すり寄る公明

2010年03月13日 12:00

以下時事通信より引用

すり寄り批判当たらず=公明の井上幹事長

 公明党の井上義久幹事長は12日午前の記者会見で、子ども手当支給法案の修正合意など政策面で民主党への接近が目立っていることについて、「公明党は国民のために必要な施策を実現する観点で積極的に提案して、必要があれば修正を求めていく。基本的姿勢は一貫しており、すり寄り批判は当たらない」と述べた。(2010/03/12-12:37)

以上引用終り

( ´,_ゝ`)プッ

「公明党は国民のために必要な施策を実現する観点で積極的に提案して、必要があれば修正を求めていく。基本的姿勢は一貫しており、すり寄り批判は当たらない」

なるほど、ではどれくらい一貫しているか、公明新聞で見てみよう。

検証・民主党「子ども手当」より抜粋
http://www.komei.or.jp/news/2008/1120/13062.html
公明新聞:2008年11月20日

対象児童いない世帯は大増税

扶養控除廃止というが
必要財源(5.6兆円)の1/3にも満たず


 さて、実際に民主党の子ども手当が実施されるとどうなるか。中学生までの対象児童のいない世帯は大増税。「控除の廃止で、子どものいない世帯の多くは増税になってしまう」(読売「社説」 2007年12月27日付)、「手当の財源には配偶者控除や扶養控除の廃止分を充てるため、子どものいない家庭は大幅増税になる可能性もある」(週刊朝日 2008年10月24日号)などと指摘されている通りだ。



子供のいない家庭が大増税になることは、現在でも解消されてはいない。

児童手当拡充に反対続けた民主
「子ども手当」語る資格なし


 そもそも民主党に、子ども手当の創設を語る資格などない。なぜなら<右表>の通り、2000年6月から4回にわたる児童手当の拡充に「バラマキ」などとの批判を浴びせ、反対し続けた唯一の政党だからだ。



児童手当以上のバラマキであることはまったくかわっていない。

お粗末な民主党の政策

 マニフェストに支給月額が明示されたのは、2005年衆院選時。中学卒業まで、1人当たり月額1万6000円の子ども手当を支給し、その財源として、配偶者控除・配偶者特別控除・扶養控除(老親控除以外)の廃止を挙げた。

 しかし、お粗末なのは、これを実行すると、子育て家庭は家計がより苦しくなるということ。妻が配偶者控除の対象者で、子どもが小学1年生1人の3人家庭をモデルに試算すると、子ども手当の年額が19万2000円。各種控除の廃止による増税が年額14万2000円で、差し引き5万円。一方、当時から児童手当制度は、第1子は月額5000円で年額6万円。つまり、民主党案だと1万円も損をすることが明らかだった。

 そのためか、2007年参院選時のマニフェストから急に、支給月額を2万6000円へとハネ上げた。しかし、財源が遠く及ばず、所詮、“空手形”にすぎないのである。



“空手形”を強行されて、財源の根拠がないまま大きな支出だけが決定されているのはこれまたなにもかわらない。

基本的な問題はまったく解決していないにもかかわらず、公明党の主張する年間何回に分けて給付するかという改正だけを取り入れて賛成する、これを政権へのすり寄りといわずして何というのであろう。
しかも公明党の主張した給付回数を増やすという修正は、事務の手間を増やす改悪でしかない。

なにをやっても支持してくれる支持者がいる政党はいいですな。
この先は民・公連立ですか?
屑が集まってくれりゃわかりやすくていいですよ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



スポンサーサイト



「わが党に世襲なし!」でもね

2009年04月24日 12:21

以下産経新聞より引用

「わが党に世襲なし」 公明代表が強調
2009.4.24 11:27

 公明党の太田昭宏代表は24日午前の記者会見で、国政選挙での世襲候補の立候補制限について「わが党は世襲はまったくないし、世襲の議員はいない。今後もおそらくいない」と強調した。

 ただ、「法律で決めるような問題ではない。各党が考えて公認をどうするかという問題だ」とも指摘し、各党の判断に委ねる考えを示した。


以上引用終わり

「世襲以前にお前らの議員は全員同じ考えの、言わば操り人形だろうが!」

以上

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



成田―羽田にリニア!?

