卒業式を政治闘争の場にするな!

2012年03月18日 12:24

君が代不起立教諭 「抵抗教員に上から圧力。精神的に参る」 NEWSポストセブン

「君が代不起立問題」で揺れる大阪市では、3月21日に市立小学校の卒業式のピークを迎える。この水曜日が「決戦の日」として位置づけられつつある。

 すでに君が代起立条例に反対する教職員組合のメンバーや市民グループは、デモ行進や集会を開いて気勢をあげる。

教育を政治に牛耳られてはたまらない。抵抗する教員には上からの圧力がかかり、精神的に参ってしまう人もいる。主張すべきことはしっかり主張しなくては」(市立小学校教諭)

 ある市教職員組合の小学校教諭は、『不起立宣言』なる声明を作成し、今後の「闘争」をこう呼びかけている。

〈橋下・維新の会のファッショ的独裁を許すことは民族差別・排外主義と新たな侵略戦争を許すことになると考えています。君が代解雇条例を阻止するために、今こそ学校現場での不起立の闘いが重要です〉

 ただ、こうした言葉を聞くと、橋下VS教職員組合の攻防には、卒業式や入学式の主役たる「児童・生徒不在の闘争」という虚しさを感じざるを得ない。

※週刊ポスト2012年3月23日号

以上引用終わり

いつから卒業式は、政治闘争の場になったんだ?
他でやれ他で。

〈橋下・維新の会のファッショ的独裁を許すことは民族差別・排外主義と新たな侵略戦争を許すことになると考えています。君が代解雇条例を阻止するために、今こそ学校現場での不起立の闘いが重要です〉

『ファッショ』w
また古い言葉をw
世代が分かるな。

民族差別や排外主義、侵略戦争、あまりにも飛躍しすぎw
風が吹けば桶屋が儲かる的なw
そういうの持ちだしてくるって事で、お里が知れるわな。

教育を政治に牛耳られてはたまらない。

といいながら、教育者は政治に介入しようとする不思議。
不偏不党、公正中立が教育者じゃないのかよ。

たまらないのは生徒の方だよ、まったく。

人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングへ クビにしろ!と思われた方はクリックを! 
FC2 Blog Rankingへ 
[卒業式を政治闘争の場にするな!]の続きを読む
スポンサーサイト



最高裁『君が代歌わない奴は処分してOK』

2012年01月18日 13:20

君が代判決―行き過ぎ処分に歯止め 朝日新聞社説

 卒業式や入学式のシーズンを前に、最高裁から注目すべき判決が言い渡された。

 「式では日の丸に向かって立ち、君が代を歌うように」。そんな校長命令に従わなかった東京都の教職員への処分が、妥当かどうかが争われた裁判だ。

 結論はこうだった。

 規律や秩序を保つために、戒告処分はやむをえない。それをこえて減給や停職とするには、慎重な考慮が必要だ。式典を妨害したなどの事情がないのに、命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である――。

 日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの歴史観や世界観に結びつく。

 最高裁は、昨年の判決で「起立や斉唱を命じても、憲法が保障する思想・良心の自由に反しないが、間接的な制約となる面がある」と述べ、学校側に抑制的な対応を求めた。今回の判決はその延長線上にある。

 私たちは、日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しない。だが処分してまで強制するのは行きすぎだと唱えてきた。

 その意味で、戒告が認められたことへの疑問は残るが、最高裁が減給・停職という重大な不利益処分に歯止めをかけたことは、大きな意義がある。

 教育行政にかかわる人、なかでも橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会のメンバーは、判決をじっくり読んでほしい。

