ウイグル人とイスラム過激派

2012年05月19日 13:26

ウイグルのラビア議長が尖閣寄付 産經新聞

 中国から亡命したウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は18日、都内で開かれた「世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム」(大会会長・平沼赳夫たちあがれ日本代表)に出席し、沖縄・尖閣諸島を買い取るための東京都への寄付金として、平沼氏に現金10万円を手渡した。

 ラビア・カーディル氏は平沼氏に寄付金を渡した後、「中国政府はどこの領土であっても、『歴史的にわが国の領土』と主張する」と述べた。

 また、シンポジウムの中で「奪われた領土をお金で買い取ることができるのであれば、(中国新疆ウイグル自治区についても)日本や世界が買い取ってほしい」と述べた。

以上引用終わり

そんなに余裕ないだろうに、ありがとうございます。

また、中共がキャンキャン騒ぐかもしれんが、もともと中共が大げさすぎるのだ。

ウイグル人はイスラム教徒なので、印象として暴力的なテロなどの手段をとってでも独立を、というイメージを持たれるかもしれないが、実際はそうではない。

むしろ、そういうイメージを悪用してきたのは中共なのだ。

ウイグル人は穏健で、信仰もゆるやかだ。
警官を襲撃したりの行動はあっても、それは弾圧からやむにやまれず行ったことであって、俗にイスラム過激派と呼ばれる人たちが行うようなテロは行なっていない。

しかし、9.11以降、アメリカがテロとの戦いを掲げると、中共はいつもの反米を棚に上げ、それに真っ先に賛同した。
それはなぜか?
ウイグル=イスラム=過激派、というイメージを利用して、ウイグル人の弾圧に、アメリカのテロとの戦いを利用しようとしたのだ。

実際に2001年以降、中共によるウイグル人の締め付けは、漢語の強制など厳しくなり、その反動もあって、2009年のウイグル騒乱に繋がっていくのである。
 → 
ウイグル人虐殺許すまじ 2009年07月11日 17:17

ビンラディンのおかげで被害を被ったのはウイグル人であり、利用したのは中共である。
事実ビンラディンは、ウイグル人に共感を示したこともなければ、中国と敵対したこともない。

その後もウイグル人の独立運動は基本平和的に行われている。
ラビア・カーディル氏はノーベル平和賞候補に上がったほどだ。

過剰反応している、あるいはわざと過剰に反応しているのは中共なのだ。

ウイグル人はもちろん独立したいと希望はしているが、チベットも同じで、完全な自治権がまず欲しいのである。
話し合いで解決できる余地はいくらでもある。

歩み寄るべきは中共である。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ 東トルキスタンに平和と自由を!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[ウイグル人とイスラム過激派]の続きを読む
スポンサーサイト



へどが出る小細工

2009年08月03日 22:31

以下共同通信より引用

親族が亡命中のカーディル氏非難 ウイグル暴動関与で

 【北京共同】中国国営通信、新華社は3日、中国当局が新疆ウイグル自治区の独立勢力と批判するラビア・カーディル氏(米国亡命中)の親族がカーディル氏の暴動関与などを非難したとする手紙の内容を報じた。

 中国当局に、カーディル氏の親族もカーディル氏を支持していないことを内外にアピールする狙いがあるのは明らかだが、親族が自由意思を表明できる環境で任意に書かれたものかは疑問視されそうだ。

 公表された手紙はカーディル氏の弟メメット氏や息子のカハール氏ら3人の署名で、先月5日のウルムチ暴動の被害者あてと、カーディル氏本人あての2通。

 被害者あての手紙では「今回の事件はわれわれの母親が率いる(亡命ウイグル人組織の)世界ウイグル会議が組織した」と明言している。

2009/08/03 13:39 【共同通信】


以上引用終わり

国内向けなのかもしれんけど…

こんなの信じるやつおらんやろ。

こんなつまんない工作してウイグル族と漢族を和解させようってか?
ばかばかしい。
中共がやっている非道と、この小細工の落差を考えるとへどが出る。

被害者あての手紙では「今回の事件はわれわれの母親が率いる(亡命ウイグル人組織の)世界ウイグル会議が組織した」と明言している。

被害者宛てって被害者ウイグル人じゃん。
亡命ウイグル人がなんでウイグル人を傷つけないといけないんだ?

