卑劣なのはどっちだ?マスゴミ

2011年06月25日 19:45

民主党比例選出の大島九州男議員が開いたパーティが物議をかもしている。
内容はZAKZAKの記事を引用しながら以下に紹介するが、これは確かに配慮の足りないところはあったけれど、こうまで非難される内容ではないと思う。

卑劣!菅顔負け、民主新人「復興支援」名乗り政治資金稼ぎ ZAKZAK

 民主党新人議員のとんでもないニュースが飛び込んできた。東日本大震災の復興支援パーティーを開き、総額約350万円を集めながら、義援金は1割程度の約40万円。残りはやけに高い経費、義援金の倍額近くを自身の政治資金にあてるというのだ。菅直人首相に近いこの議員のブログは「詐欺だ」などと書き込まれて炎上。国会の会期延長をめぐり、菅首相と党執行部が壮絶バトルを繰り広げた陰で、新人議員は大震災を利用して“資金稼ぎ”。民主党は一体どうなっているのか。


この部分だけを読むと確かに酷いと思わざるをえない。

 問題の議員は、民主党の大島九州男(くすお)参院議員(50)=比例区。衝撃の事態は、西日本新聞が22日に社会面トップで「資金集め 震災便乗?」とスクープし、読売新聞も翌23日に西部朝刊で報じた。


読売新聞の報道 → 参院議員、震災支援と資金集めたのに義援金1割
西日本新聞の報道 → 資金集め 震災便乗? 民主・大島氏 政治パーティー収入 義援金1割 「あくまで支援目的」

 両紙によると、大島氏は今月19日、北九州市内のホテルで「東日本大震災復興・支援する集い」というパーティーを開催。大島氏の後援会が中心の実行委員会が主催し、パーティー券は1枚1万円で、約200人が集まった。

 第1部は大島氏の被災地での活動報告があり、第2部は懇親会で、猿回しや踊りが披露され、東北の海産物や地酒が振る舞われた。


両紙によると

つまりこの記者は他紙を参照して書いているだけ。

大島氏の被災地での活動報告

大島議員は福岡県に事務所を置く議員だが、同氏のブログで確認しただけでも、
4月1~2日に仙台-福島 → がんばろう、日本!!6 被災地訪問 1 大島議員ブログ
5月3~4日に福島 → がんばろう、日本!! 被災地慰問 柔道整復師のボランティアのみなさんと 同ブログ
と、実際に被災地に赴き、活動をしている。
これはなぜ報じられないのか?

東北の海産物や地酒が振る舞われた。


活動報告と東北の産品を嗜む会、いい会だと思うのは私だけなのだろうか?

 問題視されたのは、総額約350万円という収入の分配。両紙の取材に対し、大島氏の事務所などは「7割が経費で、約40万円を日本赤十字社を通じて被災者に送り、約70万円を政治資金に充てる」と返答した。

 つまり、「復興支援」「被災地支援」とうたいながら、自らの活動資金と被災者への義援金を両方集めるかたちの政治資金パーティーで、分配額は政治資金の方がはるかに多いのだ。


これは確かに頂けない。
しかし、この会は例年開かれている後援会主催のパーティのようだ。

大島氏は「毎年この時期に政治資金パーティーをやっているが、今回は九州の人に被災者の生の声を聞いてほしかった。あえて国政報告もせず、集まった資金も例年の半分ほどだ」と説明。

前出 西日本新聞記事より抜粋

いつもの会で、いつもは経費を引いた全額を政治資金に充てていたところを、今回は一部義援金に充てようと考えたのだろう。
「売上の一部を義援金にします」という、どのくらいの一部なのかを明らかにしない企業のコピーとさほど変わらないように思う。
政治家として認識が甘いのは間違いないが、いつも来るメンバーだから分かってもらえると考えたのではないか?

 東北の食材を用意、いつもより経費がかかったとしても、復興支援を名乗りながら1万円のうち、7000円が経費というのは、ちょっと高過ぎないか。しかも、“利益”の配分は“自分用”が多い。


1万円のうち7000円が経費というのは高いと、何で判断しているのか?
どんな食材が出たとか詳しくわからないのに、なぜ高すぎと言えるのか、まったくもってわからない。

 政治評論家の森田実氏は「けしからん、許しがたい話だ」といい、こう続けた。

 「『復興支援』と言うのであれば、出席者からすれば、収入から経費を引いて得た金額のすべてが義援金だと思うのが自然だ。それを政治資金として自分のものにしたのだから、便乗商法や詐欺に等しいといわれてもやむを得ない。ただちに全額を義援金と改めたうえで、議員辞職して責任を取るべきだ」

 復興支援をダシに使おうとしていたのなら、被災者感情を考慮しても、日本人としても、とっても許されるものじゃない。


森田実氏は自分でも調べて話しているのだろうか?
もっとも「それが事実なら」とか断っているのを、マスコミが報じないだけかもしれないが。

私には議員辞職するほどの不祥事だとはとても思えない。

復興支援をダシしようという人間が、実際に被災地に足を運んで活動したりするだろうか?
軽率ではあったが、マスコミにハメられた感の方がずっと強い感じがする。

最後に大島議員のブログコメント欄にある、騒動が起こる前のコメントを一部紹介したいと思う。

2011-05-06 20:14:47
福島県柔道整復師会 遠藤と申します。
5月3日4日先生の行動力をまざまざと見せていただきました。
福島県人として今回の福島でのボランティア心より感謝するばかりです
避難所の方々も大変喜んでいただきました事もご報告致します。
なんと言ってもボランティアチームの若さが頼もしく感じました。これからの柔整師の将来は大丈夫と感じました。
ありがとうございました。


現在大島議員のブログには罵詈雑言も溢れているが、コメント欄を閉じることも、コメント削除することもなく、そのまま掲載されていることも合わせて付記しておく。

7/9追記 大島議員のブログ・コメント欄は現在承認制となっており、2011-06-24 22:44:41以降、新しいコメントは承認されておりません。
それ以前のコメントはそのままのようです。(賛否とも)
なぜかここのトラックバックだけは承認してくれたようです(笑)


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ポジショントークはやめようぜ!と思う方はクリックを!
[卑劣なのはどっちだ?マスゴミ]の続きを読む
スポンサーサイト





最近の記事