「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛

2009年05月14日 12:40

以下産経新聞より引用

「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖
2009.5.14 01:38

 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。

 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。

 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。

 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。

 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。


以上引用終わり

はっはっは、ここまで来るとお笑いだな。

ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。

そのパーティーが誰のおかげで心おきなく楽しめるのか、よく考えてみるべきだ。
また、そのパーティーを安全・平和に置き換えてみ。
日本の平和や安全は何で保たれているんだ?
9条か?もしそういうなら海賊にも9条を説明すれば大丈夫だろうよ(笑)

海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する

いみじくも自ら言ってるじゃないか。
「参加者の安全が第一」
理念より現実が優先されるのだよ。

自衛隊に護衛される自分達の滑稽な姿をよく目に焼き付けとけ!
そして、自衛隊の存在を否定する団体を護衛しなければならない自衛官の気持ちもよく考えてみろ!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



スポンサーサイト



外国船救助は脱法

2009年04月04日 14:52

以下共同通信より引用

ソマリア沖で外国船舶救助 護衛艦、“脱法行為”の疑いも

 防衛省によると、ソマリア沖で海賊対策活動中の海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」が4日午前2時40分(現地時間3日午後8時40分)ごろ、海上警備行動の警護対象外のシンガポール船籍のタンカーから「海賊らしい小型船舶に追われている」との国際無線連絡を受けて現場海域に急行、約20分後に追い払った。

 海上警備行動での警護対象は日本船籍、日本人、日本の貨物を運ぶ外国船など日本関連の船舶に限られており、脱法的な活動だった疑いがある。防衛省は「船員法の遭難船舶等の救助を適用した。武器などの強制力を使っておらず問題はない」としている。

 防衛省によると、さざなみはタンカーから約7キロ離れた位置で無線を受け、約10分後に約5・5キロまで接近。約10分間にわたりサーチライトを照射したり「長距離音響発生装置」と呼ばれる大音量を出す機器で現地語を使い「こちらは海上自衛隊」などと呼び掛け、追い払ったという。

 タンカーに近づいた船は、はしけ船の後ろに3隻の小型船をつなげて航行していたが、武器は使っておらず、防衛省は「海賊船かどうか不明」としている。

 海上警備行動では日本関係船舶以外の警護はできず、政府は対象を日本と関係のない外国船舶に広げる新法「海賊対処法案」の早期成立を目指している。

 船員法14条は「船長は、他の船舶または航空機の遭難を知ったときは、人命の救助に必要な手段を尽くさなければならない」と定めている。

2009/04/04 11:30 【共同通信】



脱法行為って・・・
違法の指摘を免れるために、表面上問題がないよう見せかけることを脱法行為というんだぞ。

約10分間にわたりサーチライトを照射したり「長距離音響発生装置」と呼ばれる大音量を出す機器で現地語を使い「こちらは海上自衛隊」などと呼び掛け、追い払ったという。

これ脱法かよ。
平和的にやってるだけじゃん。

だいたいな、船員法なんか持ち出さなくとも、外国人だからって窮地にある人を見殺しにする法律や命令は、人道に対する挑戦じゃないのか?

早急に「海賊対処法案」成立させるべきだ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



ソマリア護衛希望殺到!

2009年03月16日 20:56

以下読売新聞より引用

ソマリア護衛希望2600隻…登録が殺到、調整困難か

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上警備行動の発令を受けて現地で活動を開始する海上自衛隊の護衛艦による警護を希望する船舶は、約2600隻に上ることがわかった。

 隊列を組んだ船舶の前後を、海上自衛隊の護衛艦2隻が警備にあたる「船団護衛」では、1回あたり何隻まで隊列に加えることができるか現時点ではまだ不明で、武器使用の問題だけでなく、どれだけの数の船舶を守りきれるのか不安を抱えたままの出発となる。

 護衛艦をソマリア沖に派遣することが決まった今年1月以降、国土交通省海事局に新設された「海賊対策連絡調整室」が、国内の船舶運航事業者や船舶管理会社との調整にあたり、護衛を希望する船舶の登録を求めた結果、2595隻もの登録があった。

 今回の護衛艦による警護の対象となるのは、〈1〉日本籍船〈2〉日本の事業者が運航する船〈3〉日本人が乗船している外国船――の「日本関係船」で、登録のあった隻数のうち、日本関係船は2200隻に上る。

 調整室では、護衛艦が、海賊の警戒にあたるソマリア沖のアデン湾を航行する日程と、警護対象の船舶との待ち合わせ地点の連絡を防衛省から受けたうえで、改めて警護を申請してもらうとしている。

 今回、警護を希望した船舶は、アデン湾を航行する日本関係船の年間隻数にほぼ匹敵する。単純計算では1日あたり5隻以上が航行することになり、約900キロにも及ぶ海域を警護しながら航行するには、1回あたり2日間かかる見込み。

 警護する隻数は検討中だが、1回に10隻を護衛した場合、往復5日間で計20隻を警護し、4か月間とされる活動期間中に護衛できる商船は約480隻にとどまる。

 調整室の担当者は「ここまで登録が殺到するとは思わなかった。船舶会社にとって深刻な問題だと改めて思い知らされた」と語り、海自幹部は「大きさも速度も異なる商船団を護衛するのは大変なオペレーション。細部の調整が必要だ」と話している。

(2009年3月14日14時36分 読売新聞)


以上引用終わり

護衛艦による警護を希望する船舶は、約2600隻に上ることがわかった。
1回に10隻を護衛した場合、往復5日間で計20隻を警護し、4か月間とされる活動期間中に護衛できる商船は約480隻にとどまる。