どんなに取り繕ったって、中共のやっていることは虐殺であり民族浄化だ!
決して歴史の審判からは逃れられない。
東トルキスタンに平和と自由を!

東トルキスタン

関連記事 ウイグル人虐殺許すまじ

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



ウイグル人虐殺許すまじ

2009年07月11日 17:17

以下産経新聞より引用

【ウイグル暴動】ウイグル族の死者は3000~1000人 カーディル議長
2009.7.11 01:24
 【ワシントン=古森義久】中国の新疆ウイグル自治区での暴動について、「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は10日、米連邦議会の構内で記者会見し、「中国当局はウイグル人の死者数を150余人と発表しているが、われわれが現地から得た情報では1000から3000人に達する」と言明した。

 カーディル議長は「中国当局の武力弾圧や漢族中国人の攻撃により殺されたウイグル人は各地からの未確認情報を総合すると、5日から現在までで、最大3000人にも及ぶと私たちはみている」と述べた。


以上引用終わり

東トルキスタンで発生した中共と漢族による大量虐殺で多くのウイグル人の命が失われた…
無念にも命を落とされたウイグル人方々に心から哀悼の意を表する。

この事件発生の経緯がまるでウイグル人のデモから始まっているように伝わっている面もあるように思う。
端的にまとめてみると

広東省の玩具工場で働くウイグル人が漢族の女性を襲ったというデマが流れる。

その工場の元従業員の漢族が「工場で6人のウイグル族が少女2人を強姦(ごうかん)した」などとネット上にうその書き込み

このうそに扇動された漢族が多数でウイグル人の寮を襲撃乱闘となる

双方合わせて100人以上の負傷者をだし、2名のウイグル人が死亡

襲撃者の漢族への処分がうやむや

怒ったウイグル人がデモ

ソース ウイグル族従業員を集団移転 騒乱発端の広東省玩具工場 朝日新聞
     広東省公安、ウイグル暴動引き起こした殴打事件で犯人に厳罰の方針―中国 レコードチャイナ
     ウイグル暴動引き金の工場乱闘事件で13人を拘束 地元公安当局 産経新聞

発端は漢族及び中共にあるし、ウイグル人のデモも平和的なものだった。

ここまでの情報はまだ日本の新聞各紙も報じてくれてはいる。
ではなぜウイグル人が遠く離れた広東省に働きに出なければならなかったのか?
遠い広東省

表向きは余分な労働力の移送ということで、最初は若い女性のみを強制的に東トルキスタンから移住させ、働かせていた。
その労働証明がないと結婚することすら許されなかったという。
最近ではカモフラージュのため若い男性も移送するようにはなった。
これがウイグル人が遠く離れた広東省で働いていた理由である。

その一方で多くの漢族を東トルキスタンの地に送りこんだ。

これは全て東トルキスタンの地を漢族のものとする策略だ。

若い女性をウイグル人のいない土地に送る事によって漢族との婚姻を進めるというおぞましい同化政策。

関連記事 ウイグル人女性の中国本土への強制連行
ソース 強制連行されたウイグル人と地元の漢人らが広東省の工場で衝突 世界ウイグル会議

このほかウイグル人の同士の胎児を、人口政策という名目で強制堕胎。
度重なる核実験。
独立派、政治運動者等への苛烈な抑圧、処刑。

関連記事 東トルキスタンに平和と自由を
参照 中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計 産経新聞

