安部首相の限界が見えたと宣う政治評論家

2013年01月11日 21:20

安倍晋三首相は、各家庭の「お茶の間の窓口」首相番記者のブラ下がり取材を拒否、早くも限界が見えた  板垣英憲

安倍晋三首相には、心底からガッカリした。それは、首相番記者による、いわゆる「ブラ下がり取材」拒否を決めたというからである。これでは、菅直人元首相と野田佳彦前首相と全く変わらないではないか。何が最大の問題かと言えば、せっかく全国の各家庭との窓口である首相番記者の機能と役割、使命を自ら全面否定することになる。

 さらに、首相番記者の矢継ぎ早やの質問に対して、当意即妙に答える能力がないと認定されかねない。悪く言えば、「馬鹿」であることを天下にさらす結果になる。

◆一体だれが、「ブラ下がり取材に応じない方がよい」と進言、助言したのかはわからないけれど、安倍晋三政権誕生早々から、首相番記者の「ブラ下がり取材」を拒否するには、何か、相当、都合が悪いことを質問される可能性が高いと憂慮でもしているのであろうか。これに答えられないと、政権維持が難しくなると恐れているのではないか。そんな疑惑を持たれると、研ごう悪いらしい。

 総選挙の投開票結果の結果についての疑惑が最大のものだが、このことを恐れているのではないかと思われている。

◆菅直人元首相は、本当に「馬鹿」な首相だった。偉かったとすればそれを自覚していたことであった。こんな馬鹿が日本にいるのかと、中国の胡錦濤国家主席をガッカリさせたに違いない。首相番記者による「ブラ下がり取材」を一切拒否し続けて、国民との距離をどんどん大きくして行った。

 野田佳彦前首相は、菅直人元首相の側近たちから「ブラ下がり取材に応じて、ボロを出すくらいなら、最初からブラ下がり取材を拒否することだ」と強くアドバイスされて、これを真に受けて、かたくなに拒否し続けた。その結果、全国の各家庭との距離を大きく広げてしまい、せっかくの野田佳彦首相の持ち味を自ら損なってしまった。

 何のために、千葉4区という選挙区内のJR船橋駅や津田沼駅頭で「朝立ち」を続けて、有権者の信頼を得て当選してきたか分からなくなった。今回、総選挙ではかろうじて当選できたものの、全国各地の国民有権者の「信」を失い、その結果、数多くの現職議員を落選させることになったのである。

 これは、全国各家庭のお茶の間に向けての「窓口」を自分でシャットアウトしたことによる結果であった。

◆この点、偉いのは、小泉純一郎元首相であった。一日、午前と午後の2回、首相番記者による「ブラ下がり取材」に応じて、時には、記者たちを煙に巻いてしまうほどの名答弁も使いながら、多くの国民有権者を楽しませてくれていた。答えられないことは答えなくても良いのである。そんなことは国民有権者は、百も承知である。

 次男の小泉進次郞青年局長は、父親顔負けの応答を記者たちに対して行なっている。質問を受けることを決して嫌がらない、そして、記者たちからの質問に応じることをこう言ってのけた。

 「当意即妙の答弁ができるようになるための訓練をしているのです」

 将来、大臣から首相に登って行くための訓練を自ら課しているということだ。くだらないことで失言して失脚することのないように31才のいまから訓練しているとは、大変見上げた心がけである。

 これに比べれば、安倍晋三首相は、実に劣る政治家である。首相番記者の質問に堂々と答えられない、失言を恐れるようでは、安倍晋三政権の前途は決して明るくはない。早くも限界が見えている。長期政権とはいかないであろう。

以上引用終わり

もともと現在のぶら下がり取材というものは、小泉元首相が始めたものであって、決して歴史のあるものでもなんでもない。
以前、官邸が移転する前は、歩く総理にまとわりついて、発言を取ろうとしていたのだが、この形なら首相も無視を決め込むことができた。
しかし、現行の総理が立ってまわりを取り囲むような形となると、なかなか質問に対して無視ということはできない。
結果、問題発言を引き出そうとする記者と総理との不毛な、醜い争いとなることもしばしばだった。

確かに小泉元首相は、これをうまく使って支持率を上げていたが、本来総理という、日本政治のトップが、軽々しく毎日取材に応じるというのは、決して良いことではない。

日本国の実質的最高責任者の発言というものは、国内外を問わず、非常に反響が大きいのだ。
だから、総理の会見というのは、十分に精査された発言ができるよう、限定されるべきだ。

世界のどこにこんなに会見しているトップがいるだろうか?

