中国海軍の意図

2011年06月10日 13:15

大国として節度ある行動を…中国艦通過で防衛相 読売新聞

 北沢防衛相は10日午前の閣議後の記者会見で、中国海軍の艦艇計11隻が沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過したことについて、「それ以上の行動があるかどうか、重要な関心を持って監視し、情報収集に努める」と注視する考えを示したうえで、「中国は大国として節度のある行動を取ってほしい」と自制を求めた。

(2011年6月10日11時40分 読売新聞)

以上引用終わり

公海上を艦船が通過することは何も問題がない。
だから、日本の艦船も、公海である台湾海峡を通過して演習しても問題ない。

しかし、それをそれば中国はものすごい反発をするだろう。
かつてアメリカの空母キティホークが通過したとき、さまざまな嫌がらせをしたように。

それはなぜか?
軍事演習というものは、紛争が予想される現場でやるのが一番いいし、もしその現場で出来なければ、よく似た地形の場所でやろうとするものだ。

日本が台湾海峡で演習するということは、日本が台湾での軍事紛争を想定しているということになるからだ。
だから中国は警戒する。

翻って中国はどうなのか?
沖縄本島と宮古島の間を抜けるということは、この近海かその先での軍事紛争を想定しているということだ。

だから日本はよく監視しておく必要がある。
中国の意図が奈辺にあるか、見ていれば分かる。

ただひとつ言えることがあるとすれば、日本は平和じゃない、ということだ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 9条では日本を守れない!と思う方はクリックを!
[中国海軍の意図]の続きを読む
スポンサーサイト





最近の記事