これらの怒りが、玩具工場の件で爆発したのだ!
誰がウイグル人を責めることができよう。


そのデモに対して中共や漢族は力による抑え込みを行った。

インターネット上にはその様子を収めた様々な動画もUPされているが、その中でも信頼性の極めて高いものを2つ。

フランスの公共放送F2


肝心なところで切れてしまっているが(恐らくは中共の規制)、1分53秒のところから銃声のような音が聞こえます。

イギリスBBC


ウイグル人は平和的にデモをしている。
無抵抗の人に暴力を加えているのは中国警察だ。
BBCのカメラは警察に見つかりそうになって慌てて逃げているのがよくわかる。

実際現場ではもっと血なまぐさく、凄惨な暴力が行われた。
以下のように。

暴徒化した群衆のスローガンを叫ぶ声が聞こえ、イスラム教徒のウイグル人男性3人が必死で走り出した。

 数十人の漢民族が「捕らえろ!殴れ!殴れ!殴れ!」と叫び声を上げ、3人のウイグル人を追いかけ始めた。

 2人は無事逃げ延びることができた。

 しかし、1人は不運にも捕まった。30秒間もの恐怖の時間、ウイグル人の男性は地面に横たわり、6人の男に繰り返し蹴りつけられた。数十人の漢民族らがその様子を眺め、蹴りつけている男たちをはやし立てる叫び声を上げた。パーマをかけた30代の女性が横たわる男性を蹴りつけ、まもなく警官が暴行を制止に入った。

 警官は、群衆を遠ざけただけで、襲撃者らを拘束する様子はなかった。ウイグル人の男性は顔が血まみれになり、苦悶の表情で横たわっていた。

 ウイグル人を襲撃した6人の男たちは、襲撃の直前に、5日に起きた暴動で死亡したとされる漢民族の遺体写真を掲載した政府系新聞を眺めていた。

 そして、写真を見つめながら、男の1人が「ウイグル人を殺せ」と言った。

ソース 取り囲まれ襲撃されるウイグル人、ウルムチ AFP
リンク先に暴行の画像あり

人の土地に勝手に上がり込んで先住者を抑圧粛清し、横暴の限りを尽くす中共の対して、我々は声を上げなければいけない。
トルコ・エルドアン首相のように。
「(ウイグル族に対する)大量虐殺のようだ」と厳しく批判、中国政府に適切な対応を要請した。
ソース 【ウイグル暴動】トルコ首相「大量虐殺のようだ」 産経新聞

トルコは国内に多くのウイグル人が居住しているため、強硬な対応となっている面はある。
にしてもだ、一つの民族を消し去ろうというもくろみを座してみていることは、それもまた犯罪的ではないか?
日本政府と国際社会の一刻も早い対応を望む。

東トルキスタンをウイグル人の手に!

東トルキスタン

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



「中国共産党のお陰で」

2009年02月22日 18:15

以下朝日新聞より引用

中国で釈放されたウイグル男性、妻に「北京で就職する」
2009年2月22日0時54分

 東大大学院留学中の98年に、一時帰国した中国で国家分裂扇動などの容疑で逮捕され、今月釈放された新疆ウイグル自治区出身のウイグル人男性トフティー・トゥニヤズさん(49)が、日本に残る妻ラビヤさん(45)に、中国当局のあっせんで「北京で就職する」と、電話で伝えていたことがわかった。

 ラビヤさんは21日取材に応じ、「近くに当局者がいるため、夫は本当のことが言えないでいる。日本で静かに研究生活を続けたいというのが夫の本心だ」と訴えた。

 ラビヤさんによると、11年の刑期を終えて10日に釈放されたトフティーさんは、当局の車で移送されて同自治区内の実家や妻の実家に滞在した。13日にラビヤさんからの電話がつながった際に「4~5日後に北京に行く。北京で仕事が用意されているが、内容は聞いていない」と説明し、「できれば子どもを連れて中国に戻って欲しい」と求めたという。

 ラビヤさんは、昨年6月に申請した日本国籍の取得が4日付で認められた。邦人の配偶者となったトフティーさんを日本に渡航させるよう、今後日本政府に支援を求めていく考えだ。

 東大大学院でウイグルの歴史文化や中国の民族政策を研究していたトフティーさんは98年、研究資料収集のため中国を訪れた際に逮捕された。ラビヤさんや東大の恩師らは「トフティーさんが政治運動に参加したことはあり得ない」として救援活動を続けてきた。