2009年01月03日 19:48

以下朝日新聞より引用

「成田―羽田にリニアを」公明・太田代表、街頭演説で
2009年1月2日16時58分

 公明党の太田代表は2日、JR新宿駅前で街頭演説し、「成田羽田の(両空港の)間をリニアで結ぶと、12、13分。我々は『東京オリンピックを2016年に』と言っている。一気にそうしたナショナルプロジェクトを大胆に前倒しすることが大事だ」と景気対策として公共事業を前倒しする必要性を強調した。両空港をリニアで結び、ハブ空港にすることをめざす事業を10年代半ばまでに実現するよう政府に提案する考えだ。

以上引用終わり

どんなにリニアが速くてもね~
荷物持って有料で移動しなきゃならないって時点でハブ空港じゃないし・・・・・・
だいたい羽田成田リニアって近すぎじゃないの?
加速してる間についちゃいそう。

そんな金あったら羽田を拡張して成田は貨物専用とかにしたら?
実際成田はノースウエストがハブとして使ってるし、羽田はその流れだし。↓
参照 羽田の国際化へ着々 秋に新滑走路・深夜早朝枠・アクセス整備 フジサンケイビジネスiより

大型公共事業を前倒しして実施するというのには基本的に賛成だけど、継続的に運用し続けられるような有意義なものでないと意味がない。
それとあんたは東京選出の議員かもしれないけど、国会議員なんだから東京近郊の話ばかりじゃなく日本のプロジェクトの話をしような。
都議選のことばっかり考えてちゃだめだよ(笑)

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



創価の圧力による福田辞任

2008年09月02日 02:02

福田首相が辞意表明した。

福田首相に特に期待もなく、変わっていただくのは結構なことだが、今回の辞任劇はいただけない。

この辞任は公明党創価学会の圧力によるものだからだ。

憲法違反の輩に国政を壟断されるのは、唾棄すべきことだ。

公明党の太田昭宏代表は「正直言って驚いています。会見の話を聞きましてね、総理として熟慮をした結果のご判断だというふうに思っています」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20080902/20080902-00000756-fnn-pol.html

などと白々しいことを言っているが、心の中ではほくそ笑んでいることだろう。

年末年始の解散総選挙を狙う公明党創価学会は、臨時国会の召集を遅らせるように主張した。
その魂胆は時間を稼ぎその間に福田総理をおろして選挙を有利にしようとたくらんだのだ。
カルト宗教団体の都合のために日本国の首相が辞任に追い込まれてもいいものか否か、言わずもがなだ。

また、臨時国会を召集されるとと困る事情が公明党創価学会にはあった。
1つは新テロ対策特措法の問題。
衆議院2/3条項で再可決成立に協力した公明党創価学会だが、支持者からは不評であり、なにより平和のイメージを損なうという懸念があった。
だから今回の新テロ特措法延長には正直賛成したくないが、連立の関係上拒否もしにくい。
ならば国会そのものをなくしてしまおうと考えた。

2つめは元公明党委員長の矢野絢也氏の問題。
関連記事 矢野絢也さんより話を聞く会
民主党などが臨時国会で矢野氏を招致しようとする動きがあり、そこでどんな話が飛び出すか、戦々恐々だったはずだ。
ならば招致する場所自体をなくしてしまおうと考えた。

これらの問題が発生する前に解散総選挙をやり、党勢を維持拡大したいとの思惑があり、福田総理を追い込んだのだろう。

これ以上カルトの政治関与を許してはならない。

公明党・創価学会の影響力を抑えるのは簡単だ。
みんなが選挙に行くこと。そうすれば創価の組織票の価値はぐっと下がる。

こうなれば総選挙も近いだろう。
公明党に投票しないだけでカルトを拒否できるのだ。
創価を排除する目的で選挙に行こう!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー

人間として信じ難いのはどちら?

2008年05月18日 13:27

以下時事通信より引用

「人間として信じ難い」=公明代表、矢野氏の学会提訴を非難
2008/05/16-12:31

 公明党太田昭宏代表は16日午前の記者会見で、同党の矢野絢也元委員長が支持母体の創価学会などを相手取り、損害賠償を求める訴えを起こしたことについて「訴状自体がよく分からない」とした上で、「(矢野氏は)支援団体にお世話になった、感謝していると述べながら提訴するとは、人間として信じ難い」と非難した。

以上引用終わり

「訴状自体がよく分からない」

にも関わらず

人間として信じ難い」と非難した。

て言うことは

つまり

創価学会を非難する人は人間として信じがたい。」という方程式が出来上がっているということだろ。

以上

ちなみに矢野絢也氏が提訴したときの記事
元公明党委員長、創価学会を提訴=「言論活動を妨害」-東京地裁 時事通信より
[人間として信じ難いのはどちら?]の続きを読む


最近の記事