院での問責決議や小沢一郎元代表の「政治とカネ」の問題などを理由に審議拒否の姿勢を示していることを念頭に、円滑に平成23年度予算案の審議に入る態勢作りを求めたとみられる。

以上引用終わり

「しっかりした議論ができる国会ができるよう…

確かに予算委員会でスキャンダル話ばかりも困るけどさ、
海兵隊がどういうものか知らない防衛大臣とか、
kitazawa

乗数効果を知らない財務大臣とか、
kan

柳腰の意味も知らない官房長官とか、

sengoku

そんな大臣ばかりじゃ議論も深まりませんわね。

態勢づくりの前にちゃんと勉強しろ!

たちあがれ与謝野氏が連立騒動の内幕を“暴露” 「平沼氏は前向きだった」 産経新聞

 たちあがれ日本の与謝野馨共同代表は6日昼、BS11の番組収録で、昨年末の民主党政権からの連立への参加打診について「菅直人首相から『たちあがれ日本と協力できないか。平沼赳夫代表を閣僚に取りたい』と2度、話があった。平沼氏は『その方針でやってくれ』と言った」と述べ、平沼氏が参加に前向きだったと明らかにした。

 また、与謝野氏は、民主党の岡田克也幹事長と平沼氏の昨年12月22日の会談の様子について「岡田氏が国会の現状、政権運営の苦しさ、未解決の拉致問題を話し、平沼氏が『協力するにやぶさかではない。ただし、亀井(静香国民新党代表)氏のような扱いはしてほしくない』と(応じた)」と明かした。

 ただ、平沼氏を除く所属議員の賛同が得られず、連立参加を見送ったという。たちあがれ日本の連立参加をめぐっては、与謝野氏が参加に前向きな一方、平沼氏は終始反対だったとみられていた。

以上引用終わり

平沼氏は『その方針でやってくれ』と言った」と述べ、平沼氏が参加に前向きだったと明らかにした。

やっぱりね。
ぐずぐずしてるからそんなことだろうと思ったよ。


よくも悪くも決定に時間がかかっちゃダメなんだよ。
マスコミに連立協議をしていると流れる前に決断しなければならなかった。
どっちに決めるにしてもね。

今すぐ下される間違った意志決定が、最後まで引き延ばされる意志決定に優る。 ブライアン・トレーシー

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

[混迷する政局]の続きを読む
スポンサーサイト



「元々日本人じゃない」 からなんだよ

2010年01月18日 18:42

以下livedoorニュース(毎日)より引用

[平沼赳夫氏]蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」

2010年01月17日21時01分 / 提供:毎日新聞
 平沼赳夫元経済産業相(岡山3区)は17日、岡山市内で開いた政治資金パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた民主党の蓮舫参院議員について「元々日本人じゃない」と発言した。

 平沼氏はあいさつの中で、次世代スーパーコンピューター開発費の仕分けで蓮舫議員が「世界一になる理由があるのか。2位では駄目なのか」と質問したことは「政治家として不謹慎だ」とし、「言いたくないが、言った本人は元々日本人じゃない」と発言。「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と続けた。

 平沼氏はパーティー終了後の取材に対し、「差別と取ってもらうと困る。日本の科学技術立国に対し、テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」と説明した。

 蓮舫議員のウェブサイトによると、蓮舫議員は67年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合にしか日本国籍を取得できなかったが、改正国籍法施行後の85年に日本国籍を取得した。【石川勝義】

以上引用終り

言っていいことと悪いことがある。

「言いたくないが、言った本人は元々日本人じゃない」

これは事業仕分けに対する批判、蓮舫議員に対する批判とはまったく関係ない。
だからここで触れる必要性はなにもない。

事業仕分け自体は問題点もあるとは思うが、蓮舫議員は蓮舫議員なりに無駄をなくそうとはしていただろう。
彼女なりの方向性で。

日本の文化を理解し、日本のために貢献しようという意思がある人は、日本人として認めていいと思う。
肌の色が違ったりや両親がどこの国籍であってもだ。

いつまでたってもそれらのことで排斥されるような国に未来はない。

排他的であることと保守的であることは決してイコールではない。
そんな認識で保守の新党を作るとか、言わないでくれ。
がっかりだよ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



「衆院選後に大連立を」 平沼元経産相

2009年02月25日 07:30

以下産経新聞より引用

「衆院選後に大連立を」 平沼元経産相
2009.2.24 18:59

 平沼赳夫元経済産業相は24日の民放BS番組の収録で、政治体制のあるべき姿について「10年くらい選挙を凍結し、挙国一致内閣をつくり、この難局に立ち向かわないといけない」と述べ、次期衆院選後は自民、民主両党などによる大連立政権をつくるべきだとの考えを示した。


以上引用終わり

おいおい、10年選挙凍結って、任期あるから普通に無理だろ(笑)

まあ言わんとすることはわかるが。

安倍内閣が参院選で敗北して以来1年半、政策実行の速度は異様に遅くなっている。
ただでさえ遅い日本の政治状況であるにもかかわらず、さらに遅くなるとは致命的だ。

まして、100年に1度の危機といわれる中で、このくだらない政争と、揚げ足取りに明け暮れ、対策は遅々として進まない。

この状況を回避するのは自民・民主による大連立しかない。

この先衆議院選がどうなるか分からないが、参議院で単独過半数を取れている党はないわけだから、どっちにしても連立しないとならなくなる。

公明、社民、国民新党などと連立しても、よほど都合のいい結果が衆議院選挙ででないと、安定的な政権にはなりえない。

選挙後、長期安定的な政権を自民・民主で組み、当面の選挙を遠ざけ、議員たちもしっかり腰を据えて、政治に取り組んでもらいたい。

平沼さんこういう趣旨だよね?
そうじゃなかったらやばい発言だよ。大丈夫?

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー






最近の記事