安倍晋三首相には、心底からガッカリした。それは、首相番記者による、いわゆる「ブラ下がり取材」拒否を決めたというからである。これでは、菅直人元首相と野田佳彦前首相と全く変わらないではないか。何が最大の問題かと言えば、せっかく全国の各家庭との窓口である首相番記者の機能と役割、使命を自ら全面否定することになる。

菅、野田両元首相がぶら下がりを拒否したのは、理由はともかく適切な判断だったと思うし、安倍首相も拒否するべきである。
家庭との窓口は、官房長官が務めるべきものだ。

だいたい家庭はそこまで総理の言葉を求めてはいない。
求めているのは、仕事があがったりになりたくない、首相番記者の方だろう。

くだらない発言切り取り報道ではなく、政治の本道を行く記事を発信したらどうかね?
政治記者や政治評論家を名乗るのならな。


人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ くだらない!と思った方はクリックを!  
FC2 Blog Rankingへ  
[安部首相の限界が見えたと宣う政治評論家]の続きを読む
スポンサーサイト



”ぶら下がり”廃止か

2009年09月14日 12:44

以下中国新聞より引用

民主党首相質疑に後ろ向き 問われる説明責任

 民主党が「鳩山由紀夫首相」の取材対応について、官邸で原則1日2回行われてきた記者団とのぶら下がり質疑を大幅に減らす方向で検討している。党幹部は「職務への専念」を理由に挙げるが、“失言予防”の思惑も見え隠れし、トップリーダーの説明責任の在り方が議論を呼ぶのは必至といえる。各府省事務次官会見の廃止方針をめぐっても、「国民の知る権利」を確保する観点から問題視する声が出ており、新政権はメディア対応への姿勢も問われることになりそうだ。

 ▽二の舞い

 小泉内閣発足以前の首相取材は、記者団が官邸や国会内で一緒に歩きながら質問する形式だった。小泉純一郎氏はこれを嫌い、あらかじめ時間を決めて記者団が囲む「ぶら下がり」が定着。安倍晋三、福田康夫、麻生太郎の3氏も踏襲した。

 小泉氏はマイクを向けられると当意即妙のコメントを連発して政権浮揚につなげたが、麻生氏にとっては一連の迷走発言の“舞台”となった感が強い。

 鳩山氏も消費税率引き上げの見解に関して軌道修正を重ねるなど「発言のぶれ」が目立つタイプで、民主党内では首相質疑をめぐり「麻生氏の“二の舞い”は避けたい」(ベテラン議員)とのムードが広がる。

 党幹部は「官房長官会見があるのだから、鳩山氏は毎日やる必要はない」と指摘。ベテラン議員は一国の総理が、毎日長々と質問に応じる意味があるのか。発言一つ一つをとらえて、おもしろおかしく報じられるだけだ」と語る。党関係者は「週1回でいいのではないか」との認識だ。

 ただ「執務室にこもっていては、親しみやすさをアピールできない」(若手)との異論も聞かれ、取材対応は鳩山氏の「情報発信力」の試金石になる。

以下略


以上引用終わり

会社でも国でもトップの発言は簡単に修正とはいかない重い発言となる。
だから、たとえば会社なら「社長を出せ!」というクレームにも担当者が対応するものだ。
アメリカ大統領の会見などは周到に準備されどんな質問にも対応できるようにして行われるし、そもそも1日に何度も会見を行ったりはしない。
いずれも最終決定をその場で迫られるからだ。
危機管理上非常に好ましくない。

民主党さんと意見が合うのは珍しいが、この話は賛成ではある。
”ぶら下がり”なんてものは必要ない。
廃止で構わないと思う。

しかし、私は ↓ を忘れてはいないよ。

「気分は首相」鳩山氏が毎日ぶら下がり取材応じます 産経新聞より
2009.5.20 21:21

 民主党の鳩山由紀夫代表が20日から、原則として1日1回、立ったまま報道各社記者団の取材に答える「ぶら下がり取材」に応じることになった。同じスタイルを取っている麻生太郎首相に対抗し、政権交代を目指す「次の首相」の姿をアピールする狙いだ。

 20日夕の「ぶら下がり」は、国会近くの個人事務所で実施した。「国民は『開かれた民主党』を求めている。時間の許す限り、党代表としての思いを率直に伝えたい」と述べた。

 アイデアは岡田克也幹事長が出した。できるだけ麻生首相が「ぶら下がり」をした後に行い、同じテーマで首相との違いを出そうともくろむなど念が入っている。夜のテレビのニュース番組などで首相と「同格」に扱われることを期待しているようだ。


以上引用終わり

都合のいい時だけ真似してまでやって、都合が悪くなると応じませんは通りません。
まずこの変節を“ぶら下がり”で釈明してからなくすならなくしましょう。

人気ブログランキング参加中!人気ブログランキングバナー小

FC2ブログランキング参加中!FC2ブログランキングバナー





最近の記事