安倍総理と被災地の少女

2013年03月02日 14:44

就任間もない1月12日、安倍首相は宮城県亘理を視察で訪れた。
福島に続き、すでに総理として2度めの被災地視察だ。

そこで総理は一人の少女と再会した。
小野望美ちゃん(10)だ。

望美ちゃんは東日本大震災で、大好きなお母さんと曾祖母を亡くした。
ひときわ甘えん坊だった望美ちゃんは、お母さんの柩にとりすがって泣きじゃくった。

安倍総理が、まだ総理になる前、望美ちゃんに初めて会ったのはそんな時だ。
望美ちゃんは安倍氏に近づき、「写真を一緒にとって」と言った。
安倍氏は快く応じ、それ以来二人には縁ができた。

お母さんを失い、心痛の日々を送る望美ちゃん。
それでも、望美ちゃんはお父さんやお姉さんに支えられ、頑張って日々を過ごしている。
そんな近況を二人はやり取りするようになる。

そんなとき、思いがけない手紙が、望美ちゃんに届いた。
亡くなったはずのお母さんからの手紙だ。


天国からの手紙
平成21年5月に小野望美さん宛に母親の由美子さんが書いた手紙(一部画像を修正しています)

「げんきに学校にいってくれるだけで おかあさんは、とてもあんしんしていました」


実は、望美さんの小学校入学時、お母さんがランドセル会社のタイムレターの企画に応募し、千日後に娘へ届くようにしていたのだった。

お母さんの大きな愛情、そして家族の絆が、少しずつ望美ちゃんを癒していく。

そんな望美ちゃんが、安倍総理に再開し伝えたかったこと、それは、

「小学校を建ててほしい」
総理と望美ちゃん

過去ではなく、未来に向かった要望は、安倍総理の胸を打った。

安倍総理は、所信表明演説で望美ちゃんに触れ、こう話した。

 被災地のことを想う時、私は、ある少女とその家族の物語を思い出さずにはいられません。東日本大震災で、小学校三年生だった彼女は、ひいおばあさんとお母さんを亡くしました。悲しみに暮れる家族のもとに、被災から二か月後のある日、一通の手紙が届きます。それは、二年前、少女が小学校に入学した後に、お母さんが少女に内緒で書いた「未来へ宛てた手紙」でした。

 手紙には、入学当初の苦労話の後に、こう綴(つづ)られていました。

 「げんきに学校にいってくれるだけで、とてもあんしんしていました。このてがみを みんなでよんでいるところを たのしみにして、これから おかあさんは がんばっていきます」

 この手紙を受け取ったのは、私がかつて被災地で出会い、先般、再会を果たした少女です。その際、彼女は、私の目をじっと見つめ、「小学校を建てて欲しい」と言いました。過去を振り返るのではなく、将来への希望を伝えてくれたことに、私は強く心を打たれました。

 故郷(ふるさと)の復興は、被災地の皆さんが生きる希望を取り戻す作業です。今を懸命に生きる人々の笑顔を取り戻す。それは、その笑顔をただ願いながら天国で私たちを見守っている犠牲者の御霊(みたま)に報いる途(みち)でもあるはずです。

首相官邸HP 所信表明演説より抜粋

「復興」-誰もがその言葉を安易に口にする。
しかしその言葉の背景には、18,574人の死者・行方不明者と、その何百倍もの遺族と被災者がいる。

そして、彼らはひとりひとり、望美ちゃんの家族のような悲劇を持っているのだ。
何百万もの悲劇を背負った重みのある言葉、それが「復興」なのだ。

被災地以外にいる人間は、その現実に目を背け、「復興」と口にする。
今も尚、31万5196人が避難生活を強いられているとも知らずに。


望美ちゃんが待ち望んだ小学校の新しい学舎は、来年の秋には完成する。
新しい学び舎に通う望美ちゃんを、天国のお母さんと家族、そして安倍総理が見守るだろう。

1つの悲劇が昇華する。
同じようにすべての悲劇が癒されることを願ってやまない。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ 少しでも心に響くものがありましたらクリックして頂けるとうれしいです  
FC2 Blog Rankingへ  
[安倍総理と被災地の少女]の続きを読む
スポンサーサイト



被災地に見物

2011年04月16日 21:34

独自通行証で渋滞ストップ!=「見物客」に自粛訴え-宮城・亘理 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000064-jij-soci

 宮城県の南部にある亘理町は、町外から興味本位で津波被害を見に来た車などが渋滞をつくり、がれきの撤去作業に支障が出ているとして、今月から独自の通行許可証の発行を始めた。

 同町の被害が甚大な地域では、山積みになったがれきを撤去する重機や、不明者の捜索に当たる車両がひっきりなしに行き交う。

 同町によると、地震発生当初は宮城県警が被害地域の交通を規制し、許可証を持つ緊急車両以外は通行できなくしていたが、規制区域が減ると、写真撮影などを目的に県外から来たとみられる人の姿も見掛けられるようになった。

 路上に停車した車が大型重機の行く手を遮り、5分で行けるごみの仮置き場まで30分かかることもあるという。

 撤去作業の遅れは復旧や不明者捜索の妨げになると考えた同町は、今月から町長名入りの通行許可証を被災者や捜索に入る消防、自衛隊などに交付。被害の大きい2地区に通じる道路では、交通指導員が約10人態勢で許可証を確認している。(2011/04/16-15:46)

以上引用終わり

くそだな。

写真撮影などを目的に県外から来たとみられる人の姿も見掛けられるようになった。

こんな車、重機で押しつぶすなり、排除するなりしていいよ。
まじで

もともと大震災が起こった時に「非常事態宣言」出しておけば、こういう車を排除することも、その他の事でも超法規的措置を取ることができたのに。

なぜそれができなかったのか?
菅にそれだけの胆力がないというのもあるんだろ。

うがった見方をすれば、もし「非常事態宣言」を出してしまうと、戦後唯一の非常事態宣言を出させた事件を思い出させてしまうから、などと考えてしまう。

その事件とは「阪神教育事件」という。

1948年、兵庫県と大阪府で在日朝鮮人と共産党が起した暴動事件である。

発端はダグラス・マッカーサーが在日朝鮮人にも日本の教育基本法に従わせるように日本政府に指令したことだった。
それに従い、各都道府県知事が朝鮮学校の閉鎖を通知したことに反発し、在日朝鮮人と共産党員が多数で大阪府庁や兵庫県庁に押しかけ、騒乱を引き起こした。
庁舎内の調度品を破壊したり、警官隊と乱闘をするなど、徒党を組んで暴れ、GHQが非常事態宣言を出す事態となった。
実に7295人が検挙され、朝鮮学校について在日朝鮮人連盟と文部大臣の間で覚書を交わすことでようやく収まったのである。

もし、非常事態宣言が発令されていれば、否が応でもこの事件について報道されるだろうからそれを嫌ったのではないか?
朝鮮人大好き民主党だから。

もっともマスコミも華麗にスルーする可能性が高いが…
朝鮮人大好きマスコミだから。

世界中で朝鮮人好きなのは、日本の民主党とマスコミだけだろうな。

被災地に見物に行くなんて、朝鮮人のメンタリティそのものなのにな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ 見物人は強制排除!と思う方はクリックを!
[被災地に見物]の続きを読む


最近の記事