増派しようぜ、増派。

こんなにも求められ必要とされていたのに、なんであーでもないこーでもないって時間無駄にする必要があるのかね。

もう軍隊ってことで色眼鏡で見るのやめようぜ。

素直に考えればいいじゃん。
求められている任務にどこの部隊が行くのがベストか、それで決めればいいじゃん。

無理に海保にしようとしたり、理屈こねて反対するのはエネルギーの無駄。

何で今更日本が軍国主義的になるんだよ、どんだけ想像が飛躍するんだよ。
そんな心配する暇あったら、完全に軍国主義的な北朝鮮や軍事費増大させている中国を心配する方が、よっぽど現実的じゃない。
これらの国より日本の方が危険だとでも?
もしそう思うなら、よっぽど自分に、日本人に自信がないんだね。
さみしいことだ。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



護衛艦派遣反対論

2009年03月15日 13:43

ソマリア沖の海賊対策として、海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」と「さみだれ」が14日午後、広島県の呉基地を出港した。
遥か一万2千キロ、日本の軍艦がソマリア近海まで行くのは、第一次大戦の第2特務艦隊以来だろう。
 関連記事  知られざる帝国海軍の地中海遠征
さまざまな困難があると思うが、通商の安全のため、頑張ってほしい。

さて、この件ではサヨク系マスコミなどから、彼らならではの特徴的な反対論がいくつか見受けられた。
他の問題でも同じような論を使っているので、ここで検証してみたい。

例①
琉球新報社説より
国会論議も経ないまま、見切り発車的な自衛隊の海外派遣は、容認できない。拙速というべきだ。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-141707-storytopic-11.html

良く使われる手です。
議論を経ていない、というとき、たいてい彼らはどんな議論がなされてても、もともと同意する気がないので、時間の無駄なだけである。
そんな議論に巻き込まれたら、永遠に護衛艦は派遣できなくなってしまう。
その間も日本の船舶含め、海上の安全は脅かされ続けるのです。
議論が人を救いますか?

例②
北海道新聞社説より
最大の焦点は武器使用基準の緩和である。
 従来、海外における自衛隊の武器使用は正当防衛か緊急避難の場合に限られてきた。憲法が禁じる海外での武力行使につながらないよう厳しい枠がはめられていたのだ。

中略

自衛隊が戦後初めて海外で人を殺傷する事態が現実のものとなる。「警察活動」だからといって、平和憲法の理念にかなうと言えるだろうか。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/152974.html

やたらと加害、つまり自衛官が発砲して相手(海賊)が傷つくこと、を主張するが、被害、つまり自衛官が傷つくこと、は考えない。
平和憲法を持ち出すなら、海賊と自衛官、どちらが平和を守ろうとしているのか、少し考えればわかると思うが。
国の方針で、任務に赴く自衛官の安全を考えれば、武器使用基準は緩和されて当然。

例③
琉球新報社説より
武力行使だけがその解決法ではない。内戦状態の続くソマリアへの外交、経済支援も視野に入れるべきだ。国会での徹底した審議を強く求めたい。

武力ではなく日本なりの貢献、聞こえはいいのですが、具体的にどうするのですかね?
1992年4月 国連ソマリア活動、米を中心とする統一タスクフォースが活動開始
1995年3月 国連ソマリア活動が、武装勢力間の抗争、武装勢力の激しい抵抗により完全撤退

外務省HPより http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/somali/data.html

米軍も含む国連他国籍軍ですら逃げ出した内戦状態の国に外交や経済の支援でどうできると?
ほんと世界中がその方法教えてほしいと思ってるよ、知ってるならね(笑)

総じて言えることは、現実を見ていないということ。
軍事についてすべてを否定的にしかとらえられないことと、戦前の視野の狭い国粋主義とは、カードの表裏でしかない。
現在左寄りといわれる朝日新聞や毎日新聞が、戦前戦中、一番戦争を煽っていたように。
教条的な固定観念が国を滅ぼすのだ。
戦前を教訓にするというのなら、現実に則した対応をするのが正しい在り方ではないだろうか?

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



現場は命がけなのに・・・

2009年01月29日 00:21

以下時事通信より引用

海賊への武器使用緩和に慎重=公明幹事長、「艦船がいるだけでも十分抑止効果」

 公明党の北側一雄幹事長は28日午後の記者会見で、ソマリア沖海賊対策の新法で焦点となる武器使用基準の緩和について「艦船がそばにいるだけでも十分抑止効果がある。仮に海賊船との衝突場面を想定しても、今でも警告射撃などはできる」と述べ、慎重な考えを示した。今回の護衛艦の派遣は自衛隊法に基づいているため、武器使用は正当防衛と緊急避難に限られる。

以下略


以上引用終わり

そもそも何で武器使用に慎重なのか。
根っこのところをよく考えてみろよ!

不法行為を行う海賊に対し、船舶の護衛に行くんだぜ。
なにをためらうことがある?
海賊船が近づいてくれば容赦なく撃沈すればいいのだ。

正当防衛などと聞こえのいい言葉だが、ようは先に撃たれなきゃ撃てないってことだろ。
ロケットランチャーで船に穴あけられて、死傷者出てから反撃か?
犯罪者と護衛している人のどっちの命が大事なんだよ。

命がけでいく隊員に対し、平和ボケした後方で現実からかけ離れた議論ですか。
お気楽なもんですな。

一瞬の判断が生死を分けるかもしれないのだから、本来現場の人間にはなるべく大きな裁量権を与えておくべきだ。
命令を待っていたり、細かな決まりを作ると、それで命を落としかねない。

こんなこと言うと「先の大戦では・・・」とか言い出すんだろうけど、話が飛躍しすぎなんだよ。

現場は体張ってるんだ!議論も命がけでしろ!それこそが先の大戦の教訓だろ!

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事