 維新の会は大阪府と大阪市で「命令に2度違反で停職」「研修を受けたうえで3度目の違反をしたら免職」という条例の制定を打ち出していた。

 違反に至った背景や個別の事情には目を向けず、機械的に処分を重くしていくもので、今回の判決の趣旨に照らして違法になるのは明らかだ。

 さすがに橋下市長と松井一郎知事は見直す考えを示した。だがそれは、停職処分とする前にも研修の機会を設けるという案で、問題の本質を理解した対応とはとても言えない。

 選挙で圧勝した2人には、民意の支持という自信があるのだろう。もちろん民意は大切だ。

 しかし、精神の自由に関する問題を、多数派の意向や思惑で押しきってはならない。それは歴史の教訓であり、近代民主主義を支える精神である。

 自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる。

 判決の根底に流れるこの考えをしっかりと受け止めたい。

以上引用終わり

何いってんだか。

規律や秩序を保つために、戒告処分はやむをえない。それをこえて減給や停職とするには、慎重な考慮が必要だ。

減給や停職にしてはいけない、とはどこにも書いていない。
戒告はともかく、減給や停職は慎重にしろよ、と言っているに過ぎない。

現に、この判決でも「不起立のジャンヌ・ダルク」改め「不規律のドン・キホーテw」こと、根津公子さんの停職処分は取り消されなかった。

処分は、程度とバランスの問題だというだけだ。

日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり

深い関係とはなんだろう?
国はもともと国旗や国歌と深く関わっており、戦前を、取り立てて言うほどのことはない。

だいたいこの考え方は、戦争を日の丸や君が代に押し付けるもので、布や歌でしかないものに責任をかぶせて、日本人自身は免罪されようとしているような気がしてならない。

君が代を変えれば、日本は平和国家になるのか?
日の丸を変えたら、日本は人道的になるのか?

日本人自身の問題であって、国旗や国歌の問題ではないはずだ。

自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。

処分したって心の中に踏み込んではいない。
これらの教師がやっていることは、クリスチャンがわざわざイスラムのモスクに来て、ムハンマドを崇拝しないと言い、しかしモスクからは出て行かないのと同じ。
何を信じようが勝手だが、公立の学校では、国旗や国歌を尊重するのは当然のマナー。

私生活や、自分の裁量で決定できない所で強制しているわけではないのだから、心の中とは関係ない。

判決の根底に流れるこの考えをしっかりと受け止めたい。

子供たちに様々な強制を強いているのに、なぜ教える教師が基本的なマナーすら拒否しようとするのか。
「私は思想信条から制服は着ない。先生が教室に来ても起立・礼はしない。先生には敬語を遣わないし敬わない」という生徒がいたらどうするのか聞いてみたい。

注意はしてもいいが(戒告)、学業の評価に影響したり、内申点が悪くなったりしたら(減給・停職)、それは自身の主張と矛盾したことになる。

絶対に評価には影響しないって言い切れるのですよね?先生。


人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングへ ひでー言い草!と思われた方はクリックを! 
FC2 Blog Rankingへ 
[最高裁『君が代歌わない奴は処分してOK』]の続きを読む

不起立の信念

2008年11月19日 00:40

以下読売新聞より引用

国歌斉唱時、不起立教職員の情報消去を…18教職員が提訴

 神奈川県教育委員会が、県立学校の入学式や卒業式の国歌斉唱時に起立しなかった教職員の情報収集を続けているのは、思想信条に関する個人情報の取り扱いを禁じた県個人情報保護条例に違反するなどとして、情報収集された教職員ら18人が17日、県に情報の消去と1人当たり100万円の慰謝料を求めて横浜地裁に提訴した。

 訴状によると、県教委は2005年度の卒業式から、国歌斉唱時に起立しなかった教職員の氏名を各校長から報告させた。

 昨年10月以降、県個人情報保護審査会などが情報収集について「条例で取り扱いを禁じた思想信条に当たる」と答申したにもかかわらず、収集を継続したのは条例違反で、一部は不起立を理由に不利な人事評価を受けた、としている。

 県教委はすでに07年4月の入学式までの情報を消去したが、情報収集は継続している。訴えでは、今年3月の卒業式と4月の入学式で収集した情報の消去を求めている。

 県教委は「訴状が届いていないので、コメントできない」としている。

(2008年11月18日00時12分 読売新聞)

以上引用終わり

よくわからんのだが、起立しないのは一種の自己主張だよね?
なのになぜ名前を記録されるのを拒否するのか。

そりゃあ査定に響いたりもするかも知れんが、それ以上の価値を不起立に認めているんだろう?
なら堂々と記録されりゃいいじゃん。
そのくらいの信念はないわけ?
そんなことじゃ軍靴の足音が聞こえてきたときに抵抗できないよ(笑)

こういう人に限って田母神さんの論文を批判して懲戒免職にしろ!とか言ってるんだろうね。
方向性は違うにせよ、自分も同じことをしてるのに。
もっともこれは逆にも言えることだが・・・

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事