以上引用終わり

11年も収監されて、やっと出所できたと思ったら、公安監視付きですか。
別ソースでこういう発言もあったそうだから厳しく監視されているのは間違いないだろう。

「子供たちは元気か。共産党のお陰で無事、実家に着いた」
ソース ウイグル族東大院生、出所後初めて妻と電話…公安が監視? 読売新聞

どこかの国が“金正日将軍のおかげで”というのと同じだな。
なりがでかいだけで本質は変わらないということだ。

北京で仕事が用意されているが、内容は聞いていない

仕事って用意されるものなのか?
ろくでもない仕事でなければいいが・・・

「できれば子どもを連れて中国に戻って欲しい」と求めたという。

心にもないこんなこと言わせて、まだラビヤさんを苦しめるか!
自分が中国に行けば会えると思ってしまうじゃないか。
人の人生をもてあそぶのもたいがいにしろよ!

本心を言えば何らかの不利益が降りかかるよう、当局に圧力をかけられているのだろう。
こういうときこそ政治の出番。
彼を東大大学院に戻せないようじゃ、拉致被害者はとても取り戻せない。

関連記事 東トルキスタンに平和と自由を
       安倍元首相の信義
       
東トルキスタン

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー



ウイグル人女性の中国本土への強制連行

2008年05月26日 23:10

以下世界ウイグル会議ニュースより引用

ウイグル人女性の中国本土への強制連行
RFA 2008年5月22、23日

(一部抜粋)

 RFAが入手したカシュガル地区ペイズワット県におけるウイグル人女性の中国本土への強制連行に関する情報によると、強制連行が親たちに様々な迷惑をもたらしているという。ペイズワット県内のある村の職員によると、強制連行(募集)の騒ぎが始まったら村を一時離れて、それが少し収まってから村に戻ってくるようにする女性たちもいるという。

 ペイズワット県では、地元政府が強制連行の継続を保証するために、(強制連行に同意し)中国本土での労働にかかわった経歴のない女性たちには結婚証明書を発行しないことを決めている。

 取材に応じた村の職員によると、農民たちは自分の娘が中国本土に強制連行されることに納得がいかなかった場合でも反発はできないという。

 この村の書記によると、中国本土への強制連行を避けるために慌てて結婚に踏み切った女性たちの中では、その後の生活がうまくいかず、離婚に追い込まれるケースもあるという。

 地元政府は『未婚女性のみを対象にし、男性を極力対象にしない』などの規定を定めているという。また、ほかの一部の村では、移送先(中国本土)の工場に対するウイグル人女性の継続的な提供を保証するために、一度強制連行されて帰ってきた女性たちを『工場から任務完了を証明する証明書をもらって来ていない』ことを口実に再び強制連行しているという。

 ウイグル人女性らの中国本土への移送は『余分な労働力の移転や域外就労』『貧困農民支援』などの名目で行われているが、取材に応じた村の職員によると、中国本土での工場に送られた女性たちの中では、自分の生活費さえ確保できず苦しむ者らも現われており、また貧困な親たちが送金してあげなくてはならない皮肉なことになっているという。

ソース:
http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/peyziwat-qizlar-yotkesh-05232008072530.html
http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/peyziwat-qizlar-yotkesh-05242008150559.html


以上引用終わり

『未婚女性のみを対象にし、男性を極力対象にしない』

なぜウイグル人の未婚女性を最優先して中国本土に強制連行するのか?

中国本土での労働にかかわった経歴のない女性たちには結婚証明書を発行しないことを決めている。

なぜ強制連行されていない女性には結婚証明書(許可証)を発行しないのか?

そこからおぞましい中国共産党の目的が見える。

ウイグル人の女性しかウイグルの血は残せない。
そのウイグル人女性を中国本土に強制連行し、そこでの漢人との通婚を進めることで、ウイグル人という人種をこの世から消そうというの言うのだ。

他にもウイグル人の文化を抹殺する焚書、教育、就職の機会を漢語を学ばないウイグル人から奪うといった同化政策が進められている。

これを見過ごしてよいものか!

東トルキスタンに平和と自由を!の声を広めよう!

多くの声が集まれば必ず事態は動くと信じて、まず告知をお願いします!
東トルキスタン


関連記事
東トルキスタンに平和と自由を
[ウイグル人女性の中国本土への強制連行]の続きを読む


最近の記事